「好き」と言うのは恥ずかしい!! “態度”で示す愛情表現4パターン

恋人同士の愛情表現といえば、「好き」の言葉を伝えたり、ハグやキスをしたり……というのが一番わかりやすいですよね。

しかし、愛情表現とは、なにもそういった直接的な表現だけではありません。
なかには言葉を伝えることなく、“態度”で示すタイプの人もいるのです。

そこで今回は、「態度で示す愛情表現」についての相談と寄せられた回答を紹介します。

さっそく見ていきましょう!

【相談】態度で示す「愛情」って具体的にどんなこと?

態度で示す愛情とは例えばなんですか?

(あーちゃんさん)

特に男性の場合は、言葉で愛情を表現せずに、態度で表す人が多いといいますよね。

では、態度で表す愛情とは具体的にどういうものなのでしょうか?

実際に寄せられた回答を見ていきましょう!

【回答1】誕生日や記念日にプレゼントを贈ること

誕生日などの記念日のプレゼントを忘れずに贈る。

ずっと隣にいる。

(らむらむさん)

何かモノをあげるというのは、一番わかりやすいことかもしれません。

誕生日や記念日の特別な日にプレゼントを贈るのは、愛情表現の一つです。

なにかサプライズをして相手を驚かせるのも、特別な込められていそうですね。

【回答2】相手の話を真剣に聞くこと

私の場合、話を最後まで聞いてくれることですかね。

上手く言葉にできずに黙ってしまう時も急かさず待っていてくれたり、話し終えるまでちゃちゃを入れないとかです。

(かおりさん)

恋人の話をじっくり最後まで聞くのも、態度で示す愛情の一つ。

そうすることで、相手は安心感を覚えてくれます。

恋人が何か言いたそうなときは、しっかり向き合って話を聞いてあげましょう。

【回答3】態度で示すのは「愛してる」の言葉が恥ずかしいから

男の場合、女性に比べて言葉に出しての恋愛表現が苦手なことが多いです。
だから「なにかプレゼントする」「なにかをしてあげる」などで、相手への愛情を表現することが多いと思いますよ。

本当は「好き」「愛してる」って素直に言えたら一番いいんでしょうけど、アメリカ人じゃないから照れちゃうんですね(笑)。

(kenkenさん)

恋人に素直に「愛してる」と伝えられる男性はなかなかいないでしょう。

だからこそ、言葉で伝えられない分、プレゼントなどの行動で示すということです。

【回答4】時間や手間を惜しまずに相手と接すること

一緒に過ごす時間をとってくれる、ウソをつかない、約束を守る、暴言を吐かない、話を聞いてくれる、メールやLINEに返信してくれる……。

全部は無理だとしても、どれだけ手間や時間を惜しまず接してくれるかみたいなところがポイントだと思っています。

(のんさん)

態度で示す愛情には、様々な形があります。

しかしそこに共通するのは、恋人に対して時間を惜しまずに真摯に向き合っていること。

普段当たり前だと思っていることにも、「愛情」が込められていることを忘れないようにしたいですね。

態度で示す愛情とは、真剣に「相手に向き合う」こと

愛情表現とは、なにも「愛の言葉」を直接伝えることだけではありません。

デートの約束を守ったり、話を聞いたり、記念日にプレゼントをしたり……。
もしかすると、あなたが普段当たり前だと思っていることも、恋人の愛情表現かもしれません。

態度で示す愛情に共通することは、自分の時間を使って恋人に向き合っていること。
自分の気づかないところでも、恋人はあなたのことを想っているものです。

もしそんな愛情表現に気づいたら、せひ感謝の言葉を伝えてみてください。

出典:恋愛jpトーク/https://talk.ren-ai.jp/thread/374

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (8)

恋愛jpをフォローする