デート中コケそうになった時のダサさを笑いに変える方法

【相談者:20代男性】
この間女の子とデートをしていた時、つまづいてコケそうになったのを抜群のボディバランスでさりげなくごまかしたんですが、なぜかちょっと気まずい空気になったんです。コケそうになった時のベストな対応って、何ですか?

スカした男は損をします!

野村:これどういうこと? いまいちピンとこないんだけど……。

辻:なんで気まずい空気になったんだろう?

秋田:いやーお前らは本当に女心をわかってない!

野村:どういうこと!?

秋田:いいか、女の子になったつもりで考えろよ。デートってことで、相手がどんなかっこいいところを見せてくれるのか、少しは期待してると。そんな相手がもし、コケそうになったがバレバレなのに、ごまかしたつもりでスカしてたら引くだろ?

辻:あー、引くかも!

秋田:ここのポイントがな、コケそうになったことに引いてるわけじゃないってことだ!

野村:うんうん。

秋田:確かにコケそうになるのはかっこ悪い。でも、そのかっこ悪さをどうしたらデートで楽しむ材料にするか! これが大事なんです!

男なら迷わず転べ!

秋田:まずひとつ目の方法、もうがっつりコケちゃう。

野村:ええ!?

秋田:って言ってもコケ方が重要ね。レパートリーは増やしておこくこと!

野村:ちょっと待ってコケ方のレパートリーって何!?

秋田:いろいろあんだろ吉本新喜劇とか!

野村:そういうこと!?  えー何があるかな……

辻:横受け身。

秋田:はいはいそれもあり!

野村:ありなの!? えーと他に……

辻:後ろ受け身。

秋田:いいねー!

辻:前回り受け身。

秋田:オッケー! もうこんなもんでいいかな。

野村:いいのかよ! 全部ただの受け身の種類じゃねえか! 体育の期末テスト思い出したわ!

秋田:辻が出してくれたのを使うとこんな感じ。コケそうになったら思いっきり大げさにコケて、受け身をバッチリきめる! 前回り受け身がベストかな。 そして一言「ふうー、柔道の授業マジメに受けといてよかったー。死ぬとこだったぜ!」これでバッチリ爆笑かっさらえます。

野村:お前いい加減そろそろ相談くれる人いなくなるぞ!

愛を伝えるチャンス!?

秋田:うまく利用すれば2人の距離も縮まる。

辻:ふむ。

秋田:「危なかったー。そうだ、俺が転ばないように、手つないでいい?」とかな。

野村:手つなぐ口実かっこ悪くね!?

秋田:あとは、うまいこと言う、っていうってのもあるね。

辻:うまいこと?

秋田:例えば、「あれれ、何につまづいたんだろう? あ、これだこれだ。(何もないところを拾い上げて)ほら、君への愛。」

野村:はああ!?!?

辻:コケそうになったのを利用して愛を伝えることができる。素晴らしい。

野村:一応確認するけど、現実世界の話をしてください!!

秋田:引かれ度合いは、ごまかしたつもりでスカした時より大分高いかな。

野村:だろうな! もういいよ!

●ライター/プラスガンマ(お笑い専門家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする