スキを見せると好感度UP!?「完璧じゃない」方が恋愛でうまくいく理由

こんにちは。
トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。
卒業、入社、転勤など間もなく新生活が始まる人も多いことでしょう。

環境の変化をチャンスと捉え自分を理想の自分に近づけようと自分磨きに勤しむ人もいるでしょう。
しかしスペックが高ければいいというワケでもなさそうです。

今回は心理カウンセラーでもある筆者がスペックの高さと人に与える安心感についてご紹介します。

完璧な人よりちょっと抜けた方が好感度が高い!?

アメリカで行われたテープ(録音)を聞いての印象形成の実験結果をご紹介します。
テープはアメリカの大学クイズ選手権へ出場した学生が50問のクイズにほとんど正解し、尚且つスポーツも得意という高スペックな学生へのインタビューが録音されていました。

そして最後のインタビューで一つはインタビュー中にコーヒーをこぼしスーツを汚してしまい落ち込む声が。
もう一つはクイズが得意でスポーツも出来るイメージだけで終わっていました。

この2つのテープを聴いた人に「どちらが好感を持てますか?」と質問したところ、コーヒーをこぼした人の方が好感度が高かったという結果が出たそうです。http://publicdomainq.net/images/201609/15s/publicdomainq-0000655xsl.jpg

完璧な人との付き合いは疲れてしまうかも

この実験の結果でも分かるように、スペックが高くても少しドジなところがあるなど、欠点や弱点が見えた方が恋人として一緒に過ごすなら楽しく疲れない付き合いが出来るということですね。

筆者のもとにカウンセリングに来られる方の中でも、「ずっと片思いだったとても素敵な男性と付き合うようになったのに、一緒にいると緊張して食事も食べられない。」といったご相談も時々あります。

完璧だと思う人に合わせて自分も完璧でいなければならないと言う思いからの緊張感。
これではせっかく思いが叶ったのに「こんなハズではなかった。」なんてことになりかねません。


自分磨きは必要ですが、完璧でない方が自分もお相手も疲れることなくより良いお付き合いが出来るのではないでしょうか。

新生活だからと肩に力を入れすぎず、自分の弱点やネガティブな部分の開示をさっさと出来る勇気を身につけることも新しい恋への近道だと言えるでしょう。

【参考文献】
・『恋愛心理学』著・齋藤勇(ナツメ社)

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする