性別を移行する場合、どのような手順で行うのか?

【相談者:20代女性】
初めまして。突然ですが、私は小さい頃から自分の性別に違和感があって、今も自分の体がどうしても好きになれない状態が続いています。こういった場合、どのような方法で自分の望む性別に移行していけばいいのか。具体的な方法があれば、ぜひ教えて欲しいです。よろしくお願いします。

まずは、ジェンダークリニックの診察から。くれぐれもホルモン投与は慎重に。

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございます。

性別を移行する際、どのような方法で進めていけばいいのか、というご質問ですね。

過去の記事『性別を移行する際に気をつけたいこと』にも書かせていただきましたが、まずはジェンダークリニックの診察から。くれぐれも自分の勝手な判断で、性別を移行することは危険ですので気をつける必要があります。

これはどういうことかというと、たとえばテレビやインターネットなどの情報を鵜呑みにして、「自分は性同一性障害なんだ」ということを疑わない。一時の感情で、個人輸入などの手段でホルモンに手を出してしまっては、自分の大切な体を壊してしまうことになりかねませんよね(子供が産めなくなる、副作用で肝機能に異常が見られる、など)。

よって、質問者さんのように、ご自身の体や性別に違和感を持たれた時は、性同一性障害の専門医であるジェンダークリニックの診察をオススメします。そこで性同一性障害だと診断された場合、全体の流れとして大まかに性別を移行する際の手順や進行具合の説明がなされると思います。

この辺りはクリニックの対応によって、方法が異なってくるとは思いますが……。性同一性障害の診断がなされた場合、自分の望む性別のホルモン投与が開始され、人によってはホルモン投与の段階に応じて(生まれた性別が男性の場合は)睾丸摘出術、(生まれた性別が女性の場合は)乳房切除術を行う方もいらっしゃると聞きます。

続けて、(生まれた性別が男性であれば)全身脱毛や豊胸手術、メイクの仕方を勉強したり、名前を男性名から女性名に改名したり、最終段階として性別適合手術を済ませて、戸籍変更まで、といった流れが一連になります。

もちろん、個々によって順番が前後したり、どこまですればいいというものでもありませんが、ホルモン投与の効果は若いほど期待が大きいというのは確かなようです。だからといって、若くしてのホルモン投与はより慎重に行うべきですが、一応参考までに。

このように性別を移行する際には、大変な労力と時間が伴いますので、実際に移行を考えていらっしゃる方は、まずジェンダークリニックの先生や家族と相談しながら、どのような手順で進めていくのか。話し合って決めていくのがいいのではないでしょうか。

またなにか相談したいことがありましたら、遠慮なくご質問くださいね。お待ちしております。

●ライター/雪見かおる(セクシャリティ専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする