【相談者:20代男性】
はじめまして。
ちょっと理解できない恋愛をしている女友達について相談させてください。

彼女いわく、相手は半年ほど前にSNSで知り合った男性で、会ったときからとにかく気が合う人だったそうです。
でも、なぜか付き合ってはいないようで、今後も交際するつもりは一切ないのだとか。

また、たまに一夜を共にすることもあるそうですが、世間一般で言われる都合の良い関係ではなく、精神的にお互いを支え合える関係なのだとか……。
彼女に詳しく話を聞けば聞くほど、余計に理解に苦しみます。
これって最近の恋愛では普通なのでしょうか。

aボディパとの関係が、独身女性に精神的安定をもたらす理由をご説明いたします。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

2016年に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』がきっかけで話題となった“契約結婚”を始め、事実婚、仮氏、ソフレなど、昨今ではさまざまな恋愛の形に注目が集まっています。

きっと、このような新しい形の恋愛に対して、思うことは人それぞれでしょう。
とはいえ、基本的には誰かを傷つけたり、法に触れたりする関係でなければ、どのような恋愛を育んでいくかは個人の自由です。

そして、相談者様が理解に苦しむとおっしゃる友人女性ですが、お話を聞くかぎり、彼女は“ボディパ(ボディパートナー)”と呼ばれる関係を相手の男性と築いているのだと思います。

このボディパの定義はさまざまで、人によって意見も分かれますが、今回の場合、相手と深い関係を持ちつつも、精神的にも支え合えるという関係。
要するに恋人と何ら変わらない関係でありながら、交際という形はとらず、デートやイベント、サプライズを始めとした恋人らしいことは一切しない間柄なのです。

ただ、これだけの説明では、ボディパを作るメリットやそこに至るまでの経緯を知ることは難しいかと思います。

そこで今回は、ボディパとの関係を続ける独身女性からお話を伺ってきました。
その話に基づき、ボディパの実態とそのメリットについてご紹介したいと思います。

(1)自由な生活と気持ちの余裕が手に入る

『昔から恋愛より仕事優先という生き方をしてきたので、彼氏ができても仕事が忙しくてなかなか会えなかったし、たまのデートも疲れから当日ドタキャンしがちでした。
そんな私にとって、束縛のない関係というのは自分に合った生き方だと思います。ボディパができてからは、恋愛していても自由な生活が送れるので、今まで以上に気持ちにも余裕が生まれた気がします』(29歳女性/フリーランス)

一般的に恋愛と仕事の両立は難しいと言われます。
特に女性の場合は、恋愛に夢中になると仕事に支障をきたす恐れがありますし、反対に仕事にのめり込みすぎることで恋人との関係に亀裂が走る可能性もあるでしょう。

その点、ボディパは恋人特有の束縛や決まり事がないため、恋愛を楽しみつつ、仕事にも前向きに取り組むことができます。
なにより、自分が望む自由な生き方ができることで、気持ちにも余裕が生まれるのです。

(2)パートナーには素直に甘えて頼れる

『甘えベタで何でも我慢しがちな私は、彼氏にうまく頼れず、いつも無理をしていました。でも、ボディパは彼氏というよりは、精神的に安らぎをくれる相手だから、無理せずに甘えられるんです。思ったこともそのまま伝えられるし、一緒に過ごしている時間がとにかく楽なんです』(26歳女性/美容師)

女性の中には、たとえ彼氏であっても、素直に甘えられないという甘えベタな人も多く存在します。
きっと、甘えることで彼氏の重荷になったり、わがままを言って嫌われたりしたくないという思いが無意識のうちに生まれているのではないでしょうか。

そのような女性にとって、精神的に安らぎをくれるボディパは、無理することなく、素直に甘えられる相手。
彼の前で甘え、彼に頼ることにより、精神的な落ち着きを手に入れることができるのです。

(3)お互いが人間的に成長できる

『精神的に支えてくれるボディパがいるかいないかでは、自分の成長速度も大きく変わるんですよね。お互いに悩み相談をして、相手からアドバイスをもらうと、やる気も出るし。彼と出会ってからお互いに人として成長できたなと感じることが多々あります』(30歳女性/営業)

ボディパは彼女たちにとって、精神的に支えとなってくれる存在。
そのため、恋人や友達には相談しにくい内容も、ボディパには素直に相談できるという場合も少なくないのだとか。

なにより、自分の精神的支えとなってくれる相手からは、的確なアドバイスをもらうことができます。
お互いに悩みを共有し、解決していくことにより、人としての成長を手に入れることだって可能なのです。

(4)人生の価値観が大きく変わる

『周りの女友達から言われる「結婚こそ女の幸せ」という押しつけに嫌気がさしてた頃、ボディパとなる彼に出会いました。当時は、結婚に焦りを感じていたんですが、今となっては恋愛の形は人それぞれだし、結婚がすべてじゃないと思うようになりました。彼のおかげで人生の価値観が大きく変わったんですよね』(29歳女性/医療事務)

一見、周りから理解されづらいボディパとの関係。
しかし、その関係を続けることにより、世間一般で言われる“普通”という概念にとらわれることなく、様々な視点から物事を見ることができるようになります。

また、多くの女性がぶつかる結婚という悩みに対しても、今までとは見方が大きく変わります。
新たな恋愛の形は、彼女たちに価値観の変化を与え、人生の選択肢を広げることにもつながっていたのです。

(5)結婚に焦ることなく今という時間を楽しめる

『今までは結婚や将来のことを意識しすぎて、異性と付き合うことに慎重になっていました。私の場合は、交際の延長線上に結婚や将来があったから「この人良いな~」と思うと同時に「でも結婚となると違うかも」ってなって、結局関係を進展させずに終わってしまうんです。
でも、彼と出会ってからは、先のことはその時に考えて、今は今を楽しむ!って感覚になって、恋愛面や結婚面に関して良い意味で冷静になれたかも。一緒にいて、お互いに気持ちや幸せを共有できるというシンプルな関係が自分には合っている気がするんです』(27歳女性/販売員)

20代後半から30代前半になると、意識せずとも“結婚”という言葉が目の前をチラつき始める独身女性は多くいます。
そのため、異性との出会いに慎重になりすぎ、自らチャンスを棒に振ってしまうことだってあるでしょう。

でも、長い人生の中では、結婚だけが重要なものではありません。
今の自分と思いを共有し合えるボディパがいると、今までは見えていなかった結婚や将来以外のことにも目を向けられるようになります。
そのため、今という貴重な時間を自分らしく楽しむことができるのです。

ボディパートナーという言葉だけを聞くと、正直、良い印象を持てない人の方が多いかもしれません。
でも、今回お話を伺った女性の実体験からもわかる通り、ボディパを作ることによるメリットはたくさんあります。

特にストレス社会で生きる独身女性にとって、精神的な安定をもたらしてくれる相手というのは、何にも代えがたい大切な存在となるはず。

なにより、ボディパはただ一夜を共にするその場限りの相手と違い、精神的なつながりを持ち、お互いを支え合える相手です。
今現在はボディパートナーという間柄であっても、関係を続けるうちに相手が恋人や将来の伴侶となる可能性だってあるのではないでしょうか。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)