会社の人とお付き合いをする社内恋愛。
女性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか?

とはいえ、「会社の人」ということで気を使う場面もきっと多いはず……。
特に男性は周りからの評価も気になってしまうものです。

そこで今回は、20代~30代の独身男性を対象に『社内恋愛をしたら「オープンにしたい」or「絶対秘密にしたい」?』というアンケートを実施しました。

男性の本音はどちらなのでしょうか?
さっそく回答を見ていきましょう!

「オープンにしたい」派の意見

『秘密にしようとしても顔にでてしまったり、態度にでてしまったりするので秘密にできないです』(31歳/整体師)

『ゆくゆくバレると思うので、それならば最初からオープンにしておいた方が楽だと思ったから』(39歳/販売) 

『下手に隠すよりは、きちんと知らせておいた方が周囲のサポートも得られるから』(25歳/会社員)

『結局、気づく人は気づくし、それならこちらから言った方が多くの人から祝福されて会話が盛り上がる』(25歳/事務)

「オープンにしたい」派の意見として多かったのは、「いつかバレるのなら最初から隠さない方が楽」というもの。

会社という同じ空間にいるからこそ、恋人と接する機会も多くあるものです。
そうなると、いくら自分たちが必死に隠してもいつかはボロが出ます。

「オープンにしたい」派では、2人の関係を隠すために無駄な労力を使いたくないと考える人が多い印象でした。

「絶対秘密にしたい」派の意見

『公私混同は良くない。周りに迷惑をかけてしまう』(28歳/SE)

『社内恋愛をオープンにしてしまうと、同僚や上司に妙な気を遣わせてしまうし、別れるとなった時に相当気まずい思いをすると思う。実際、社内恋愛をオープンにしていたカップルが別れた時、二人を同じ仕事内容につけるかどうかなど、非常に気を遣った』(34歳/会社員)

『仕事はずっと続けたいと思っているので、社内で面倒ないざこざは起こしたくありません。結婚をするということが決まれば周りの人には報告しますが、別れる可能性のある交際期間には周りの人には秘密にしたいです』(30歳/商社)

『仕事と恋愛は別物にしたいので誰にも知られたくない。それに、彼女のことを持ち出されたりして余計な叱られる口実をつくりたくない』(29歳/営業)

「絶対秘密にしたい」派の意見として多かったのは、「別れてしまった場合、周りの迷惑になるから」というもの。

結婚が決まっているならまだしも、交際期間には“別れ”のリスクが当然あります。
そうなると社内の人と破局した場合、周りの人が余計な気を使ってしまい、自分の仕事にも影響しかねません。

社内を気まずい雰囲気にしたくない、周りに迷惑をかけたくないという理由を上げる人が多数いました。

社内恋愛をしたら「オープンにしたい」or「絶対秘密にしたい」?果たして多数派は…?

絶対秘密にしたい……106人(70.7%)
オープンにしたい……44人(29.3%)

結果は「絶対秘密にしたい」派が7割以上という圧倒的なものに!

社内恋愛では、別れのリスクを気にする男性が多くいることがわかりました。


周りの目や評価が気になる社内では、なかなか口外しにくいと考える男性が多い模様です。

しかし反対に、いずれバレるのだからはじめからオープンにして、周りからのサポートを受けたいと考える男性もいます。

いずれにせよ、社内恋愛をしているカップルは、お互いによく話し合って今後について決めることが大切ですね。

※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:150人
※集計期間:2017年2月19日~2017年2月22日

(文/恋愛jp編集部)