仲良しのヒミツは旅行!? マンネリ防止に役立つたった2つのポイント

【相談者:20代女性】
最近、彼との関係がマンネリ気味です。
話していてもデートをしていても、どこか物足りなくてダラダラしちゃうんです。

それだけふたりが親密なんだと思いますが、できればもっとメリハリを持って付き合いたいです。
こういう状態を抜け出すには、どうしたらいいでしょうか?

a 相手への感謝を忘れず、ふたりの関係に応じた付き合いができるといいかもしれません

ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございました。

彼との付き合いが長くなってくると、マンネリはある程度避けられないことかもしれません。
友達同士でも長年一緒にいると、話すことが無くなってしまうように、恋愛もドキドキした関係から、次第に落ち着いた関係へとシフトしていきます。

かといって、ふたりの間にある愛情が冷めたわけでは、決してありませんよね。
そうした状態になるのは受け入れつつも、カップルとしてどんなことに気を付けていけばいいのか。
それを考えることで、今後はパートナーとして、家族としての意識が強まっていきそうです。

旅行がマンネリ解消に役立つ!?

『ゴールドコースト観光局』が配偶者もしくはパートナーがいる20代後半~50代の男女600人に「パートナーと旅行の関係に関する調査」を行ったそうです。
すると対象者のうち、約半数以上が相手との関係に「マンネリを感じたことがある」と回答。

「会話がない」「デートする場所がワンパターンである」「外デートをしなくなった」といったように、それぞれのシーンで多くの人がマンネリを感じる傾向にあるようです。
確かに、いずれも「あるある」と頷けるポイントですよね。

ちなみに、マンネリの解消法を聞いたところ、最も多かった答えは「話し合いをしたこと」39%
続いて、「旅行に行ったこと」23%「デートに工夫をしてくれたこと」16%でした。

旅行に行くというのは、ちょっと意外な方法ですね。
普段行ったことない場所に踏み入れることで、新鮮な気持ちになりやすく、トラブル時もふたりの関係が深まりやすいポイントになるのかもしれません。

マンネリ関係を打破するポイント2つ

ほかにも、カップルのマンネリ防止に役立つポイントがないか、考えてみました。

(1)相手への感謝の気持ちを省略しない

付き合いが長くなってくると、相手がしてくれることをつい当たり前に思ってしまいがちです。

例えば彼が家まで送ってくれたとか。
彼が洋服を褒めてくれたとか。

そういった些細なことひとつ取っても当たり前に思わず、「ありがとう」と感謝できる気持ちが取れるといいですよね。

そうすると、彼も感謝してくれるあなたに嬉しくなるはず。
尽くす気持ちが消耗されにくく、お互いに愛情を持って付き合うことができそうです。

(2)ダブルデートをする

カップル同士だけだと、どうしてもふたりだけの空間になってしまいがちです。
ですので、例えばお互いの友達を呼ぶとか。

ほかのカップルを交えてご飯を食べるとか。

カップルとしての関係を広げるためにも、人を巻き込むことって大事かもしれません。
交流関係が広まれば、結婚の相談ができたり、困ったことがあれば相談に乗ることだってできるので、一石二鳥なのでは!?


いかがでしたか。
ふたりの関係が落ち着いたら、それに似合った付き合いをすることも大事です。
普段はしないスキー、登山、ダイビングといった、ふたりで協力するアウトドアデートに挑戦してみるのも良さそう。

ただし、そうした中でも相手への気遣い、思いやりの言葉をかけることは忘れずに、どんな時でもふたりで協力し合って付き合える関係をきちんと築き上げていけるといいですよね。

【参考リンク】
パートナーとの関係性と旅行についての調査/ゴールドコースト観光局

●ライター/雪見かおる(恋愛、LGBT専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする