振った男と振られた女のリアルな心理状態

【相談者:20代女性】
女の子の遊び友達が沢山いて、いつもフラフラとしている彼氏がいました。だんだん私は疑心暗鬼になってしまって……それが原因で喧嘩が絶えず結局お別れすることに。半月前のことです。自分も毎回喧嘩では感情的なってしまいいけなかったのですが、「好きかどうか分からなくなった」とあっさりと別れを告げられて、どん底まで落ちました。泣いてばかりで食事も喉に通らず、苦しい毎日です。

いろいろ考えましたがやはり彼が好きなんです。好きな気持ちが抑えられず、会いたい気持ちが募ります。戻りたい。やり直したい。社員旅行で、渡せるかも分からないのにお菓子のお土産を買っていました。つまらないものですが渡せるものなら渡したいと思います。

でも連絡しても返事が来ない気がします。なぜなら振られた日にメールを長々送ってしまい、返事がなかったからです。友人は、「考えてたら迷ってしまうだけ! 渡しに行っちゃいなよ。そして今思っていることを告げてきたら? 可能なら彼に飛び込んできたら?」と言います。もうひとりの友人は、「もうやめなさい」と言います。どちらを参考にしたらいいか分かりません。

あの日のことは彼も売り言葉に買い言葉だったのかも、と思います。会って謝りたいし、ありがとうと感謝の言葉も言いたい。できれば戻りたいです。泣くのにも疲れました。彼と何とかして繋がっていたいのでセカンドでもいいと思ったりしてます。私の考えは間違いでしょうか?

a 終わった恋に過度の期待とアクションはやめましょう。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。

ちょっと待ってください。本当に待ってください。

最初のお友達の言葉は、貴女がなかなか納得しない女だから気が済むようにしろ、という意味なのではないでしょうか? それかお友達に貴女が「いいところだけ」を都合よく話しているので、そのような応援の言葉になったのではないかと私は推測しています。貴女を傷つけないように言った言葉だと思います。そういうときの友達の励ましは真に受けてはダメですよ。

どちらにしろ、「やめなさい」と言ったお友達のほうが正しいと思います。

それと、アポなしで彼のところに会いに行くなんていう奇襲攻撃はやめましょう。彼からしたら、しばらく経って忘れた頃にお土産を口実に、元カノが突然やって来るって……怖いです

自分に置き換えてみてください。振った男が「賞味期限が切れちゃいそうだから、お土産持ってきた。今近くにいるよ」と自分の家の近くに来たらどうしますか。

え? 賞味期限なんて知らないよ! 勝手に買って来て、なんなの? 私の周りをウロウロ……なにごと? 怖いんだけど! と思いませんか。終わった恋人からのアクションは困るものです。

151217komatsu

男性は終わった恋愛を引きずる……という話は、自分が振られた場合

振った場合はすぐ忘れてしまいます。ですので、突然のコンタクトは恐怖を感じます。

突然メールで「ありがとう。ごめんね」と言われても、彼はなにも感じない気がします。彼女がいるかもしれませんし、心は動かないのではないかと思います。

今になってお礼や謝罪は不要。貴女が彼を傷つけたわけではないですよね。貴女は最後の別れ際にも、「ありがとう」や「ごめんね」を言ったのではありませんか? その日も帰ってからメールに書いたのでしょう? 何度も何度もいらないです。もう自分の心の中にしまっておきましょうね。

言わずにいられないのなら、「忘れなさい」と言ってくれるお友達にとことん愚痴やモヤモヤした思いを聞いてもらうのがいいですね。聞いてくれると思います。

別れたその日に長文メールを送り、返事が来なかった。やり直したいと思っていても彼から何も連絡はないのなら、それが答えです。

沢山の女の子たちとフラフラしていた彼と戻りたいですか? あなたの性格からしてセカンドは性に合わないと思います。

「泣くのにも疲れました」……まだ、半月しか経ってないのです。失恋をすれば誰だって泣いて暮らします。泣いて泣いて、ご飯も食べられなくて「あの人に会えないのなら生きている意味なんてない」と思う。それが普通です。

そんな毎日が嫌だからって、去った彼を追うのなんて何の意味もありません。貴女にとってプラスにはならないし、ましてやセカンドなんて貴女にはいいことがありませんよ。都合のいい女でいるのって体も心も磨り減りますので。

セカンドが向いている人と向いていない人がいて、貴女は向いていないと思います。向いている人というのは、もっとドライな人です。お土産も買ってこないような、フラフラしている男性のことなんて気にも留めないような。誰か他に別の男性がいるような。そんな人しかできないのです。

しっかりなさってください。彼女からセカンドへ……格下げじゃないですか。そこまでする必要はないと思いませんか。仮にセカンドになっても、あちこちに女の子がいる彼に甘く見られてまた悶々とする日々です。恋人同士のような昔の関係に戻れると貴女が想像しても、もうなれないのです。

復縁したいと思っても、貴女の恋の別れの場合は、彼に問題があり、それに対しての喧嘩での疲れですので、貴女がいくら変わろうとも彼自身が変わらないため、難しいです。

終わった恋に後悔はつきもの

あの時、ああ言えばよかった。あんなこと言わなければよかった。言わなかったら別れなかったかも。彼は本当はひどい人ではないのかも。

別れた瞬間から、思い出が美化されてしまうのはよくあることです。半月前ならば、まだ恋が続いている錯覚に陥りますよね。

いっぱい泣くのも人生経験のひとつであると思います。繋がっていたい、その気持ちは分かります。こないだまで好きな人だったのですから、そう思うのも無理はありません。

どれくらいの交際期間だったか分かりませんが、私は失恋で泣く期間は長くても3か月くらいだと思っています。あと少しだけ泣いて、お友達と出かけたり、彼がいたときには出来なかったようなことをちょっとずつでも始めたらいかがでしょうか。

世の中にはたくさんの男性がいます。貴女だけを見てくれるもっともっと素敵な人がいます。こだわり続ける必要はないですよ。

美味しいものを食べて映画を観て本を読んでお洒落をして。今は自分のために時間を使いましょう。

キラキラ輝く20代の時間を無駄にしないためにも。

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

編集部追記

今回のコラムでは、振った男と振られた女のリアルな心理状態として、「終わった恋に過度の期待とアクションはやめましょう」という視点でアドバイスをいただきました。

「振った・振られた」について、一般的にはどう言われているのか、編集部でまとめてみました。

151126chihiro

“振った”側の実態

一度は本気で好きになった相手。単純に嫌いになったから振ったわけではありません。振る側にもさまざまな思いがあります。

後悔しないと決めて振ったはずなのに未練が出てきた、復縁まではいかないけれど後悔している、罪悪感で立ち直れない……そんなときにどう対処したらいいのかまとめてみました。

自分から振ったのに未練が……この気持ちは?

覚悟を決めて自分から振ったはずなのに、なぜか振った相手のことばかり思い出してしまう……。そういうときは、もしかして未練があるのかもしれません。

しかし、モヤモヤした気持ちのまますぐに復縁するのは危険です。この気持ちの原因を探っていきましょう。

一人になって寂しい

それまでいつも隣にいた、何かあったらすぐに頼れた、自分を愛してくれていた存在を失ってしまうのは、いくら自分から振ったとはいえ、つらいことに変わりはありません。

付き合ってきた時間が長いほど、別れた後に感じる寂しさも長引くかもしれません。突然一人になってしまい、心のよりどころを求めているのです。

やり直す覚悟もないまま寂しいだけで相手に連絡を取ってしまったら、相手を振り回すことになってしまいます。時間が寂しさを解決してくるのを待ちましょう。

一時的な衝動だった

ケンカの最中にカッとなって「別れる!」と言ってしまったら、未練が残るのも当然かもしれません。たしかにケンカばかりしていたのなら、別れたくもなります。

しかし、お互いただ相手のことが嫌いでケンカしていたとは限りません。好きなのに理解してもらえないから言い合いになってしまうのではないでしょうか。

ただ、ケンカの種があることも事実です。嫌いで別れたいという気持ちの方が大きいのか、それとも好きな気持ちの方が大きいのか、一度冷静に考えてみましょう。

情がある

一度は好きになった相手です。いろいろな思い出を共有し、ときには困難も一緒に乗り越えてきたかもしれません。振る理由があったとはいえ、一瞬で忘れされるほどの関係性ではないはずです。

悲しんで元気を失ってはいないだろうか、自暴自棄になっていないだろうか、自分を責めていないだろうか……と心配してしまうかもしれません。

しかし、それは哀れみであって愛情ではありません。哀れみであっても相手を一生支えていく覚悟があるのなら復縁もありかもしれませんが、そうでない限り、やり直しても再びつらい時期がくるでしょう。

すぐに忘れることはむずかしいでしょう。しかし、こちらから連絡してしまうと情に流されて終わりです。グッと我慢しましょう。

151120coco

自分から振った後に復縁するには?

「未練を拭い去ろうとしたけれど、やっぱり諦めきれない!」そんな熱い思いを抱いているときに、そのまま突っ走るのは危険かもしれません。

別れた後の復縁はただでさえ難しいものですが、それが自分が振った相手となると、さらに確率は低いでしょう。しかし、復縁を果たしたカップルは実際にいますし、可能性はゼロではありません。

復縁したいときに取るべき行動をまとめました。

正直に、誠実に思いを伝える

まずは、復縁したいという気持ちを伝えることです。些細なことが原因で振ってしまった場合は、お互いが気まずくならないうちに、すぐに伝えてもいいでしょう。

そうでない場合は、タイミングが重要です。昨日の夜振って今日の朝に復縁を申し出るようでは、相手もバカにされたような気分になってしまうでしょう。

自分も相手も頭を冷やしたくらいの時期に、相手に迷惑にならない方法で伝えましょう。家や仕事場に押しかけたり、待ち伏せしたりするのはやめましょう。自分は気持ちが盛り上がっているかもしれませんが、相手がどうかはわかりません。

振ったことへの謝罪と、今の自分の気持ちを誠実に伝え、言葉と態度で本気であることを示しましょう

しかし、振ったときの状況や相手の心境によっては、伝えないほうがいい場合もあります。自分の復縁したい気持ちではなく、相手のことを考えて見極めましょう。

しつこく連絡をしない

思いを伝えてすぐに復縁できることのほうがまれだと思います。たいてい一度は断られてしまいます。突然のことで受け止められないでしょうし、振られた側にもプライドがありますから。

その後、しつこく何度も「会いたい」「やり直したい」「やっぱり好き」などと連絡をするのはやめましょう。嫌われて着信拒否されてしまうかもしれません。エスカレートしたらストーカーになってしまいます

連絡をしなかったら忘れられてしまうのではないか、と思うかもしれません。しかし、実際はその逆です。振った自分もいなくなってから相手の重要性に気付いたように、連絡がなくなると「どうしたんだろう」と気になってくる可能性があります。

しつこく連絡をしてマイナスイメージを重ねるよりは、連絡をパタリとやめて相手を不安にさせるほうが効果的です。

忘れられてしまったら、相手に新しい恋人ができてしまったら、と不安になるかもしれませんが、そこは我慢が必要です。毎日連絡を取り合っていた仲なら長すぎると感じるかもしれませんが、半年は待ちましょう。

内面を磨く

ただ連絡を我慢しているだけでは全く意味がありません。再び連絡を取ったときに「何も変わってない」と思われてしまったら、努力が水の泡になってしまいます。

相手に再び振り向いてもらうためには、外見よりも内面を磨きましょう。久しぶりに会ったらかわいくなっていたから、かっこよくなっていたからといって、たいていの人は復縁しようとまでは思いません。

惜しいことをしたな、と後悔するくらいで終わりでしょう。むしろ、外見だけきらびやかになっていたら、「あのころとは変わってしまった……」と思われる可能性も。

しかし、内面が成長していたらどうでしょう。「今度はうまくいくかもしれない」と思わせることができるかもしれません。

151013sakisaka

振ったことを後悔する瞬間

雰囲気が変わったとき

失恋したらバッサリ髪を切る、なんて話がありますよね。髪型以外にも、服装やメイク、表情など、失恋を機に雰囲気が変わることがあります。

そんな今まで知っていた彼・彼女とは違う姿を見かけたとき、「あれ? こんな一面もあったんだな」と釘付けになってしまいます。

自分のものではなくなったという感情が原因で魅力的に見えることもあるかもしれません。そんなとき、「惜しいことをした」「まだ別れるのは早かったかな」と思うのではないでしょうか。

幸せそうな姿を見たとき

元恋人が異性と楽しそうに話しているのを見たら、多少なりとも心が動いてしまいますよね。新しい恋人? ただの友達? いずれにせよ、以前なら自分がいたはずの位置に今は違う人がいる。複雑な思いですよね。

幸せそうな姿に安心する反面、もう自分の隣であの笑顔を見ることはできないのか、と思うと寂しくなります。

密かに思い続けてくれていたと知ったとき

振ったらすんなり別れてくれて、その後音沙汰もなくきれいに別れたつもりでいたら、しばらく経った後、共通の知人を通して相手がまだ自分のことを思ってくれていることを知る……。

自分のことを思って好きな思いに蓋をしてくれていたなんて、「なんでこんないい子を振ってしまったんだ!」と大後悔ですよね。

相手が成長したとき・成功したとき

振った後に風のうわさで相手の近況を聞くこともありますよね。昇進したとか、賞を獲ったとか、結婚したとか。元恋人が成功した話を聞いて、「あのまま付き合っていたら」と想像してしまうのも無理ありません。

また、以前は顔を合わせればケンカをしていたけれど、再開したらグッと大人になっていた、なんてときも、「もう少し耐えていたらいい関係を築けたかもしれないのに」と自分を責めるかもしれません。

相手のよさに気付いたとき

大したきっかけがなくとも、ふとした瞬間に相手のよさに気付く瞬間があります。重い荷物を運んでいるときに、彼がいたら嫌な顔をせずに手伝ってくれたな、とか、落ち込んでいるときに優しくなぐさめてくれたな、とか。

近くにいるときは当たり前になってしまって気付けなかったことも、離れてみるとわかることがあります。

元カレ・元カノ以上の人に出会えなかったとき

振った後に出会いの場に出向いてみても、元恋人と比べてしまい、あの人のほうがよかったと思ってしまう。さらには、新しい恋人ができても元恋人のことを思い出してしまう。

そんなとき、本当はあのとき振ってしまった人が運命の相手だったのではないか、と後悔するでしょう。

150923nao

振った罪悪感を消す方法

振られるより振るほうがつらい、という言葉も聞くくらい、振ったほうも苦しみます。別れたくて仕方なくて振ったはずなのに、振ってみたら罪悪感に苦しめられる……なんてときは、以下の方法を試してみてください。

嫌だったところを書き出す

情に流されそうになっているときに有効な手段です。嫌なところなんて思い出したくもない、忘れたいのに! と思うかもしれませんが、それが狙いです。

罪悪感を感じているときは自分を責め、同時に相手のいいところや守るべき弱さを思い出してしまっている可能性があります。完全に忘れることは最初から無理ですから、それなら振った原因を思い出しましょう。

嫌なところを書き出して客観的にながめれば、こんな人とは別れて正解! と思えてくるはず。罪悪感を感じていたことがバカバカしくなってくるかもしれません。

友達に話す

自分だけで思い悩んでいると、どうしても思い出に浸ってしまいます。それはそれで大切な時間かもしれませんが、罪悪感は募るばかりでしょう。

そういうときは人に話すのが一番です。「振って正解だった」と自分で言い聞かせても「本当にそうだろうか」と悩みはじめてしまいますが、他人の口から聞けば納得できます。

SNSで相手の現状をチェック

「今どうしてる?」なんて連絡を取っても、またケンカしてしまうか情に流されてなんとなく元サヤに戻ってしまうか、いずれにせよあまりいい結果とは思えません。

それでも相手のことが気になってしまったら、こっそりSNSをのぞいてみましょう。振られたのに案外元気で何も気にしていなそうなら、罪悪感を感じることはないですよね。

めちゃくちゃ落ち込んでいたとしても、こんな風にSNSに気持ちをダダ漏れに流す人なんだ……と冷めた目で見れば吹っ切れるかもしれません。

自分にいいように考えているだけに聞こえるかもしれませんが、罪悪感をなくすためにはそれぐらいしていいのです。相手に迷惑はかけていませんし、罪悪感で次の恋愛に進めないよりは何でもやってみたほうがいいですよ。

もし付き合い続けていたら、と想像する

「もしあのまま付き合いが続いていたら」と考えてみてください。ケンカが絶えないままだったかもしれない、プロポーズされても断ったかも、我慢しつづけたら鬱になるかも……明るい未来が想像できなかったから振ったのではありませんか?

自分の幸せを諦めてまで、相手を幸せにしようとすることはありません。相手も振られたときはショックを受けたでしょうが、その後一生、悲しみが続くわけではありません。

自分が幸せになるためにも、相手の幸せのためにも、必要な別れだったのだと受け入れましょう。

150907anketo

好きなのに振ってしまう理由

相手が嫌で嫌で顔も見たくない、という思いで別れを告げた人もいれば、本当はいつまでも一緒にいたかったけれど、やむなく振ってしまったという人もいるでしょう。

好きなのになぜ振らなければならなかったのか、その理由をみていきましょう。

将来性がない

ダメ男好きの女性に多い理由かもしれません。好きは好きなんです。夢を追いかけて一生懸命にがんばる彼を応援したいし、応援している自分が好き。でも、年齢を重ねると好きだけでは成り立たなくなってきます

このままおばさんになってしまったらもう後戻りできないかもしれないと思うと、不安どころか将来の生活の危機が見えてきます。

相手がダメ男ではなくても、お互いに忙しすぎて結婚は考えられない、結婚したら仕事を辞めてほしいと言われたけれど続けたい、などといった理由も考えられます。

将来に対する展望を2人で描けなかった場合、いくら好きで今一緒にいることは楽しくても、違う道を歩まなくてはならなくなります。

第三者の介入

一番に考えられるのは、親の反対です。親に反対されたら絶対別れなければならない、なんてことはないのですが、自分を育ててくれた人を悲しませてまで付き合い続けてもいいのだろうか、と悩んでしまうでしょう。

親は親なりの理由があるはずですから、話し合って解決できるのが理想です。反対されても意思が固いのであれば、好きな気持ちを優先させるほうが後悔しないかもしれません。

また、浮気も第三者の介入と言えます。浮気をされても嫌いになれないことはありますが、やはり今後のことを考えて、涙をのんで関係を終わらせる人もいるでしょう。

本人同士の都合ならまだ納得できますが、第三者が原因となるとしこりが残りそうですね。

環境の問題

転勤で遠距離恋愛を余儀なくされたときに、相手のことを思って振ってしまうこともあるでしょう。やはり離れている分、不安も募ります。浮気を疑ってケンカするくらいなら、お互いが思い合っているときに別れるのが美しいのかもしれません。

自信がない

相手のことを思うあまり、こんな自分と一緒にいて本当にいいのだろうか、と悩みすぎてしまうパターンです。自分には荷が重い、という逃げの姿勢も含まれるかもしれません。とにかく、自分に自信がないんです。

好きなのに自信がなくて振ってしまうのはもったいないですよね。一緒にいていいかどうかは、相手が判断することです。後になって後悔しても遅いですよ。ときには思い切りも必要です。

151104sakurai

“振られた”側の実態

突然別れを告げられて、目の前が真っ暗……。なぜ振られたのかわからない、よりを戻したい! はたまた、あんな人とよりを戻してもしかたない、振ったことを後悔させてやりたい! とさまざまな思いがあるでしょう。

ここからは、振られたときの対処法を見ていきましょう。

振られた理由

相手に好きな人ができた(乗り換えられた)

よくある理由ですが、相当ショックですよね。今の恋人を振ってから新しい恋人をつくろうとしているので決定的な浮気とは言えませんが、付き合いながらも他の人に気持ちが傾いていたのはたしかです。

たまたま会った人を好きになってしまったパターンもありますが、恋人がいながら遊んでいた可能性もあります。そういった場合は振られた側に非があるわけではありません。

今の恋人よりよさそうな人がいたら即、乗り換える。そういう人と関係を長く続けるのはそもそもむずかしいでしょう。

ケンカや浮気などの決定的な事件を起こした

ケンカ別れをするカップルも多いのではないでしょうか。また、ケンカにならずとも、決定的な事件を起こしてしまったら振られるきっかけになってしまうかもしれません。浮気や暴力などの大事件を起こしてしまったら、まずそれが原因でしょう。

他にも、恋人の友達の悪口を言ってしまった、相手の大事にしていたものを捨ててしまったなど。それが相手にとって許せない行動だったとしたら、もうこんな人と一緒にいられないと思われてしまいます。

怒らせてしまったとき以外にも、ドン引き事件も考えられます。いつもは清潔感のあるオシャレな恋人の家に行ってみたらゴミ屋敷だった、なんてときは、負のギャップを受け入れられず、「別れよう……」と言われてしまうかもしれません。

性格が合わない

自分は合うと思っていても、相手が我慢している可能性もあります。もう我慢の限界だ、となると別れを切り出してしまうでしょう。

自分のことを話してばかり、連絡をくれない、連絡が多すぎる、なども性格の不一致と言えるでしょう。自分の性格や習慣を変えてまで引き止めたい相手ならば話は違いますが、そうでない限りしかたのないこととして受け止めるしかありません。

何を考えているかわからない

好きな相手だからこそ、相手に合わせすぎてしまうこともありますよね。従順に付いてきてくれるのが好きな人もいますし、ある程度であればうれしいことかもしれません。

しかし、あまりに合わせすぎると自分の意見がないように思われてしまいます。しまいには、「何を考えているかわからない」と振られてしまいます。それに、いつも同意されるだけでは1人でいるのと変わりません。

また、駆け引きや小悪魔テクなど、恋愛テクニックを使いすぎて相手を混乱させてしまうこともあります。連絡をわざと絶ったりドタキャンをしてみたり、うまくやれば効果があるのかもしれませんが、効かない相手には効きません。それどころか次は何をされるのだろう、と怖がられてしまう可能性も。

モテテクが理由で振られてしまうなんて悲しすぎます。相手の反応を見ながらやりましょう。

仕事や勉強に集中したい

受験だろうが昇格がかかっていようが、うまく恋愛と両立できる人もいます。しかし、「今は勉強に集中したいから」と別れを選ぶ、真面目な人もいますよね。少し頭が固いのか、不器用なのか……もしくは、それくらい真剣に取り組みたいことを見つけたのでしょう。

しかし、それが本当とも限りません。そう言って振った翌日にラブラブなデート現場に遭遇してしまったら……一度でも応援しようとしたことがバカらしくなります。そんな人には振られて正解かもしれませんね。

重い

最初はお互いに好きだったけれど、だんだん愛情がつり合わなくなってくることがあります。

1日のメールの回数や寝る前の電話など、付き合う際にルールをつくるカップルもいますよね。双方が納得してつくったルールだとしても、のちのち環境が変わってくると、うまくいかなくなってくる場合があります。

だんだん連絡回数が減ってきたり、電話に出るときのテンションが低かったり、そういった相手のサインを見過ごしてしまうと、もう別れるしかないという状態まで相手の精神を追いつめてしまいます。束縛しすぎて相手を疲れさせてしまったのですね。

151112sakurai

振られてからよりを戻すためにできること

振ってきた相手をただ待っていても、自然に戻ってくることは奇跡に近いでしょう。相手が振ってきたのですから、悪いイメージを抱かれたまま別れたはずです。

それでも、振られて一度は受け止めたけれど、どうしてもあの人しかいない! というとき、以下の行動を試してみてください。

振られた原因を考える

これがわかっていないまま、また相手に会ったとしても、「何もわかってない!」とさらに復縁から遠ざかってしまいます。つらいことではありますが、まずは振られた原因を考えてみましょう。

環境の変化などの致し方ない理由もあるかもしれませんが、愛情が残っていればそれだけで振られることはないでしょう。

ヒントは、相手の言動に表れていたはずです。別れ話で何と言われたでしょうか。「ワガママに付き合っていられない」「お互いのためにならない」。振られた原因をずばり言ってくれているかもしれませんから、つらいですが思い出してみましょう。

普段から注意されてきたことはありませんでしたか? 「靴下を脱ぎっぱなし」「すぐに怒るのはよくないよ」。言われたときは些細なことに感じたかもしれませんが、それが積もりに積もって別れの原因になったのかもしれません。

相手も明確に別れたいと思った原因をわかっているとは限りませんし、正しい答えにたどり着けるかもわかりません。それでも一生懸命、相手の気持ちになって考えることで見えてくることがあるはずです。

連絡を取らない

振られた原因を考えているあいだは、相手との連絡を一切絶ちましょう。相手も苦しんで出した結論でしょうから、追い打ちをかけたらもっと苦しませてしまいます。

冷却期間はそれぞれの場合によりますが、3か月〜半年が目安です。

自分磨きをする

ダイエットしたり美容に励んだりするような自分磨きのことではありません。この場合は振られた原因を改善することが重要です。

もちろん、ダイエットや美容に励むのも必要であればやりましょう。しかし、外見だけ磨いて相手が戻ってきてくれることはまずないでしょう。

「振られた原因を一生懸命考えて、努力して直そうとしてくれたんだ」ということが相手に伝わることが重要です。

151223enrentuiki2

失恋から立ち直るためにできること

生活の一部のように一緒に歩んできたパートナーを失えば、大きな喪失感があるのは当然のことです。失恋して落ち込まない人なんていません。

悲しい気持ちや寂しさは時間が解決してくれるものですが、時間に任せきりではいつになるかわかりません。早く元気になって次に進んだほうがいいに決まっているのですから、自分でも立ち直るよう努力してみましょう。

とことん向き合う

失恋したことなんて忘れたい、少しも思い出したくない、と思いますよね。しかし、何をしていてもしていなくても、つらいことばかり思い出してしまうものです。

忘れるためには、一度とことん向き合うこと。そうしないといつまでもズルズル引きずってしまいます。もうこれ以上泣けない、というほど号泣してしまいましょう。

卑屈になったり相手を恨んだり、醜い感情になるかもしれません。今だけはとことん醜く罵りましょう。その後、一生恨み続けるより、早いうちに全て発散してしまうのです。

人に話す

自分だけで向き合うのも大切な作業ですが、人に話を聞いてもらうのも手です。自分のかっこ悪い部分を人に見せるのが苦手な人もいるかもしれませんが、さらけ出してしまうと気が楽になるものですよ。

友人でも家族でもいいでしょう。愚痴にとことん付き合ってもらったりカラオケで歌い叫んだりすると、そのうち気分も晴れて楽しくなってくるはずです。

好きなことに夢中になる

何かを忘れるには、夢中になるに限ります。趣味に没頭していれば、他のことを考える余裕などありません。思いっ切りお菓子を食べまくるとか、服を大人買いするとか、今まで我慢してきたことや普段できない贅沢をするのもいいでしょう。

趣味や好きなものがない人は、仕事に打ち込むのもおすすめ。相手に恨みはなくても、見返してやる! という気持ちで取り組めば、これまでよりも気合が入るはず。

新しいことを始めてみる

恋人がいたときと同じ生活をしていては、思い出すきっかけばかりでしょう。新しいことを始めれば気分転換にもなりますし、生活のリズムも変わります。

傷心旅行も、新しい人や風景、食べ物などに出会うことができるためおすすめです。間違っても思い出のデート場所巡りはしないように。

151217sayuri

振られた相手から連絡がくる。その理由は?

自分が振ったのに、何事もなかったかのように連絡してくる人がいます。「どういう神経してるの?」と思いますが、ちょっと懐かしい気持ちになることもありますよね。

振った元恋人に連絡したくなるのは、どんなときなのでしょうか?

仕事や恋愛など、何かがうまくいっていない

ちょっと自分が弱っているときに、「こんなときあの人がいたらなあ」と思い出したのでしょう。そして実際に連絡を取ってきたわけです。

頼りたい気持ちがバレバレでは格好がつきませんから、「最近どう?」なんて他愛のない風を装ってくるかもしれませんね。

この場合、「ちょっと会えない?」と言われてついていくと現状の愚痴を聞かされ、戻ってきてほしいと言われる可能性もあります。もう関わるつもりがないのなら、「何を悩んでいようと知らない!」と強い気持ちで断りましょう。

まだ好かれていると思い込んでいる

自分から振ったのだから相手は未練があるだろう、と思って堂々と連絡をしてくるパターンです。あきれるほど都合のいい幸せな脳みそです。こういった考え方をする方は男性に多いようです。

自信満々な相手の鼻をへし折るためには、気を使わずにきっぱり言ってやりましょう。「もうあなたより素敵な恋人ができたから、連絡してこないで!」と次の恋人がいると知らせるのが一番効きます。

酔っ払って思い出した

酔っ払いながら昔の恋人に連絡してしまうこともあるみたいですね。思い出話をしていてふと「どうしてるのかな」と思ったのを、酔った勢いでそのまま行動に移してしまうのでしょう。

泣き言を言ったり今さら褒めてきたりするかもしれませんが、酔いがさめたら相手も覚えていないことです。真剣に聞く必要はないでしょう。

151210renai

相手に振らせるように仕向ける方法

自分から振るより相手に振らせたほうがプライドが傷つかないだろう、とか、自分から振ったら怒られて負けてしまう、とか、なんとか相手に振ってほしい場合があります。

そこで、うまく相手に振ってもらう方法を考えてみました。

連絡を減らす

まずできるのが、連絡の頻度を減らすことです。付き合いが長くなれば連絡が減るのも普通のことかもしれませんが、最終的には相手も勘づくくらいに少なくすることがポイントです。自分からは一切連絡しない、というくらい思い切ってもいいと思います。

だんだん連絡が減っていけば、付き合っている実感も薄くなっていくはず。そして、「こんな状態なら別れたほうがいいのではないか?」と思ってくれたら、別れを切り出してくれるかもしれません。もしくは、そのまま自然消滅する場合もあるでしょう。

また、メールやLINEのやり取りではそっけない態度を心がけましょう。返信は簡潔に、絵文字や顔文字も使わずに。直接言わずとも、「気持ちが離れていっているよ」というアピールをしましょう。

デートを減らす

連絡を減らしても、相手にまだ気持ちがあればしつこくデートに誘ってくるかもしれません。そこでデートしてしまったら、「なんだ、最近冷たいと思ったけど大丈夫なんだ」と安心感を与えてしまい、振られる可能性は低くなってしまうでしょう。

デートを断る理由も、単に「忙しいから」と言うと言葉そのままに取られてしまう場合もあるので、友達や他の用事を理由にしてデートの優先度が低いことをほのめかします

相手には失礼ですしショックも大きいと思いますが、心を鬼にしてドタキャンするという方法もあるでしょう。円満に別れたいならおすすめできませんが……。

相手が嫌がることをわざとする

付き合い始めは相手のタイプに近づこうとあれこれ努力したと思いますが、今度はその逆をします。相手が嫌がることをしていくのです。

潔癖症の彼の家でものをこぼしたり、待たされるのが嫌いな彼と買い物に行って長時間悩んでみたり、恋人の嫌がるようなことは今までの経験でわかるはずです。知っていてやるのですから、相手もわざとやっていると気付くでしょう。

振ったことを相手に後悔させるには?

“振ったことを後悔する瞬間”には、「雰囲気が変わったとき」「幸せそうな姿を見たとき」などがありましたが、これらは別れた後にうまいこと再会する必要があります。

「次会ったときに後悔させてやる!」と思って努力するのもいいことかもしれませんが、そんな悠長なことも言ってられませんよね。

そこで、振られてすぐにできる相手を後悔させる方法をご紹介したいと思います。それは、“感謝の気持ちを伝える”ことです。

別れたくないし、本当は泣いて引き止めたいかもしれません。しかし、その気持ちを抑えて、今までの感謝の気持ちを伝えるのです。

相手は引き止められることを予想しているかもしれません。そこで予想外の行動を取るのです。別れをすんなり受け入れるだけでは、「そんなに好かれていなかったんだな」と思われてしまう可能性もあります。

悲しい気持ちを覆い隠す必要はありません。目に涙を浮かばせながら感謝の気持ちを伝える姿を見たら、今までの情もあることですし、「こんないい人を振ってしまったんだ」と思うでしょう。

振られたその場で自分の感情をコントロールするのは難しいでしょうから、できなければ後で手紙を出すという方法もあります。

振った側と振られた側、よりつらいのはどっち?

“失恋から立ち直る”というように、振られた側のつらさがフォーカスされることは多々ありますが、振った側も楽なわけではありません。

振った側は、別れを告げるに至るまでに大いに苦しんでいます。できるだけ傷つけずに別れるにはどうしたらいいか、今まで一緒に困難を乗り越えてきた相手を本当に振ってしまっていいのか、悩み苦しんで出した結論なのです。また、振った後もずっと罪悪感に苦しめられるかもしれません。

振られた側には、相手のタイミングで突然別れを告げられたことにショックを受け、気持ちの処理が追いつかないというつらさがあります。

しかし、相手が出した結論ですから諦めるしかありません。また、別れた直後に新しい恋人と付き合うにしても、振られた側のほうが罪悪感を感じにくいでしょう。

お互いつらい状況ですが、時に別れはしかたのないものです。変な別れ方をして嫌な思い出を増やしても、何もいいことはありません。こういうときに自分本位にならずに行動できる人が、次の恋愛でもいい付き合いができるのではないでしょうか。


「振った後に復縁する方法」や「振ってきた相手を後悔させる方法」などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

別れはさまざまな感情を引き起こすと思いますが、一時の感情に任さえて行動してしまうのは危険です。相手を見返したい! 後悔させたい! と思うのも無理ないですが、まずは相手ではなく、自分が幸せになることを考えましょう。

(恋愛jp編集部/佐藤)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (191)
  • うーん (70)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする