あの頃に戻りたい…!? 女性が別れた後に後悔したキッカケ8つ

彼と別れて後悔してしまったことはありますか?
いつ、どのようなときに彼と別れたことを後悔してしまったのでしょう。

たくさんの複雑な感情が入り混じっていることと思いますが、できることなら別れる選択を後悔しないようにしたいものですね。
今回は彼と別れて後悔してしまったシチュエーションを8つと、さらに今後どのように心がければ別れることを後悔しないようにできるかをお伝えしていきます。

(1)自分自身に心残りがあったとき

『元カレとは喧嘩別れで、ちょっと衝動的すぎた部分もあったのですが、思ってたことはもっとたくさんあったし、きっちり話し合ってたら違った結果があったかもしれないと思ってしまいます』(28歳/販売)

別れる前にもっと言いたいことがあった、本当は別れたくなかったのに別れることになってしまった……なんて経験はありませんか?
何かしら不完全燃焼な想いが残ったままで別れてしまうと、彼との別れを後悔しがちです。

(2)次の彼と上手くいかないとき

『他に気になる人ができて、別れてしまいました。でも、その人のことを知れば知るほど、元カレのほうが自分に合ってたな~と後悔……。今となっては遅すぎますね』(24歳/フリーター)

元彼のことがキライになったわけではなかったけれど、他の男性を好きになってしまったから別れることにしたという場合に多くあるパターンかもしれません。
男女関係は可もなく不可もなくといった間柄になってくると空気のような存在、すなわち「キライじゃないけれど何だかつまらない」と感じがちになってしまいます。
そんなときに魅力的な他の男性に心を奪われてしまい付き合うことになったものの何だか上手くいかない、元彼のほうが自分には合っていたのかもしれない…そう気づいたときに後悔してしまうようです。

(3)元彼の幸せそうな姿を目にしたとき

『長く付き合った元カレ。こんなダメ男に時間を割くのはやめようと思って別れたのに、いつのまにやら結婚してたことをfacebookで知った……ちょっとだけ後悔してます』(32歳/経理)

別れることになってしまった元彼が自分と付き合っていた時より幸せそうにしていたら少し複雑な気分になってしまいますね。
さらに元彼のそばに新しい彼女が存在しているようならなおさらでしょう。
元彼にはもちろん幸せになってほしいところですが、何だか後悔してしまう女心はとても複雑ですね。

(4)周囲から元彼の良い評価を耳にしたとき

『別れてから激ヤセした元カレ。痩せたあとでカッコイイと職場でも評判に……!あ~別れなきゃよかった!(笑)』(25歳/歯科助手)

「仕事ができる人」「優しいよね」などと元彼の良い評価を耳にしたとき、別れなきゃよかったかも……と思ってしまった経験がある女性も多いのではないでしょうか。
もしかしたら「逃がした魚は大きい」だったなんてこともありそうです。

(5)自分自身を内省したとき

『相手がわるい、相手に付き合いきれないとおもって別れたけど、もう少し自分も優しくなってればよかったかも!と最近になって思いはじめてしまって後悔してます……』(30歳/保育士)

「彼とはもうムリ」と思い別れることになってしまったけれど、落ち着いて冷静になってみれば気づくことがいろいろと出てくるものです。
「そういえばワガママばかり言っていた」「自分も我慢が足りなかった」など、自分自身を客観的に省みる余裕が出てくるとこのように後悔してしまうこともあります。

(6)元彼との思い出の場所や品物などを見つけたとき

『付き合っていたときに聞いてた曲とかが、店のBGMとして流れたとき、ふと思い出して今どうしてるんだろう……と。思い出は美化されてるので、後悔はつきものですね(笑)』(31歳/企画営業)

運命とは不思議なものです。
そのときは嫌になって別れたはずなのに不意に元彼との思い出の品物を目にしたり、思い出の場所に遭遇したりするとしんみりして、つい別れたことを後悔してしまうなんてことも。

ラジオやお店のBGMから2人が幸せだった頃の思い出の曲が流れてくるとそれこそ涙ものですね。

(7)次の彼とも同じような理由で破局したとき

『元カレが仕事人間で、あまりにもかまってくれなくて別れた。そのあと新しい恋をして新しい彼氏ができたが、同じようにかまってくれなくて別れそうで……。もしかしてこれって普通のことなの!?』(26歳/司書)

元彼と別れることになってしまった原因も、次の新しい彼と破局してしまった原因も同じなら思わずドキッとしてしまいますね。
こういうシチュエーションで過去にも後悔することがあるようなら、一度自分自身をみつめなおしたほうが得策かもしれません。

(8)相手をなかなか忘れることができないとき

『どれだけがんばってもやっぱり忘れられない。新しい恋をすればいいとかよく聞くけど、いつも思い出して泣きそうになってしまう』(29歳/カメラマン)

「思い出の物を捨てることができない」「元彼のアドレスを削除することができない」「元彼に電話してしまいそうになる」など、なかなか元彼の存在を忘れることができない状態には、ツラいものがあります。
感情的に別れることになってしまったのか、不本意な別れ方であったのか……。

もし機会があるのなら心の丈を元彼に伝えてしまったほうが良いのかもしれませんね。


彼と別れることに!別れた後に後悔したシチュエーション8つをご紹介いたしました。
長い人生において新しい男性との出会いは多々あるものですが、次に仲良くなった彼とはこのように後悔するような別れは避けたいものですね。

あなたに今後訪れるであろう新しい出会いを後悔しないものにするために気をつけたいことは、感情的にならない、問題が起きれば冷静に2人で話し合うということです。
ですが人間誰しも未熟な部分があるもので、それは何歳になろうと完璧な人間になることは難しくあります。

こういったことを踏まえてお互いに一歩ずつ成長していけるような良い関係を築けるようになってみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (5)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする