映画『教授のおかしな妄想殺人』に学ぶ!妙に哲学的な人の魅力5選

【相談者:20代女性】
年上の男性を好きになりましたが悩んでいます。
頭がよくとても哲学的で面白いのですが、人見知りでとてもネガティブなので疲れます。
このままで良いのでしょうか?


みなさん映画は観てますか?恋愛jpで映画のアドバイスを担当しております利根川です。
担当といっても映画を薦めるのが僕の仕事で、お悩みと同じような経験をしている映画や1シーンをお勧めし、少しでも答えのヒントになればと思いご紹介させていただきますね。
とっておきの1本です。

映画『教授のおかしな妄想殺人』
価格 3,800円+税
発売元・販売元 株式会社KADUKAWA

★★【哲学的な人の魅力5選:1】

ロイ:「君の男性の好みは苦悩を抱えた男だ、出会った時僕も苦悩を抱えていた。」

★★【哲学的な人の魅力5選:2】

エイブ:「一夜限りの関係は多かった、ある種熱狂の中にいた。だが急に冷めた、鎮痛剤の効力を失ったんだ。憂さ晴らしすら底をつく……。」

★★【哲学的な人の魅力5選:3】

ジル:「彼に惹かれたのは、彼が魂の喪失者だからよ。人生に迷ってる。その苦悩や繊細さが夢見がちな私の心に響いたの。」

★★【哲学的な人の魅力5選:4】

ジル:「複雑な人って興味深いの。美術館や映画に行くと、独自の見解をした。ただ生気とか生きる喜びは感じなかった。だから心配で救いたかった。」

★★【哲学的な人の魅力5選:5】

ジル:「私はロイを愛していると同時に、エイブとの恋に夢中だった。彼が節度を守れば守るほど、私は燃え上がってしまう。」


さて、ご質問者さん……いかがでしたでしょうか?
これね、確かにこのエイブ(ホアキン・フェニックス)が悪い元凶ではあるんだけど、ジル(エマ・ストーン)というか、女性特有のダメ男に引っかかる典型のお話ですよね(笑)

いかんですよ~。
本当によく聞く……というかこの手の話ばかりー片想いのお悩みって。

何でなんでしょ、みんな共通するのは“周り(友人/家族)の声を聞かない”聞けないんでしょうかね。
まさに夢中で。

“わかってるけど、止められない、それが片想い”、なんて言っているそこのあなた、そんな事言っているうちは変わらないよ。
この手の解決策はね、結局自分で徐々に気づいていくしかないんですよね(笑)

だってイヤホンしてる人に何話しても聞こえないでしょ。
とりあえず、その音楽の音量を小さくしてもらうか、消してもらうか、とりあえず周りのお話を聞いてくださいな。
立ち止まって一呼吸すれば、何か気づくでしょ。

さて、映画の内容ですが僕のコラムでもお馴染みのウディ・アレン監督作品。
このウディじいさんが監督するとだいたい、20代の若い女性が主人公のおじさんに恋をする……という変な年の差恋愛話なんだよね(笑)
本当にあるんかい!?

主人公のエイブは「her/世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス、この人この手の屁理屈屋似合うね~顔も暗いし。
怠惰な出てる腹が抜群に良かった(笑)

そして「マジック・イン・ムーンライト」のエマ・ストーン、頭が良く優しくてしっかり者、まさにダメ男に引っかかる典型タイプ良く出てましたね(笑)

くれぐれも反面教師としてお気をつけ。
まずはね、信用できる友人や家族の言うことをちゃんと“聞く”ことから始めましょ。


最後にエイブ唯一の突き抜けた名言で締めましょ。

★★【哲学を突き抜けた“エイブ”名言】

エイブ:「人生を支配しろっ!!」

あとは映画観て、笑って、泣いて、きっとヒントがあると思いますよ。
ハッピーエンド目指して……。
現実は映画よりも映画っぽい。
利根川でした。

ストーリー

並外れた変人と評判の哲学科教授エイブ(ホアキン・フェニックス)が、アメリカ東部の大学に赴任してくる。
若い頃は政治活動やボランティアに熱中し、世界中を飛び回ったエイブだが、今では学問にも恋愛にも身が入らず、慢性的に孤独な無気力人間になっていた。

そんなある日、たまたま立ち寄ったダイナーで迷惑な悪徳判事の噂を耳にした瞬間、エイブの脳裏に突拍子もない考えがひらめく。
それは誰にも疑われることなく、自らの手で判事を殺害するという完全犯罪への挑戦。

すると、あら不思議、奇妙な“生きる意味” を発見したエイブはたちまち身も心も絶好調となり、ひたすら憂鬱だった暗黒の日常が鮮やかに色めき出す。

一方、エイブに好意を抱く教え子ジル(エマ・ストーン)は、まさか彼の頭の中におかしな妄想殺人が渦巻いているとはつゆ知らず、ますます恋心を燃え上がらせていくのだが……。

●ライター/利根川建一(映画専門家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする