“ぶりっこ認定”される5つのセリフとは?「許されるぶりっ子」の特徴まとめ

昔から、自分を可愛く見せるための方法として使われる「ぶりっこ」。
男性の気を引くために自分を装って可愛い子ぶる人や、その態度そのもののことをぶりっこと呼びます。

そのような手法を使う女性は、男性の中に女性を守りたいという庇護欲や、自分に従順な女性を求める支配欲があることを把握しており、男性たちが求める理想の女性を演じたります。

一般的に男性に好まれる女性の特徴とは、少し無知であり、ドジだったり天然で、女の子らしい可愛さを持ち合わせていること。
ぶりっこをする女性たちが目指しているのは、このような女性であることを男性に印象づけることです。

ぶりっこは恋愛対象?

恋愛jpでは20代~30代の独身男性150名に「ぶりっこは恋愛対象?」というアンケートを実施しました。
その結果、「恋愛対象」と答えたのは28%(42人)!
72%の男性が「恋愛対象外」と答えました。

その理由としては「友人や親の前でもされると恥ずかしい」というものが多くあがっていました。

同性からは嫌われ者の“ぶりっこ女子”、男性は「恋愛対象」or「恋愛対象外」どっち?

恋愛jpでは20~30代の独身男性を対象に『ぶりっこは「恋愛対象」or「恋愛対象外」どっち?』というアンケートを実施。 はたして結果は?ぶりっ子好き男性のホンネにも注目です!

ぶりっこが使うセリフ5選

彼女たちは男性の前でどんなぶりっこなセリフを言うのでしょうか?

(1)「よくわかんなーい」

『たいして考えもせずに「よくわかんなーい」っていうのは、おバカキャラとぶりっこのイメージ。かわいい子がやったらかわいいけどね(笑)』(22歳/学生)

男性のいる場所で地図を読んでいるとき、機械の説明書を読んだりしているとき、スマホやパソコンの操作をしているときなど、男性を頼りにしたい場面でこのように無知なふりをします。
本当にわからないという女性もいれば、実はわかるのにわからないふりをしている人も。
一人でいるときや男性がいないときにはサクサク地図を読んでサクサク操作しているかもしれません。

(2)「~買ってよぉ」

『安い駄菓子とかを「~買ってよぉ」っていってくる女子!絶対計算ですよね!!!!』(27歳/会社員)

ぶりっ子女子、おねだりをすることもあります。
大きな買い物ではなく小さなもの、たとえばコンビニでチョコとかお菓子を買ってとおねだりするのです。
これをされたら男性は断れないのでしょう。

(3)「かわいーい」

『なにをみても、とりあえず「かわいい」っていう。可愛いって言ってる自分が可愛いんでしょ、とは思っちゃいますね』(26歳/建築)

子どもや動物、小物などを見て「かわいーい」を連発してしまうのもぶりっこの特徴です。
本当にそう思っていることもあれば、男性がいない場所ではその対象にさほど興味を示さないという人もいます。

(4)「ほえ?」などのナゾの擬音語

『不思議ちゃんかな?ちょっと別世界に住んでるんじゃないかって疑いますよ』(23歳/営業)

ぶりっこをする女性はまるで少女漫画のような、可愛らしい擬音語を使うこともあります。
「は?」と言うような場面でも、「ほえ?」と言うことで天然のような可愛らしい印象を与えます。

(5)「できないですー」

『できないですーって弱々しく言われたら頼られてるって感じます。まあ、一生懸命やってて出来ないって言われるのがいちばん助けてあげたくなりますよ』(27歳/教師)

仕事を任されたときや何かを頼まれたとき、女性らしく非力な感じを出すためにこのようにぶりっこする人も多いです。
本当はできることでも、このように言うこともしばしばです。

ぶりっこだと思われないためには?

あからさまにぶりっこをする女性は、女性から反感を買ってしまったり、男性にも引かれてしまうこともあります。
ですから、なるべく周囲からぶりっこだと思われないようにしたいですね。
ぶりっこだと思われないための対処法をお伝えします。

(1)男性の前で声のトーンを変えない

『女性の甲高い声が苦手で。男性と話すときも女性と話すときも落ち着いた声の女性って魅力的ですよね』(28歳/弁護士)

女性であれば自然と、男性の前で声色が高くなってしまうかもしれません。
しかし、周囲からはそれがぶりっこと映ってしまうことも。
なるべくいつものトーンで話すよう心がけましょう。

(2)小首を傾げない

『ん?ってすぐ小首をかしげると、可愛いと思ってやってるの?助けてほしいの?って仕草を勘ぐっちゃいます』(21歳/学生)

小首を傾げることはぶりっこの典型的な動作だと言われています。
ですから、小首を傾げることはとても自然な動作なのですが、男性の前ですると周囲からぶりっこだと思われてしまいますので注意が必要です。

(3)男性に対するボディタッチを控える

『女性からのボディタッチはドキッとしますけど、好きな女性が誰にでもしてたら遊び慣れてるぶりっこだなって感じます』(29歳/会社員)

ぶりっこの使う方法として、積極的に男性にボディタッチするというのもあります。
ですが、男兄弟がいたり、男性に触れるのに抵抗のない女性は、ぶりっこをしているわけではないのにボディタッチをしてしまい、周囲からぶりっこと思われてしまうこともあります。

(4)上目遣いをしない

『簡単に上目遣いができると慣れてるなって思いますね。それしとけばいいみたいな。可愛かったらドキッとはしちゃいますけどね……』(29歳/デザイナー)

男性に対してすると、好意を表しているように見えてしまう上目遣い。
これをされたら男性も意識してしまうようです。

ぶりっこをする女性はこれをわざとするのですが、そうではないのに、もともとのクセだったり背が低いゆえに上目遣いをしてしまう女性もいるようです。
自分が無意識に上目遣いをしていないかチェックしましょう。

こんなぶりっこはOK

ぶりっこが女性から反感を買ってしまう理由は、男性なら誰からかまわず自分の可愛らしさを演出しているように見えるからです。
それが好きな人の前でだけぶりっこをしているのなら、恋をしているんだからしょうがない、と許されます。

また、女性しかいないときにもぶりっこな態度をするのであれば、それはその人の性格や個性と見なされ、「天然で可愛らしい子なんだ」と許されることもあります。


いかがでしたか?
ぶりっこだと思われてしまうセリフや行動はさまざまあります。
女友達や同僚から反感を買わないためには、自分の言動を見直して自然にそのようなセリフを言ってしまっていないかチェックしましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (4)

恋愛jpをフォローする