結婚式は総額いくら?挙式の費用&ご祝儀の相場まとめ

結婚式といえば女性の憧れです。
そのせいか、いざ挙式となるとアレコレ夢が膨らみ、できるだけ自分の希望に合う式を挙げたくなるもの。

今回は、結婚式では具体的にどのくらいのお金をかける人が多いのかをご紹介します。
※なお、この記事においては「結婚式」に披露宴を含みます。

結婚式のための貯金はいくらくらい必要?

結婚式のために実際に使われたお金は、300~350万円前後が中央値とされています。
用意されているプランは200万円台の物が多いのですが、オプションを付けていったりランクアップさせたりした結果、最終的にこのくらいの金額で落ち着くようです。

それだけの金額を貯金しなければならないと思うとうんざりしますが、結婚するということは頼るべき相手がいるということです。
大抵のカップルは結婚式の費用を分担しており、基本的には折半するケースが多いようです。
つまり1人あたりの負担額は150万円前後となります。

親からの援助があるパターンも多い?

さらにいえば、結婚式の費用を最も負担しているのは新郎新婦の親であるパターンも多く見られます。
半数以上のカップルが、双方またはいずれかの親から挙式費用を援助してもらっているとのアンケート報告もあります。

そのため、新郎新婦が実際に支払う金額はさらに少なくなります。

それでも新郎新婦がそれぞれ負担する額は、1人あたり少なくとも50万ほどと見積もった方が良いでしょう。
できれば80~100万円ほどあればより安心です。

ご祝儀でまかなうことはできる?

結婚式の費用のかなりの部分は、ご祝儀でまかなうこともできます。
しかし蓋を開けてみないとご祝儀の金額はわからないので、最初から当てにすることはできるだけは避けた方が無難です。

挙式のためのお金がない場合は、招待客を減らしたり、いっそ会費制にしてしまったりなどの手があります。
専門のウエディングプランナーさんは費用を抑える方法もたくさん知っているので、恥ずかしがらずに相談してみるのもよいでしょう。

ただし、ひとまずの心構えとして、挙式費用は350万前後が相場という気持ちでいてください。

結婚式で一番お金がかかるのは何?

結婚式を挙げる際には、必ず見積もりを取りましょう。
そうすれば、どの項目にお金がかかっているのかが一目瞭然でわかります。

一般的に、最もお金がかかる項目は「料理」です。
単価としてはドレスなどの衣装の方が高いのですが、結婚式ともなると50人以上の人を招待します。
料理自体の単価は安くても、招待客の数が多ければ当然出費は増えます。

“引き出物”のコストにも注意!

同様に、招待客が増えるにつれてかさむのが「引き出物」のコストです。
多くのカップルが頭を悩ませるポイントでもあるのですが、平均1人あたり5000円ほどのケースが多いとされています。

友人や部下の場合は少し安くできますし、目上の人であれば少し高いものを贈ったりする場合もあるようです。

引き出物ですが、人気があるのはカタログギフトです。
好きなものを選べる上にかさばらずに持ち帰れることから、利便性が非常に高いギフトです。

引き出物に迷ったらカタログギフトを選んでおくと良いでしょう。

ご祝儀はいくらもらえるの?

ご祝儀は、新郎新婦との関係でおおよその相場が決まっているので、それを目安にしましょう。

親族の場合

兄弟姉妹からは、5~10万円ほどが相場となります。
もちろんこれは、兄弟姉妹が社会人で収入がある場合です。

兄弟姉妹全員で5~10万円ではなく、それぞれが5~10万円ずつご祝儀を出すことになるので、兄弟の数によってもらえる額が変わってきます。
また祖父母や叔父叔母からも、やはり5~10万円ほどが相場となります。

友人・会社関係の人の場合

その他の関係者、つまり会社の同僚や友人の場合は、平均3万円が一般的な額です。
たとえば、友人を合わせて30人ほど招待する場合は、90万円ほどのご祝儀が集まるということです。

ただし、会社の上司からの場合は、5万円ほど包まれる場合も多くあります。


結婚式を挙式する際には様々な費用がかかります。
見積もりを取ったとしても、希望の式にするためにはそこからさらにランクアップする場合が多く、結局は想定よりかかってしまうケースが多いのが実情です。

本記事に記した金額を参考にしつつ、できればそれ以上の額を結婚資金として貯金しておくことをおすすめいたします。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする