破局の原因にも!? 同棲中のカップルがケンカする原因5つ

愛する彼との同棲生活……しかし、一緒に住むとなるとケンカも増えてしまうようです。
中には、同棲中のケンカが原因で別れてしまう……なんてことも。

そこで今回は、「同棲中のカップルのケンカのうち、将来を左右する致命的なケンカの原因」をいくつかご紹介します。

(1)家事をまかせっきりにしている

『ご飯も洗濯も掃除も全部わたしがやってる!しかもそれが当たり前になってる現状に、私はあなたの母親じゃないって、すごくイライラしちゃうこともある』(29歳女性/事務)

一緒に住む場合、家事などは2人でよく話し合って平等に分担すべき。
しかし、実際は彼氏の方が彼女にまかせっきりにしている場合が多く、彼女側の大きな不満に。

どんどん不満が溜まった結果、そのままケンカして別れてしまう……ということが少なくありません。
家事はカップルの片方にばかり任せず、2人でちゃんと分担してこなすようにしましょう。

(2)彼女の家事に文句を言う

『放っておいたら片づけないからこっちが掃除してるのに、「もう少しこうしたら?」とか言われたときはブチ切れました(笑)だったら自分でやれって!!』(25歳女性/アパレル)

「ちょっと掃除の仕方が雑じゃない?」など、家事に細かい注文を付けてしまうと、これまた彼女のストレスはMAX!
せっかくやってあげてるのに、文句を付けられるのではたまりません。

家事をやってもらっている方はそのことに感謝して、なるべく細かいことには目をつぶってくださいね。

(3)無断で他人を家に入れる

『仕事で疲れて帰ったら、彼女が友達を呼んで家でホームパーティをしてた。別にいいんだけど、せめて事前に言っておいてよと……』(30歳男性/建築)

2人で一緒に住んでいるのですから、他人を家に入れるときはちゃんと相手に了承を取るべき。
しかし、「友達ならいいでしょ」と勝手に家にあげてしまうと、パートナーとケンカになってしまいます。

特に異性の友達だったりした場合、相手の逆鱗に触れてしまいかねないので注意が必要です。

(4)連絡をおろそかにする

『同棲前は頻繁に連絡をくれてたのに、いまではいつ帰るかも連絡がない!夜ご飯つくっておいたのに「食べてきたからいらない」とか言われるとせつない』(24歳女性/飲食)

同棲していると、相手の帰宅する時間がどうしても気になるようになります。
もしも相手が連絡もせずに朝帰り……なんてことになれば絶対にケンカは免れません。
さらに、連絡無しで帰りが遅いとなると、浮気の可能性を疑ってしまいますよね。

「ちょっとくらい大丈夫」と思わずに、帰りが少しでも遅くなりそうだったら連絡は欠かさないようにしましょう。

(5)金銭感覚が合わない

『彼女の買い物の量がすごい……。「貯金しないの?」って言ったら怒りそうだけど、そんなに服とかアクセサリーばっか買ってて将来大丈夫?っておもっちゃう』(28歳男性/WEBデザイナー)

金銭感覚が合うかどうかは、同棲するカップルにおいてかなりの重要事項。
特に同棲するとなると結婚も視野に入れた付き合いであることが多いので、相手の金銭感覚は気になります。

もし、同棲して相手の金遣いがかなり荒いと分かったら、結婚する気は失せてしまいますよね。


大好きな相手と一緒に住むことは素敵ですが、相手の悪いところが見えてしまうことも多々あります。
同棲中にケンカをしたくないなら、相手への感謝を忘れずに日々思いやりを持って生活することが大切です。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする