「恋の終わり」か「駆け引き」か?彼が音信不通の理由8つ

大好きな彼と連絡が取れない……。
そんなことを考えたくもないし、考えられませんよね?

どうして?私何か悪いこと言ったかな?傷つけるような態度をとってしまったかな?
など、不安や混乱、焦りや虚無感、ありとあらゆるマイナス思考が降って湧いてきます。

そんな彼の“音信不通”の理由をまとめていきます。

(1)別れる強行手段

『音信不通になれば、向こうも諦めてくれるんじゃないかって思うから。話し合うのも面倒なときは、最終手段として使います』(22歳男性/大学生)

一番辛く、一番知りたくない理由ですよね。
どうしてそこまでするのか。

別れるというのは、やはり双方に理由があると思います。
でも、連絡を断つというやり方は、もはや最終手段

付き合い始めのように彼の話を一生懸命聞いたり、嫌われないようにキレイにしたり。
マンネリは別れへの近道となってしまいます。

つきあい方を見直して、彼からのサインがなかったか、彼の嫌がることをしなかったかなど振り返ってみましょう
それから、連絡を取るか、諦めるかの決断をしましょう。
はやとちりは、失敗のもとです。

(2)少し時間を開けたい

『頻繁に連絡を取るのは実は苦手……しばらく彼女に合わせて、彼女とばかり会っていたので他の人と過ごす時間も欲しくなりました』(25歳男性/会社員)

男性と女性は、違う生き物です。
ということは、考え方や感じ方も違う可能性は十分ありえます。

恋人ができると、毎日会いたい、週に数日会えたら、週に1回でいいかな……。
など人によってさまざま。

付き合う前後で分かる場合もありますし、話し合うこともありますよね。
双方の付き合うペースが違うと、会うのがしんどくなってきてしまいます。

付き合いが長くなってくると、二人の想いに差がでたり、逆転したりということも。
その都度、相手のことを理解する努力をしないと、突然の音信不通、彼の感情の停止ということにつながります。

そういうことがないように、日頃からコミュニケーションに注意しましょう。

(3)自然消滅

『もう会いたくないし、会話も連絡もしたくない……そういう時に相手には悪いとも思いながらも音信不通にしてしまいます。自分の気持ちを伝えてまたややこしくなるのも面倒』(29歳男性/営業)

気持ちが冷めたけれど、伝える勇気がない……という気の小ささから、別れを選ぶ手段として選択することがあります。

もしくは、伝えるのも面倒だ、連絡もしたくないと完全に相手のことを思いやる気持ちが失せている可能性もあります。

どちらにせよ、自然消滅という別れ方は無責任かつ自己都合、身勝手な行動です。
自然消滅を選ぶ人は、前日まで普通だったとか、デートを楽しくしていたのにとか、突発的に連絡を途絶えることが多いようです。

人の気持ちは、その人にしか分からないものですが、とても寂しい結末にかわりはありません。
次の恋に向けて、気持ちを新たにしましょう

(4)人と距離を置きたい

『休みの時くらい、一人になりたいなって。彼女が悪いとかそういうことではないので、少し放っておいてくれたら良いんです』(31歳男性/販売員)

この場合は、特定の人といった理由ではなく、人全般ということのようです。
このような行動をとるに至るまでは、様々な悩みや葛藤があるといわれています。

ただでさえストレスが多い現代社会。
人付き合いも最近は希薄になってきたり、恋人さえ欲しいと思わない人も少なくないとか。

人と会うことにストレスを感じるというのは、相当参ってる気がします。
なので、待つしか方法がありません。
自分にだけ拒否的なのではないことを理解し、相手の気持ちが落ち着くまで待ってあげましょう。

(5)携帯が面倒

『仕事でもプライベートでも携帯を気にすると、自分の時間がなくなる。途端に面倒になるときもあります。かと言っていつまでも携帯から離れてはいられないので……休日が終わったら、とかある程度時間が経ったらまた連絡とれるようにはします』(33歳男性/教育関係)

これは現代病とも言えることですが、携帯依存は多くの人が感じていることではないでしょうか。
携帯依存を実感する出来事、それは、壊れた時です。
世界が終わったような、何も出来ないような、そんな虚無感に襲われます。

でも、毎日当たり前に生活の中にあるツールに疲れてしまうことも理解できます。
これも、誰か特定の拒否ではなく、連絡を取る手段、ツールを一時的に遮断している可能性があります。
しかし、これは長くは続きません。
大きな心で待ってあげましょう

今の社会では当たり前のように、携帯に連絡が来ます。
それをなくしてしまうというのは、相当の覚悟というか根本からの考え方を変える必要があります。

(6)仕事

『仕事が忙しい時には、連絡する時間がないのでわざとではなく、音信不通になってしまいがち。仕事が一段落するまで待っていてほしい』(29歳男性/インテリア関係)

仕事に関しては、様々なジャンルがあるため一概には言えません。
しかし、これはお付き合いやお付き合いするまでに、わかる場合が多いです。

音信不通の期間にもよりますが、突然の出張や仕事の内容で連絡できないことは理解出来ますよね。
そういうお仕事をしていると理解はしていても、いざ、音信不通になるととても不安ですよね。

安心してください。
彼は一生懸命お仕事をされています。
そういう彼にしてはいけないこと。

それは、しつこく連絡すること。
心の大きな女性であることをアピールするのです。
お仕事に理解がある女性は男性にもモテますよね。

(7)甘え

『彼女なら許してくれるだろうって、彼女への連絡を後回しにしてしまうこともしばしば……悪いとは思っているけれど、彼女だからこその甘えがでちゃう』(31歳男性/プログラマー)

付き合う前はわからなかったけど、付き合い始めてからわかることってたくさんありますよね?
まさか、音信不通につながるなんて、夢にも思いませんよね。

意外と男性もヤキモチ焼きだったり、束縛したがったりします。
そして、自分の身内や恋人に対しては甘えがあることが多くあります。

「釣った魚に餌をやらない」と通じる部分があるかもしれませんが、大丈夫だ、居なくならない、といった安心感が、甘えとしてでてくるのかもしれません。
甘えからだとしても、音信不通は傷つくし納得できる理由ではありません。

連絡が取れるようになったら、一度ゆっくりお話をしてみましょう

(8)好きすぎるがゆえ

『彼女は自分のことが大好きだし、自分も彼女のことが大好きなので、多少音信不通にしても大丈夫な自信があります。というか、音信不通にした方が次に連絡した時喜ぶんじゃないかなって思います』(20歳男性/大学生)

甘えと似ている部分があるかもしれないけど、少し違う部分は理由が濃く深いということです。
いろんな恋や愛の形がありますが、自分の存在を理解させる、わざと突き放して離れられなくする、といったカラーの濃い内容です。

一つの放置プレイといってもいいかもしれません。
放置された方はたまったものじゃないですけれど……。

こちらは、どっちかというとラブラブではないかと思われますが、少しでも傷がつくことがありますよね。
少し歪んだ愛情表現かもしれませんが、2人がそれで幸せならいいでしょう。


深刻な状況から、少し行き過ぎた愛情表現のようなものもありましたね。
人間関係全てに言えることかもしれませんが、コミュニケーションはとても大事です。
相手の少しのサインや違いを見逃さず、お互いの距離感や大事にしたいものを把握して、素敵な日々を過ごせるように努力は必要不可欠ではないでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする