その褒め言葉、下心がみえみえかも!? 男心をつかむための自然な会話術4つ

恋愛ハウツーあるあるといえば「相手を褒めろ!」
打つべし!打つべし!打つべし!とあしたのジョーのように「素敵ですね!」「その服かっこいいですね!」「車カッコいい!」なんて恋愛のジャブを打っているのに、一向に相手が嬉しそうな顔をしない……。

いや、一応笑っているけど、曖昧な笑顔でなんだかぎこちない……。
全然手ごたえを感じない……。

そうです、私、ライター白鳥は彼に気持ち悪いと思われていたようなんです。

一時期は半狂乱になり、彼を否定しまくってツンツンでいけばいいの!?
と、夜の12時に「ライン返してこないなんて最低だな!」とメッセージを送り付けそうになりましたが、ある本を読んで「そ、そうだったのか……」と愕然としました。

褒める、といっても褒め方がちゃーんとあったのです!!

小手先の褒め方=服屋の店員の「お似合いです!」と同じ

『スパルタ婚活塾』の著者・水野さんは婚活女性の会話は不自然だ、といいます。

それは、婚活女性が口にしているのは『本音』ではなく、その背後に目的があるからなのだそう。
その目的とは―――「男に気に入られたい!」という心。

ギャフン!その通りです。
私も男性に気に入られたい一心で時計だの車だの褒めまくっていました!

水野さんによると、この下心が透けて見えると、男性は「不自然で気持ち悪いな……」と思ってしまうそうです。
その例として、水野さんは服屋の店員さんを挙げていましたが……わ、分かりやすい……。
そして、非常に哀しいです。

60㎏超あるたぬき体型の私が前の閉まらないジャケットを着た時、「とってもお似合いです!」と言った服屋の店員さんを思い出しました……。

会話を楽しむ姿勢が大事。褒め方は自然であれ!

では、一体どんな会話をすればいいのか。
水野さんは『ウソ』を挟まない会話が重要だといいます。

そして、『自然なポジティブさ』が重要であるとおっしゃっていました。

(1)周囲に人がいないときに話しかける(空気を読む)
(2)会話そのものを楽しもうとする
(3)表情に愛嬌を。声のトーンは明るく
(4)ウソを言わず、本音で話す

以上のことを実践すれば、男性も楽しく話せるのだそう。

たしかに……私の行きつけのお店のお姉さんはこれを実践していらっしゃいます。
この前、二か月ぶりにお店に行ったら「こんにちはー!お友達と東京旅行、どうでした?」と以前話したことをニコニコ話してくれて嬉しかった思い出が。

こういう何気なく「あなたに興味があるんです。だから、話も覚えていました」みたいな態度があると、急激に好きになっちゃいそうですよね。

とはいえ、これはかなりコミュニケーション力が要されるものです。
引きこもりの私にはとても難しい……。

そこで、水野さんはこんな提案をしてくれています。
『自分の肩書が通用しない場所でコミュニケーションの機会を増やす』
ガーン……。

肩書の通用しない場所でコミュニケーションって、疎外感が半端ない気が(水野さんのこの作戦名はズバリ『アウェイ理論』というそうです)!
彼氏を作る旅に出る前に習い事でも始めてみるべき……?


【参考文献】
・『スパルタ婚活塾』水野敬也・著

●ライター/白鳥カヨ(ホラー小説家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (5)

恋愛jpをフォローする