あからさまな誘いにドン引き!! モテない男性がやりがちな行動3パターン

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

モテないのはモテない理由があるから……とは周知の事実ではあるのですが、女性がモテない理由と男性がモテない理由、って違う点も多いのです。
安定した職業、見た目も普通……そんな男性がモテない、と嘆いているのもよく聞く話。

というこうことでモテない男性の特徴をリサーチしてみました。

誘い方が下手

『別に全然性格も顔もアリかな、と思っている男性でも、いきなり「今日終電すぎまで大丈夫?」とか誘ってくると、どんなにアリでも軽い女には見られたくないし「嫌」としか言いようがない。むしろ誘い方が下手すぎてコイツは断られるために誘っているではないか?とさえ疑ってしまう』(20代女性/医療事務)

モテるかモテないかの別れ道は“誘い方”

誘い方が下手であれば、どんなに見た目が普通でもモテない道をこれからもずっと歩んでしまうことに。
特に最初のデートなのに下心を丸出しにしたような誘い方をしたり、自分が誘ったくせに日取りや場所が全然決まらず右往左往で、時間が経てば経つほどあっちに“もうなんだか会うのが面倒になってきた……”と思わせてしまうことも。

下心を丸出しにした誘い方は女性側も遊び人とは思われたくないため(または遊ばれるだけの人になりたくない)、「嫌」としか言いようがないのです。
また誘ってきたくせに次のデートは一か月後しかダメ、場所もなかなか決まらず……ではもう忘れられてしまいます。

とにかく誘ったらその後は敏速に日取りを勝手に決めてしまう、これがモテ男の必勝法。
“この日かこの日”という候補をだして「この中から都合のいい日選んで」と“相手に断るという選択肢を与えない”ということと、“熱が冷めないうちにパパッと次に会える日を決める”ということは大切。

モテない男性はこれができてないケースが多いのです。

モテないからますます自分を卑下してしまう

『モテない男性は成功経験が少ないからどこか悲壮感が漂っている。もっと自分に自信を持とうよ、と励ましながら、やはりオスとしては見てあげられない』(20代女性/SE)

現実はどうであれ男性は“根拠のない自信”を持っていた方がまだモテる傾向に。

どんなに振られようが“たまたまその女性とは縁がなかった”と前向きに考えられる男性の方が、失敗を恐れずガンガン口説けるので数撃てばあたる、というのもあり彼女は途切れないのです。
ただ問題は一度の失敗が尾を引いてしまうタイプ。
“やっぱり振られたのは外見が……”“俺がモテないのは性格が……”とどんどん自分を追いつめてしまえば、その自信のなさは女性にも伝わってしまいます。

女性はやはり自信がある(ように見える)男性が好きなので、それだけで女性を遠ざけてしまう原因に。
また「俺がモテないのはなんでだろう?」なんて女性側に泣きごとを言うようになってしまえば、女性はその相手を男性として見ることができません。

もちろん“モテない”という嘘を手法に、女を落とす高度なテクニックを使う男性もいますが、それはある程度外見、話術がある人のみが成功する方法。
“モテないの、わかるわ~”とスンナリ納得できるような人が「モテない」と嘆いても、切実すぎて悲しくなるだけ。

理想を明確化しすぎてしまう

『婚活パーティでいきなりノートを取り出してチェックしているのを見た。何が書いてあるかと思えば“自分の理想の女性像”。相手と照らし合わせてチェックしているみたいで、もうその時点で完全にナシ』(30代女性/営業)

男性にありがちなのが“自分の好きなタイプを分析、明確化しようとすること”
ノートに書き出すまではいかなくても分析好きな男性の性か、好きなタイプ……つまり顔はこういう系統がいいとか(しかもたとえが芸能人)、スタイル、胸の大きさ、性格はどんな性格かと“自分の好きを頭の中で徹底的に突き詰める”のです。

でも現実、そこまで自分のストライクゾーンを狭めてしまうと、自分で自分の首をしめることに。
自分の好き、を分析すればするほど理想は高くなるばかりなのです。

好きとは感情が教えてくれるもので、先に明確化してしまうと言葉の印象の方が頭に残りすぎて、そこに固執してしまう傾向に。
その上自分の感情が理想に隠れて見えてこなくなってしまうことも。

願いを叶える方法の一つとして“書き出す”というのはいい方法でもあるのですが、まず理想の女性を書き出してチェックしている行為自体が男気を感じず受けつけない、と思う女性も多いのではないのでしょうか……。


モテる人だって皆にモテるワケではありません。
だからこそモテない人だって一人の人が好きになってくれる場合だってあります。

ただあまりにも全敗、またはもう恋愛するのがこわくなっている、という事態であればモテる男性に助言を頼んだ方がいいかもしれませんね。

特に男性は変なプライドのせいで恋愛相談を嫌がる人も。
でも他人に見てもらうことによって自分が見えてないところが見えてくることもありますよ。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする