男の独占欲に注意! 嫉妬してしまう理由とその対処法

好きな女性を独り占めしたいという男性の気持ちって女性にとっては「私を好きなのね!可愛いもんだ」と感じる一方で、あまりに過度な独占欲は女性からするととっても迷惑な話ですよね。
そもそも独占欲というのはどんな男性の心理から生まれるものなのでしょうか?

また時に女性が面倒くさいなと感じてしまう男性の独占欲克服法についてもご紹介しちゃいます!

独占欲が生まれる心理とは?

(1)そもそも独占欲が本能的に備わっている

『付き合う前から、俺以外に興味示すなと言われて、男友達と遊ぶと怒られたり、少し怖かったです』(25歳/看護師)

古く人間は男性は狩猟、女性は男性が不在の間家を守るという生き方をしていました。
そんな獲物を追いかけて捕まえるという本能は今でもしっかりと男性に備わっているので、獲物=女性となり獲得するまでは「こいつを我がモノにする」という独占欲がどうしても働いてしまいます。

なので女性を自分のモノにするまでには、どんどん独占したい気持ちが強まるのです。

(2)他の男性に取られたくない

『彼が告白してきたとき、私のことを彼の友達も好きでいてくれたらしく、あからさまに敵対心むき出しな態度。
アイツの連絡先消して、ブロックしてなどと言われましたね』(29歳/事務)

本能的に女性を得ようとする心理は、意中の女性を他の人に取られたくないという思いへとつながります。
せっかく苦労して取った獲物を他に取られたくない、他の男性との競争でも勝ち抜いて彼女を自分のモノにしておきたいのです。

(3)自分に自信がない

『彼は束縛が激しく、更に自分のことを好きかと毎日聞いてきます。自分に自信がないみたいです』(28歳/カフェ店員)

自分に自信がない男性は、彼女が「自分よりもカッコいい男性の方が良くなったら捨てられる!」「高収入の男性がいたらそっちにいってしまう」なんていつも不安な気持ちを抱えているものです。
そんな不安がなんとしても彼女を俺のモノにしておきたいという独占欲へとつなげるのです。

彼女が自分を捨ててどこへも行かないという確証を持てない以上は、独占欲が消える事はありません。

(4)過去にトラウマがある

『元カノが浮気性でとっても苦労したらしく、私が何を言っても常に疑う気持ちは消えないみたいです。
信用されていないみたいで少し残念ですがしょうがないのかなと……』(25歳/アパレル関係)

以前付き合っていた女性に浮気をされたなどの傷を持っている男性はどうしても今の彼女への独占欲が激しくなりがちです。
浮気をされた過去がある以上今の彼女の行動や人間関係もすべて把握したいという気持ちにもつながり、彼女が友達と遊びに行くと言うと「友達って誰?」「何時に帰るの?迎えに行くよ」なんて彼女を束縛しがちな一面もあります。

(5)彼女をすべて知りたい

『私の彼氏は友達のことから家族のことまで、根掘り葉掘り聞いてきます。何か隠してることない?ともよく言われます』(28歳/事務)

男性というものは好きな女性のすべてを知りたいものです。
もちろん女性の秘密にしたい体の部分や事柄だってどんどん知りたいもの。

知らないという部分があるというのがさらに男性の「この子の事をもっと知りたい」という心を加速させ独占欲に繋がるのです。

独占欲を克服する方法

(1)彼女以外の趣味を持つ

『最近フットサルを始めた彼。以前は少々重く感じていたのですが、そこで仲間ができたり、運動をすることで前よりさっぱりした性格になったように思います』(30歳/薬剤師)

独占欲が強い男性はついついいつも彼女の事ばかり考え依存している場合も多く見られます。
でも実際彼女以外にも楽しいことが世の中にはたくさんあるので、彼女以外に集中できる趣味を持つのがおすすめです。

男性だったら車の事や漫画の事、スポーツでも良いでしょう。
スポーツだと体を動かしてリフレッシュもできるので彼女の事を忘れて没頭出来る事間違いないです。

(2)彼女以外の人と行動する

『彼は会社の同僚との飲み会もすべて断り帰宅してきていたので、行かなきゃだめだよと半ば強引に行かせたら、同僚と意気投合し、私以外とも会うようになりました』(29歳/会社員)

独占欲が強い男性は仕事がない日や暇なときは常に彼女とデートなんてことも見られます。
そんな時は友人と飲み会をしたり、映画に行ったりすると良いでしょう。

彼女とは出来ない楽しみ方で「なんだ男同士も楽しいじゃん!」と気持ちのリフレッシュにもなりますよ。

(3)相手の立場に立っても物事を考える

『「私の立場にもなってよ」言われ、冷静に考えて、自分が彼女にしていることを逆にされたら自分は耐えられないかもと思い反省しました』(24歳/会社員)

独占欲の度が過ぎて束縛になっている男性の場合は、一度相手の立場で考える事が大切です。
例えば浮気を疑い常に彼女のケータイをチェックしているのならば「自分がいつもケータイを監視されているのはどうなのか」「遊びに行くときいつも誰とどこで何時までいるのか報告するのはどうなのか」と客観的に考えるのです。

束縛男は相手に厳しく自分に甘いというケースも多くなるので、独占欲を克服したい男性は今一度自分自身を振り返りましょう。

(4)自分に自信を持つ

『彼女が好きでいてくれているということを実感し、徐々に自分に自信が持てました』(28歳/自営業)

自分に自信が持てていないと常に彼女が誰かに取られてしまうのではと不安な毎日を過ごしてしまいます。
でも実際彼女はそんなあなたを選んで付き合っているわけなので、自分に自信を持ちましょう。

世の中には自分よりもハイステータスな男性はたくさんいますが、上を見てもきりがありません。

それよりも自分の良い面を見つける事が大切です。
例えば自分は与えられた仕事はキッチリとこなす真面目さがある、顔がイケメンではないけれど筋肉はいい感じだなど探せばいくらでも良い面が誰でもあるものです。

もし何もないなと感じても大丈夫です、自分磨きをして自信をどんどんつけていきましょう。


男性は少なからず独占欲は誰でも持ち合わせているもので、独占欲は男性ならではの女性を自分のモノにしておきたいという心理から不安な気持ちまで関係しているのですね。
そんな独占欲は努力次第で克服する事も可能です、独占欲がありすぎて困っている男性にはぜひ試してもらいましょう。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする