「今どうしてるかな…」初恋の人に会いたくなる7つの瞬間

「初恋の人に会いたい」なんて気持ちになった経験はありませんか?
いくつになっても、女性にとって初恋の人は特別な存在ですよね。

何かのきっかけで当時の淡い記憶が蘇り、無性に懐かしくなって余韻に浸る時間も楽しいものです。
今回は、そんな初恋の人に会いたくなる瞬間についてまとめてみました。

(1)初恋の人の写真を発見したとき

『わたしの初恋は小学校3年生の時でした。卒業アルバムを見返した時にふと、その人のこと考えちゃいます』(22歳/大学院生)

大掃除や引っ越しなどで、普段はなかなか開けることのないキャビネットや箱を開けると、その奥底から昔の写真や卒業文集が出てくることがあります。
その懐かしさについつい手を休めて、見入ってしまうといった経験をしたことがある人は少なくないはずです。

その中に初恋の人の写真などを見つけた瞬間、彼に会いたいという気持ちが自然と湧きあがります。

(2)夢に初恋の人が登場したとき

『夢に出てくると、夢から覚めたあともすごく気になるんですよね!しかも何年も前の初恋の人なんか出てきたら現実の世界でなにかあるんじゃないかと期待しちゃう』(26歳/事務)

誰しも1度は、初恋の彼が夢に登場したことがあるのではないでしょうか?
夢は潜在意識の表れともいわれています。
夢に彼が出てきたということは、彼のことが気になっており、「会いたい」と心の奥底で思っているからです。

(3)学生時代の共通の友人と話をしたとき

『地元の友達と飲んでいた時に、当時の話になって誰が好きだった~とか今だから言えるような話をして当時を思い出すと、すごく懐かしくて会いたくなる』(24歳/ショップ店員)

学生時代からの友人と飲みに行くと、当時の話題になることが多いですね。
お酒がすすみ酔いが回ってくると、初恋の話題に……というのは王道パターンです。
酔っていることもあり、友人と解散して1人になったときに、寂しくなり人肌恋しくなって無性に初恋の彼に会いたくなってしまうこともあります。

(4)思い出の場所を訪れたとき

当時通っていた地元の学校など思い出の場所を訪れたときに、ふと気になるのは初恋の彼のことです。
特に、場所というものは当時の思い出をより鮮明に思い出させてくれます。

まるで、目の前に初恋の彼が今にも現れそうな感覚にとらわれるものです。

(5)思い出の音楽を聴いたとき

『卒業式で歌った曲が流れてくると、自然と今でも初恋であり人生初の彼女との思い出が……青春していたな~としみじみしますね』(26歳/営業)

当時流行っていた曲や、初恋の彼と協力して成し遂げた、学校祭のテーマソングなどを聞くと、初恋の人を思い出します。
いまの恋愛に疲れたときには懐かしの音楽を聴いて、当時の甘く切ない懐かしい思い出に思いを馳せるのも良いですね。

(6)SNSで初恋の人を発見したとき

近年はFacebookやInstagramの普及により、懐かしい昔の友人と再び繋がりを持てる機会が増えています。
初恋の彼を検索して見つけたら、ついつい「彼はフリーかな?」などと気になり、彼の投稿を見てしまうものです。

彼に特定の相手がいない様子なら、勇気を出して「久しぶり!元気にしてる?」などとメッセージを送ってみるのも良いですね。

(7)同窓会の案内状が届いたとき

『わたしの地元は中学受験をする人が多く、わたしの初恋の人も受験をして私立の中学校に行き、私は地元の中学校……もう会う事もほぼないだとうろ思っていましたが、成人を機に同窓会を開こうとなり最初に頭に思い浮かんだのは彼でした』(21歳/大学生)

同窓会の案内状が届くと、大抵の女性は「初恋の彼は来るかな?」と気になるものです。
「どんな大人になったかな?」「どんな仕事をしてるのかな?」などと、想像は膨らみます。

初恋の彼は来なかったとしても、懐かしい旧友と再会できる同窓会はとても楽しいものです。
同窓会に行ったことがない人は、この機会にぜひ参加してみることをおすすめします。


人生で一度きりの甘く切ない初恋。
それは、大人になってもふとしたきっかけで思い出してしまうものです。

「初恋の彼はいま何をしているのかな?」「会いたいな」と思うのは自然な感情です。
初恋の彼を思い出すということは、彼に会いたいと心のどこかで願っているのです。
もしかしたら、彼はいまフリーかもしれません。

たとえ、彼が結婚していたとしても、その事実を知ることで、あなたの中で初恋へのケジメを付けることができ、素敵な思い出として心の中で永遠に生き続けることでしょう。

もし、彼に会うことができるのなら、勇気を出して会って当時の思い出話に花を咲かせるのも良いのではないでしょうか。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする