結婚率の高い合コンをセッティングする時に心がけるべきポイント3つ

【相談者:20代女性】
今年、社会人になってから会社の先輩に合コンに誘われたり頼まれたりで参加する機会が多くなりました。でも、先輩は婚活中で月に何回も合コンをしているのに、一向に結婚する気配がありません。私にとって合コンは遊びな感じのイメージなので、がんばっている先輩をみると少し複雑な気持ちになるんですが、先輩は合コンから結婚に発展することもあると言いきるんです。

あまり理解できなかったんですが、どうしたら合コンから結婚につながるんでしょうか? 幹事もよく頼まれるので気になります。

a 結婚率を上げる合コンセッティングの3つのポイント!

こんにちは、田中あづみです。先輩の結婚活動を応援されてのご質問ですね。ありがとうございます。

「合コンは結婚につながるのか」というテーマは、私が主催する“未婚化研究会”でも議題にあがったことがあります。合コンから成婚にいたるというイメージは、身近にそういった人がいない限り、なかなかしにくいものですよね。

しかし「夫婦の出会いのきっかけ」として、国立社会保障・人口問題研究所の2010年の調査では、1位が「友人やきょうだいを通じて」(29.7%)、2位が「職場や仕事を通じて」(29.3%)と発表されています。2002年までは「職場や仕事を通じて」が1位で職場婚が主流でしたが、今では「友人やきょうだいを通じて」の方が多くなっているのです。

すると、合コンは「友人を通じて」一度に複数人と出会えますので、今、結婚活動の一つとして活用する先輩の気持ちも想像できるのではないでしょうか。

それでは、具体的にどのような合コンをセッティングすれば結婚につながるのでしょうか? 今回は、ブライダルセラピストの私、田中あづみが“成婚に近づく合コンのポイント”をご紹介させていただきます。

ポイント1「合コンのチームの目的を把握する」

合コンの参加目的は恋人をみつけたいから? それとも友達をつくりたいからでしょうか?

異なった目的のチームとばかり合コンしていたら結婚が遠回りになることも……。

そこで合コンする目的を、以下、A〜Cに分類してみました。

(A)親睦会目的

会社の同僚や大学時代の友人たちとの親睦を図ることを主な目的としたもの。

(B)接待目的

会社の上司、同業他社やお取引先の人を交えた、仕事の接待を主な目的としたもの。

(C)出会い目的

幹事の知り合いで集まったメンバーによる、出会いを主な目的としたもの。

AとBは出会いを主な目的としていないため、既婚者が交ざっているケースがしばしばあります。婚活パーティやお見合いのように独身証明書の提出が求められることがないので、『既婚者かどうかを見抜くテクニック「三高」でモテそうな男性に奥さんや彼女がいるかを見抜く方法』をご参考にしていただき、Cのチームも、求めている出会いが結婚をゴールにしているとは限らないことを念頭においてください。

また、目的を把握するためには、合コンの発起人にA〜Cのどの目的に当てはまるかを事前にお伺いするようにします。A、B、Cの全てを兼ねて行う会なのか、Cだけを目的にした会なのかがわかるだけでも結婚活動には有効的ですし、Bを目的にした会ならば、お声がけするメンバーを考慮すると感謝されるものです。

ポイント2「合コンのメンバーをヒアリングする」

ポイント1でチーム全体の目的を把握したら、続いてはメンバーについてです。

事前に相手チームの構成員を確認するのは結婚活動においては重要ですよね。A、Bのチームと合コンするケースでも、相手の幹事にヒアリングしておきたいことは以下となります。

・既婚者と未婚者の比率
・“交際相手がいる“と“交際相手がいない”の比率
・マッチしそうな異性のタイプ

など。

このヒアリングをCのチームの幹事にすると、仲人のようにキャスティングに協力してくれることも! 逆に、AやBチームの幹事ですとヒアリングを面倒に感じる場合もありますので、強引な要望は避けるようにしましょう。

ポイント3「合コンという出会いをつなげて広げていく」

合コンの依頼やリピーターを増やしてマーケットを拡大し、目的にあった相手チームを厳選することでゴールの確率は高まります。

特に以下の点を意識し、会の満足度と質を上げていくといいでしょう。

・第一印象ではわからない相手のよさを引き出す質問をする
・第一印象ではわからないメンバーのよさを客観的に話す
・「司会担当」「気配り担当」「お笑い担当」「ビジュアル担当」など、個性輝く役割分担

など。

質問の仕方やメンバーの紹介の仕方、個性輝く役割分担については、改めて詳しくお伝えいたします。

お見合いパーティとは違い、友人・知人を通じた集まりですので、自己PRではなく他己PRを心がけ、誘った側も誘われた側も合コンを楽しむようにします。

たとえ今回はいいご縁がなかったと思っていても、楽しい時間を過ごして満足度が高ければ、リピートで依頼が入ります。次回は、幹事の友人に幹事をお願いするなどして繰り広げますと、だんだん気の合うチームや気になるお相手へ、自然と選定していけるのです。


以上。

成婚のための合コン・セッティングのポイント、お役に立ちそうでしょうか?

ご質問者さまのような、先輩思いで優しい後輩をおもちの先輩はステキな方だと存じます。また、月に何度も合コンをされている先輩は、合コンが好きなのかもしれませんね。

その場を楽しみ、笑顔でいると、男女ともに好感がもたれます。

一つ一つの出会いを大切にしてお相手に巡りあえますよう、お祈り申しあげます!

●ライター/田中あづみ(未婚化対策専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする