あんなに好きだったのに!? 女性の恋愛感情が冷める瞬間8パターン

とにかく好きで好きでしょうがない!という相手でも、ふとした瞬間に「あれ?好きじゃないかも……」と恋に冷めてしまう瞬間があります。
あんなに愛していた人なのに、相手の行動や言動等ちょっとした事がきっかけとなり、心が離れてしまうのです。

そんな「女性が恋に冷める瞬間」を8つご紹介します。
恋が冷めやすいパターンを知る事で、自分の気持ちをコントロールして恋を長続きさせてください。

(1)店員への態度が大きい

『出されたグラスに口紅がついていて、レストランで店員さんに大声で怒鳴った彼。怖かったし恥ずかしくて、一瞬で冷めました』(27歳/看護師)

デートで食事に行ったお店で出てきた料理に髪の毛が入っていた、よくある事ですしちょっと気分が悪いですが、新しい物に取り替えてもらえばいいだけです。
それなのに鬼の首を取ったように店員さんを罵ったり、お店側が申し出る前に「無料にしろ」や「誠意を見せろ」と言ってしまう男性はどうでしょう。

半分強迫のような事をしておいて「食事代が浮いて得したね」なんて言われると、「立場が弱い人にしか強気に出られないんだ」と恋も冷めてしまいますね。

(2)公共でのマナーが悪い

『デートの時、歩きながら煙草を吸っていて、さりげなく溝に捨てたのを見たとき幻滅しました』(32歳/事務)

歩き煙草、煙草のポイ捨て、道端に唾や痰を吐く、優先座席に座る、電車やバスの中で大声で通話するといった、公共マナーが悪いとどうでしょう。
女性からすると「一緒にいて恥ずかしい」と感じますし、そう感じさせてしまう男性を「非常識」だと思ってしまいます。

(3)食事マナーが悪い

『高いレストランを予約してくれたのはいいのですが、彼の食べ方が汚くてドン引き。
一度口に入れたものを「何これ」と言って紙に出したときには、食欲もなくなりました……』(29歳/自営業)

口の中に食べ物が入っているのに口を開けて咀嚼する所謂クチャラー、握り箸等の箸の持ち方が汚い、肘をついて食べるという食事マナーが悪い男性です。
これでは一緒に食事をしていて不快ですし、「いい年してみっともない」と呆れてしまう女性が多いでしょう。

(4)下手な嘘をつく

『明らかに寝坊なのに、「電車が止まって……」と嘘をついた彼。
私も同じ沿線を使っているので嘘はバレバレなのに、謝らず、子どもだなあと思いました』(30歳/会社員)

例えば、体調が悪かったり思わぬトラブルが起きて、デートの待ち合わせに遅刻してしまう事もたまにならあるかもしれません。
しかしその時にすぐバレるような下手な嘘をつかれると、「どうして正直に言わないんだろう」と不信感を抱いてしまいますよね。

1回2回ではなく何度も下手な嘘をつかれていると、「こんな人だとは思わなかった」と恋も冷めてしまうのです。

(5)不誠実である

『デート中に、他の女の子からのLINEや着信に平気で出ていて、悪気がない様子に幻滅しました。なめられていると感じました』(28歳/アパレル販売員)

付き合っている彼女がいるのに合コンに行って他の女の子と遊んだり、二股三股するといった、恋愛に対して不誠実な男性です。
恋愛関係にだらしがなくても好き、と思える女性もいるでしょうが、大半の女性は「イケメンでも無理」と答えます。

やっぱり付き合うのならば浮気をしない、自分だけを愛してくれる男性が良いのです。

(6)お金に意地汚い

『カードで払ってくれたから奢りかと思いきや、きっちり半分を現金で自分に払ってと言ってきた彼。
お金は払いましたが、ケチすぎてびっくり……』(30歳/編集者)

「毎回1円単位でワリカン」、「自分以外の人が儲けたら悔しがる」といった、お金に意地汚い男性では恋も冷めてしまうでしょう。
こういった男性は大抵の場合、「お金>その他」といった考え方を持っている場合が多いのです。

確かにお金は大切ですが、会う度にお金の話ししかしない、自分よりお金を持っている人を妬むような男性では、魅力も半減してしまいますね。

(7)人の不幸が大好き

『友達の失敗を面白おかしく私に話していて、最悪だと思いました』(34歳/医者)

彼女に良くない出来事が起こった、友達が不幸な目にあった、そういった場合野次馬のように「その人の不幸」を面白がる人です。
人の不幸は蜜の味という言葉の通り、自分以外の人が不幸な目に合っている姿が大好き、という人もいます。

もしも大好きな彼がそんな人だったら、ちょっと怖いですし、何より「こっちは嫌な思いをしているのに」と恋も冷めやすくなるでしょう。

(8)マザコン・シスコン

『お母さんとの電話があまりにも長いので、「まだ?」と言ったらキレられました……大した内容でもないし、一時間近くも話していたのに』(26歳/アルバイト)

お母さんやお姉さん、妹を大切に思う事は、家族思いですし良い事です。
しかし度を過ぎたマザコン、シスコンぶりを隠しもせずに普通にやってのける男性に、女性は引いてしまうのでしょう。

彼女よりもお母さん、姉や妹を一番に考える、むしろそちらを恋人のように扱う男性では、恋も一瞬で覚めます。


女性が恋に冷める瞬間をご紹介しましたが、「そうそう!」と思うものや、「私に当てはまるかも」と感じるものはありましたか?
なるべくなら情熱的な恋心を持ったままでいたい、誰もがそう思うでしょう。

しかし100年の恋も冷めるという言葉があるように、恋はどうしても冷めてしまうものなのです。
「どうしてもこの恋は続けられない!」と感じたら、他の素敵な恋を探しましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (8)
  • うーん (4)

恋愛jpをフォローする