主導権は私が握る!! “本命の女”に昇格するための3ステップ

【相談者:30代女性】
くららさん、はじめまして!「恋愛大学」動画面白いですねー!! いつも勉強させていただいております!!

さて、早速ですが私の相談を聞いていただけますか?
今好きな人がおりまして……、曖昧な状態のまま深い関係になってしまいました。

その後は、彼に呼び出されるままに会っているような状態で、普段彼からLINEやメッセージがくることはありません。
「好きだよ」とは言ってくれるのですが「付き合ってほしい」とは言われません。

思い切って私から「付き合ってほしい」と告げた方がいいでしょうか?
それとも彼が言ってくれるのを待つべきでしょうか?

a まず「都合のいい女」に成り下がっていることを自覚しましょう

いつも「清水くららの恋愛大学」YouTubeチャンネルをご覧いただきありがとうございます!
黙っていても色香漂う女をつくる恋愛大学学長の清水くららです。

なかなか厳しい感じで指摘をしていく番組ですので、お覚悟とご理解をいただいているかと思います。
なので、はっきり言わせていただきますと……あなたは「都合のいい女」です。

でも、その状態に陥ってしまってから脱することはもちろん可能ですから、心を入れ替えてしっかり恋の主導権自分で握りましょう!

「付き合おう」の言葉でふるいにかける

交際しているカップルの中には「気がついたらいつも一緒にいた」というケースもあります。
「関係をしたことにより交際成立」も、それまでのふたりのおつきあい次第では十分に有り得ることです。

ところが、会ってすぐにそういうことになったとか関係後も心のつながりを深める努力をしてくれないようなお相手ならば、一度彼の本意を確かめる必要があるかもしれません。

そういうときは思い切って

「私たち付き合ってる、ってことでいいんだよね?」

と、ストレートに聞いてください。
この問いに対して

「いや、人として尊敬してる。君は俺なんかにはもったいないよ」とか
「真剣に付き合いたいのはやまやまなんだけど、今は状況が許さなくてさ」

などと言葉を濁すようならその男性はやめたほうがいいでしょう。
あなたと正式にお付き合いするつもりはありません。

3回に1回は断る

これは額面通りにとらえられると困る(めんどくさい女性を増やしてしまいそうで)のですが、それでも男性にいいように扱われてしまう女性にはこれぐらいの強い意思が必要だと感じています。

ふたりのデートがいつも彼からの呼び出しで、あなたはすべての予定を調整してでもそれに合わせて喜んで出かけて行くという状態ではないですか?

だとすれば毎回誘いに応えるのではなく、ときどきは断わる勇気を持ってください。

あなたはまずあなた自身を大切にすべきです。
そんな風に相手の都合を考えずにわがままを言う男があなたを大切にできますか?
そういう視点が必要です。

女性を軽く扱う男性は、たいてい一度断ると「あっそ。じゃあいいや」と言ってすぐに引きます。
もっとすぐに会える、簡単な女性を他にも確保しているからです。

彼にコストを払わせる

男性は、自分のしたことによって女性が助かったり、喜んだり、楽しんでいたり幸せそうにしているのを見ることで満たされる、という性質があります。

言い換えると時間やお金、労力といったものをかければかけるほど、その対象を大切に思うようになります。
でもあなたの不利な状況で彼にお金を使ってもらうことはむずかしいですよね。

であれば、他の手段たとえば「時間」といったコストを彼に払わせましょう。

彼の得意分野で、彼にしかできないことを探して相談を持ちかけます。
「あなたしか頼れなくて」と言って、彼にあなたを助けさせるのです。

それで解決したら心から感謝を表明します。
そういったことを積み重ねていってください。

さてここで脱!都合のいい女。本命に昇格するための3ステップおさらいです。

1.「付き合おう」の言葉でふるいにかける
2.3回に1回は断る
3.彼にコストを払わせる

男は狩猟本能があるもの。
追いかけさせてあげることこそ最高のご褒美なんだと忘れないでくださいね。

そしていちばん大切なことは、大切な、価値あるあなたをぞんざいに扱う男を許すなということです。
あなたしかあなたを守ってあげられないんですよ。

これからもあなたの恋を応援しています♪

【参考文献】
・『ムリめの彼気のない彼愛が冷めた彼 大好きな人が振り向いてくれる本』 ANNA・著

●ライター/清水くらら(恋愛学者)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (4)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする