彼の本当の目的は何!? SNSから始まる恋愛の落とし穴【前編】

【相談者:20代女性】
25歳の女性です。今年の初めにSNSを始めて、とあるコミュニティに入り、趣味が合って親しくなった男性がいます。その男性はユーモアもあり話題も豊富なので楽しく、私はだんだん好きになっていきました。同じ県内に住んでいることもあり、とあるイベントで初めて会い、食事をして帰りました。リアルの彼も素敵でした。

向こうも私を気に入ったらしく、その日から頻繁に連絡をするような仲になりました。彼は行動的で明るく、コミュニティ内のリーダー的存在です。そんな中、数回デートを重ねるうちに深い関係になってしまいました。むこうから誘われて、今日しかないと思いOKしてしまったのです。「好きだよ」「彼女はいない」と言っていました。でもなし崩し的に深い関係になったので、もしかしたら私は大勢の中の一人かもしれません。

彼はお洒落でルックスもよく会話も上手いので、コミュニティ内でも目立っています。でも私がいるのにいろんな女性と仲良くしていて、それが丸見えなので私は傷ついたので、その事をさりげなく伝えましたが「え? どうして? きみもSNSをやっているんだから、わかるだろう」的なことを言われ落ち込んでいます。私は大して美人でもなく平均的な容姿で、面白い話ができるわけでもなく、コンプレックスです。最近は彼のテンションも落ち気味で、私から誘わないとデートができない状態です。彼は何を考えているのでしょうか?

まずは彼の本当のSNSの目的を知ることです。

こんにちは。ライターのたえなかすずです。ご質問ありがとうございます。

今、SNSは花盛りですよね。あたらしい人付き合いのひとつでもあり、そして一個の世界を構築しています。一通りご質問を読んだ感想を言います。あまり貴女は恋愛を知らないのだな、という感想です。

彼の発言と彼の周りを見てみましょう

彼がどんな目的でSNSを利用しているのかを知るのが、重要なポイントです。

彼の発言を良く見てください。それと彼のSNS上の友人を見てください。男女比同率の趣味なのに友人は女性が多いのかどうか。趣味は違うのに美人の写真が並んでいるのか。男性の友人は少ないのか。いろんな女性と仲良くしているのか。女性が近郊に住んでいるかどうかも見てください。ここから見えてくるはずです。

どうやら彼は多数の女性と仲良くなりたいためにSNSを利用している気がします。「君もSNSをしているのだからわかるだろう」の発言です。これは「僕は君に縛られる筋合いはない。僕はいろんな女性と仲良くしたい。それがSNSの目的だ。君もいろんな男性と仲良くすればいい」という意味です。貴女に自分の行動や言動が見えているのにもかかわらず悪びれもせず、セーブしようとしない。付き合っていれば不必要に仲良くしないなど恋人に対して気配りはあるはず。

この発言は開き直りではなく、なぜ貴女にそんなことを言われるのかわからない。つまり貴女の存在が彼の心にはないのです。

彼との関係について

彼は移り気で不誠実な人の可能性大です。あなたの体を手に入れて満足してしまったのです。

貴女も割り切って遊びの関係で良いというならば問題は特にないのですが、好きになってしまった。そして彼を恋人だと思っていたのですよね。「なし崩し的」が良くありませんでした。二人の関係をはっきりせずに深くなるのはどうかと思います。何故かというと彼の「好きだ」は関係を結ぶために言った言葉です。好き好きオーラを出しすぎていると、このような男性に操られてしまいます。好き好きオーラを出さずに、彼から告白するように仕向けなければいけなかったのです。ちょっと急ぎ過ぎましたね。恋人になりたいのなら焦ってはいけないのです。

自分を好きになる前に早く体を許してしまうと、男性はテンションが下がります。以前も他の回答で書きましたが、相手の気持ちが高まる前に体の関係を持つとうまくいきません。女性が高嶺の花だったり、美女だったりの場合を除いてです。

女性は関係を結ぶたびに愛を深めますが、男性はその逆です。ですから、男性が気持ちを上げてそれが固まってからしばらく、その状態が持続するまで。そして固定するまで、関係を結ばない方が良いのです。「この子は僕のことが好きなのだろうか」と思わせるあやうい状態を保持しておくのです。「今日しかない」と思わせて関係を急がせるのも手だったのでしょう。

どうやら彼が一枚上手だったようですね……。

【関連コラム】
・彼が複数のSNSを利用し始めたら危険信号!? SNSから始まる恋愛の落とし穴【後編】

●ライター/たえなかすず(恋愛短歌専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする