毎日の「I love you」は必須!? こんなに違った“外国人彼女”の日本人女性との違い5つ

【相談者:30代男性】
はじめまして。
この間、海外旅行に行ったのですが、そこで出会った現地の女性を好きになってしまいました。
今はメールを毎日していて、時々テレビ電話もします。
また彼女に会いに行きたいと思っているのですが、外国人女性と付き合ったことがないので不安も大きいです。
外国人女性と日本人女性って、やっぱり違いますよね?
どんなところが違うか、教えてください。お願いします。

a 国が違えば恋愛の仕方も違う

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。
海外旅行先で素敵な出会いがあったんですね!良かったですね!
メールやテレビ電話でいくら頻繁に連絡を取っていても、会いたくて会いたくて仕方がないですよね。

外国人と日本人女性の違いですが、これは国の文化によっても大きく違いがあります。
彼女がどこの国出身なのかによって異なる点が異なる、ということですね。

今回は経験者の方々にお聞きした、外国人と付き合ってみたらこんなところが日本人女性と違ったよ!という点をご紹介して、ぜひ交際前のチェックポイントにしていただけたらと思います。

ご馳走してあげても、ごちそうさまもナシ!?

『インドネシア人と付き合い始めた頃に驚いたことです。食事へ行くたびに僕がお金を払うのですが、彼女は「僕がお金を出すのが当たり前」という感じで財布を出すフリもしなければ、ありがとうも言わない。後から分かったのですが、これはお金は持っている人が払うというインドネシアの文化でした。そして奢ってもらった方も、特別にお礼を言ったりしない。(中には言う人もいますよ。)日本とは違いすぎて、危うく彼女のことを「お礼もちゃんと言えない女」と思って嫌いになりそうでした。』(40代男性/自営業)

デートにかかる費用については、どちらが負担するかは国によって様々です。
日本では、男性が全額払う、男性が多めに払う、もしくはまだ学生だったり、色々な事情もあるもので、男性のその時の懐事情によって割り勘にしたりすることもありますよね。

しかし、女性にお金を払わすなんて!ととんでもない評価をされる国だってありますし、割り勘が当たり前の国だってあります。
この感覚は国によって違いますので、彼女の国ではどういった感じがスマートでモテるのか、予めリサーチしておくと良いですね。

デートの時は家まで迎えに行くのが当たり前!?

『私の彼女はアメリカ人なのですが、デートの時には大抵男が彼女を車で迎えに行くのが普通だと知らず、街中で待ち合わせしたりしていました。日本だと、待ち合わせよりは帰りを送って行くといった感じですが、アメリカでは違いました。3回目のデートで、何で家まで迎えに来てくれないの?と彼女にキレられて、初めて知りました。』(30代男性/会社員)

デートの仕方も国によって違いますよね。
その国の交通事情にもよると思います。
電車やバスがあまり便利に通っていない国だってありますし、日本の感覚とは大きく異なります。
いずれにしても、彼女が楽にデートに出て来られるように考えてあげる事が何より大切ですね。

四六時中、電話やメールで繋がっていないとダメ!?

『韓国人の女性と付き合っていますが、こっちの人は、連絡の取り方が日本人とは違う印象があります。四六時中、電話やメールで繋がっているカップルが多いようです。私はとにかく連絡不精で、連絡の頻度と愛の深さは違うと言っても理解はしてもらえませんでした。愛しているんだったら、ちゃんと連絡して欲しいという彼女に負けて、今では頻繁に連絡をとっています。束縛の仕方も日本人女性とは全然違います。』(50代男性/建築業)

恋人同士の距離感も、国によって違いますね。
世界ベースで考えると、日本では比較的女性が男性の遊びにも寛容なようです。

結婚していても、恋人がいても、付き合いもあるだろうと、例えばラウンジやキャバクラで飲むことを許しているという女性も日本にはいると思いますが、国が違えば、そんな事あり得ない!と発狂する女性がいる国だってあります。

恋人との距離感や束縛する度合いなど、感覚が違うので寛容に受け止めてあげましょうね。

毎日I love youって言わなきゃダメ!?

『カナダ人女性の彼女と付き合っているのですが、いつも喧嘩になるのは大抵私の愛情表現不足です。日本で生まれ育ったので、どうも毎日愛を言葉にして伝えるのが苦手なのですが、黙っていると、もう私のこと愛していないのか?と問い詰められます。日本人男性は、世界レベルで考えるとやはりかなりシャイで寡黙なようです。これを理解してくれる外国人女性なら良いのですが、そうではない場合は、大げさだなと感じるくらいしっかりと愛情表現することが大切です。(40代男性/会社員)

言葉にしなくても愛しているし、大切に思っている。
そう思っている日本人男性は多いのではないでしょうか。
おそらく日本人カップルで毎日「愛してるよ」と言い合うカップルはかなりの少数派ですね。

しかし、毎日言うことが当たり前の国だってあります。
愛を伝えるのに恥ずかしいなんて感覚はないのです。
愛情表現の仕方は、特に日本人男性は苦手な分野だと思いますが、言葉にしないと伝わらないという彼女だったら、彼女を安心させてあげる為にも毎日ちゃんと言葉にしてあげましょう

今は黙って見守ろうとしたら、無視?と怒られる!?

『日本人は、どこか奥ゆかしさがあり、見えない優しさを言葉なしに相手にやってあげたり、やってもらったりしますよね。でもアメリカ人の彼女と付き合って、見えない優しさは全く通じないという事が分かりました。「黙って見守る」なんて、だいたい理解してもらえた事はなかったです。人にもよると思いますが(笑)けなげさより、あなたの事を愛しているから、どんな事でもやってあげられるよという態度や言葉を全面に出していった方が勘違いされて喧嘩になるような事が避けられると思います。』(50代男性/飲食業)

恋人へと優しさの見せ方も国によって違いがありますね。
どんどん言葉にして、優しさもアピールすることが愛情表現な国もありますし、自分が相手にしてあげる優しさを全く言葉にしない国もあります。

これは普段の自己主張の仕方から分かるところだと思いますが、ハッキリしている事は日本人は自己主張が苦手という事です。
気付かれない優しさが優しくないと評価されてしまう事もありますので、気を付けてくださいね。


いかがでしたでしょうか。
文化が違えば恋愛の仕方も違うので、戸惑う事も多いですよね。

日本人同士ではあり得ないようなビックリする事もあると思いますが、国際恋愛はお互いに歩み寄ることも大切です。
あれ?ここ違うな?と思ったら、パートナーとその都度話し合って、違いをお互いに理解し合うことも大切です。

彼女と素敵な恋愛がはじまりますように。
また何かありましたら、いつでもご相談くださいね!

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする