本当にモテるのは「肉食女子」「草食女子」どっち?両者の強みと弱みは?

恋愛に対して積極的でガンガン攻める肉食女子、相手からアプローチされるまで行動を起こさない奥手で受身な草食女子。
果たしてどちらが男性にモテるのでしょうか?

恋愛におけるそれぞれの強みと弱点を見ていきましょう。

肉食女子の特徴

肉食女子は一言で言うと、恋愛に積極的な女性のことです。
積極的に出会いを求めて行動し、意中の男性ができると、すぐさまアタックを開始します。

肉食女子の強み

肉食女子の強味を3つ見ていきましょう。

(1)出会いの機会が多い

『自分のまわりの肉食女子は、とにかく積極的に行動するのでいろんな集まりに顔をだしたりとか、出会いの機会がめちゃくちゃ多そう!』(24歳/学生)

肉食女子は、彼氏が欲しいと思ったら、合コンなどの出会いの場に積極的に参加します。
当然、待っているだけの草食女子より多くの男性と接する機会があるので、恋愛のチャンスが多くなります。

(2)恋愛の駆け引きに長けている

『男が好きなシチュエーションとか動作を分かってるんだよね!この子慣れてるな~と思いつつも、どんどんハマっていく自分がいる』(30歳/不動産)

肉食女子は恋愛経験が豊富な傾向があり、恋愛の駆け引きが上手な小悪魔的な女性が多いです。
また、常に他の男の影がちらついているため、男性の独占欲を掻き立てます。

(3)ポジティブ思考

『やっぱりポジティブに考えられる子は、一緒にいてもいい意味で楽だし楽しい』(29歳/営業)

『いてくれるだけで、その場が一気に明るくなる。飲み会とかにいてくれるとすごい助かる』(26歳/人材派遣)

肉食女子は、たとえ意中の男性に告白して振られたとしても、切り替えが早いのですぐに次のターゲットを見つけてアタックを開始します。
終わった恋をずるずると引きずるのは時間の無駄です。

肉食女子のポジティブ思考と行動力はぜひ見習いたいものですね。

肉食女子の弱点

肉食女子の弱点を3つ見ていきましょう。

(1)ガツガツしすぎて引かれてしまう可能性がある

『あまりにも積極的にこられると引く。古い考えかもしれないけど、おとなしくて上品な子のほうが自分は好み』(22歳/フリーター)

肉食女子は、ターゲットを定めたら畳み掛けるように猛アピールを開始します。
これは賛否両論ありますが、一部の男性には引かれてしまう場合もあるでしょう。

また、女友達にも男に媚びている女と思われてしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

(2)強い女だと思われてしまう

『自分がいなくてもなんとかなりそうだな~と思うと少し寂しいかも』(31歳/サービス業)

肉食女子は、積極的で行動力があるので、男性から「自分がいなくても大丈夫な1人で生きていける強い女」と思われてしまいがちです。
時には、か弱い女性らしい一面を見せることも大事な駆け引きです。

(3)自分本位な恋愛になってしまいがち

『告白するのも別れをつげられたのも、全部女性からで、嵐みたいだった(笑)楽しかったけど、自分にはむかないな~と思ってしまった』(24歳/派遣社員)

告白して付き合えたものの、肉食女子は自分の意見を押し通すあまり、自分本位な恋愛になってしまいがちです。
女性にリードされるのが好きな男性なら良いですが、そうでない場合は相手の意見も受け入れる柔軟性も必要となってきます。

草食女子の特徴

控えめで大人しく、自分からアプローチするのが苦手なタイプです。
昔からおしとやかで控えめな女子は、男子に人気があります。

草食女子の強味

草食女子の強味を3つ見ていきましょう。

(1)男性から守ってあげたいと思われる

『ほんわかとした空気が漂っている。一緒にいて騒がしくないしなにかあったら俺が守ってあげないと!って気持ちになる』(29歳/保険営業)

草食女子は、大人しくおっとりしている傾向が強いため、男性に「俺が守ってあげなくては」と思わせることができます。

(2)男に媚びていない空気がある

『合コン慣れしてない感じが良い!下手に媚びたりしてこないから、裏表ないのかな~っていう印象』(32歳/設計)

合コンなどに積極的に参加しない為、男性からは異性関係に真面目な女性だと一目置かれます。
また、自分の彼を取られたりする心配も少ないので、女友達からの信頼も厚いでしょう。

(3)慎重で堅実な恋愛をする傾向がある

『付き合ったら一途に思ってくれそう。遊ぶ目的の男友達とかもいなそうだし、安心、信頼できる』(24歳/アパレル)

草食女子は、意中の異性ができても行動に移す前に慎重に考え、肉食女子と比べると勢いで恋愛をすることが少ないので、失敗が少ないです。
また、一度お付き合いを始めると長続きする傾向にあります。

草食女子の弱点

草食女子の弱点を3つ見ていきましょう。

(1)意中の人ができてもアピールできずに終わる

『第三者から「あの子、あなたのこと好きだよ」と教えられて「え!?」となった経験がある。ぶっちゃけ本人から言ってもらいたかったな~……』(33歳/営業)

気になる男性ができたとしても、積極的にアピールできずに終わってしまいます。

モタモタしていては、肉食女子に彼を取られてしまいます。
慎重に考えた上で、勇気を出してしっかりと好意を伝えることが大切です。

(2)押しに弱い

『あまり自分をもってない印象があるので、押したら倒れてくれそう。草食女子の方が悪い男にひっかかりやすいんじゃないかな?』(39歳/メーカー)

肉食男子の押しの強さに負けて付き合ってしまう傾向があります。

告白されたら断ることができず、体を求められても断ることができないといった人もいるでしょう。
本当に嫌なことには、はっきりノーと言う勇気をもつことが大切です。

(3)自分の意見を言わない

『草食女子と付き合ったことがありますが、自分の意見がまるでなく、全部「いいと思う」としか言われなかった。ぶっちゃけ物足りなかった』(24歳/営業事務)

草食女子はお付き合いしても、自分の意見をあまり口にしません。
相手の意見を尊重するのはとても素晴らしいことですが、相手に合わせすぎては疲れてしまいます。

時には、自分の意見を伝えてみましょう。

男性が選ぶのはどっち?

男性には狩猟本能があるので、昔から草食女子が好まれる傾向がありました。
一昔前は、男性が女性にアプローチをして告白し、付き合うパターンがほとんどでした。

しかし、現代では草食男子が多い実情もあり、自分から積極的にアプローチする肉食女子の需要が増えているのも事実です。
狙ったターゲットのタイプを見極めて、臨機応変に肉食にも草食にもなれる女性が恋愛市場においての勝者であるといえるでしょう。


ありのままの自分で自然にお付き合いできる異性が現れるのを待っていては、時間はあっというまに過ぎ去ってしまいます。
効率よく意中の異性を手に入れるためには多少の駆け引きも必要です。

草食女子、肉食女子それぞれのメリットとデメリットを把握して、恋の駆け引きに役立てましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (3)

恋愛jpをフォローする