「結婚したら仕事をやめる」はもう古い!? 女性もキャリアの継続が必要なワケ

【相談者:30代女性】
派遣事務で働いて10年目になります。
実家暮らしだからやっていけますが、手取りは20万円以下です。
菊乃さんはよく「30代女性はキャリアがあったほうが結婚・恋愛に有利」といいますが、結婚したら仕事を辞めるかもしれないのに、キャリアって必要なのですか?

a 結婚・出産でも辞めるべきではない。今すぐキャリアについて考えよう

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。
たまにこんな質問を独身女性非正規雇用、低所得女性からいただきます。
なんて時代遅れな……と私も思うのですが。

今回はなぜ女性もキャリアが必要なのか教えていただくために、総合人材サービスのパーソルグループへやってきました。

なぜ女性もキャリアが必要なのでしょうか?

平均寿命がのび、80歳、90歳まで生きていくことを考えると、女性も結婚・出産に関わらず、キャリアの継続を考える必要があります。

年齢別平均年収をみても35歳以下は上昇しているのに対し、40歳以上は年々平均年収が下がっております。
これは40代になり年収が上がる方と、管理職にならず給料が伸びない方と、二極化していることが背景の一つです。

年功序列で年々お給料が上がるお父さんと、専業主婦のお母さんという家族は、過去のものになっていくでしょう。

仮にお給料が年々上がる方と結婚したとしても、その会社の業績が悪くなること、病気やケガ、様々なリスクがあります。

何かあった場合に、再就職するにあたって気になるのはキャリアのブランク。
技術やスキルは日進月歩で常にアップデートの必要があるため、理由が育児であっても空白期間が長いと社員としての再就職のハードルが上がります。

未経験から正社員になる場合、企業側の教育コストを考えると、20代などの若い世代に対して投資をしたいと考える傾向にあります。
30代、40代の転職では同い年や年下の上司がいるケースも。

さらに、配偶者特別控除の見直しなどが議論され、少なくとも今より専業主婦が増える方向に向かっている社会ではありません。
2000年ごろから大手企業を中心に、アシスタント業務を行う事務職正社員採用を減らしてきました。

いわゆる正社員だけれど、お茶くみなどの雑用をするOLというのも過去の働き方になりつつあります。

若いうちに、働き方の変化を知り自分のキャリアについてもきちんと考えておきたいですね。


インタビューご協力ありがとうございます。

私は「結婚したら仕事を辞めるかもしれないのに」と腰掛感覚で働いてきた方(ごく稀に働いてさえいない方も)にお会いすることがあります。
その都度、モテない以前に社会や時代から取り残されていることに気が付いていないことに怖くなってしまいます。

自分もお母さんのように、お茶くみOL後に専業主婦になるんだろうなと、時代遅れの仕事観を持っている人はすぐにアップデートしましょう。
婚活も就活も社会とつながる力を磨くという点は同じ。

そもそも、結婚して仕事を辞めるかもしれないとのことですが、まずそのお相手はいるんですか?

【取材協力】
パーソルグループ
株式会社インテリジェンス
パーソルテクノロジースタッフ株式会社

転職サービス「DODA」
平均年収ランキング2016(年齢別の平均年収)

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (3)

恋愛jpをフォローする