50代・バツイチ・子無しの男性が、20代女性との年の差婚を実らせる方法

【相談者:50代男性】
私は現在、結婚活動中で結婚相談所やお見合い会社に登録しています。でも、なかなか希望する20代の女性とお会いすることができません。結婚の経験は一度ありますが子供はいませんし、年収は普通のサラリーマン並みにあります。今年で50才になる割には、見た目も実際より若く、自分でもなかなかイケてる方だと思います。

最近は私のような年齢が若い人から人気とも聞きますが、登録先の会社からは、自分と年の近い女性ばかり紹介されるので正直困っています。20代の女性との再婚ってそんなに難しいものなのでしょうか? どうしても諦められないので良い方法を教えてください。子どもも将来ほしいので悩んでしまいます。

「年の差婚」を実現させる3つのステップ

ご相談ありがとうございます。

TVや雑誌を目にして、流行りの“年の差婚”を期待する男性は多いのではないかと思います。とはいえ、29才の女性がお付き合いできる相手の上限年齢を平均40才と回答しているデータ(リクルート恋愛観調査、2012年1月発表)もあり、現実は、20才以上離れた、親の年齢に近い男性との恋愛や結婚は厳しいといえます。

それでも結婚活動に注力し、“年の差婚”を達成するにはどうしたらいいのでしょうか?

ご質問者さまがおっしゃるように、お見合い紹介所では、一番人気の20代の女性チームは、一番人気の高年収の男性チームへと紹介が優先されてしまうため、一般的な年収の50代男性になかなか順番が回ってこないでしょう。しかし、早婚志向の強い20代の女性と出会って両思いになり、幸せな結婚生活を送るためのチャンスはゼロではありません。

今回は、ブライダルセラピストの私、田中あづみの周りであった“年の差婚”を参考に、50代男性が20代の女性と出会ってから“年の差婚”に至るまでのサクセスストーリーを3つのステップに区切ってご紹介いたします。

ステップ1:出会ったらどんな話題でも対応する!

20代の女性が集まる場所はどこでしょうか?

花嫁修業の場となるお料理教室や茶道……。出会いの定番、婚活パーティもありますね。そこには、結婚を考えている女性がたくさんいますが、単に参加するだけでは、他の若い男性に勝ち目はありません。また、会話中に「オジサン」を感じさせた時点で恋愛・結婚の対象外になってしまいます。

世代間のギャップを感じさせる会話は、恋愛初期ではマイナスになりますので、以下の点をおさえて話題を展開するようにしましょう。

・Twitter、Facebook、LINEなど、旬なSNSを使った連絡先交換ができる
・ヘアサロン、ネイルサロン、人気の飲食店など、顔が利き、特価で紹介できるお店がある
・お仕事や人間関係の悩みなど、豊富な人生経験の嫌味がなく、的確にアドバイスできる

など。

ステップ2:経済力と包容力を発揮する!

ステップ1の話題のもと女性に頼られ、平日にディナーや休日にランチのアポイントが入れば嬉しいものです。ただし、自分ではデートと思っていても、相手は「会社の上司とのご飯」程度にしか思っていないケースもあるので慎重に。

また、デートのエスコートにあたっては年上らしく経済力を、会話では包容力を発揮すると女性からの評価は高くなります。しかし、以下の点を十分理解し、相手中心で言動を選ぶようにしましょう。

・30才の男性に比べ、残りの生涯所得が20年間分(約1億円)少ないのをカバーできる
・若い妻の生活費、子どもの大学までの教育費など、十分な預金を準備できる
・若い男性が面倒だと感じる世間話でも、相槌をうって会話に付き合える
・若い男性には応えられない複雑なトラブルに、具体的なアドバイスができる

など。

ステップ3:健康であること、体力があることをアピールする!

続いて、いくら見た目が若いとはいえ、実年齢をどこまでカバーできるのでしょうか。女性があなたに好意をもてばもつほど不安は募るものです。安心させるためにも以下の点をおさえて、女性の親世代よりも明らかに健康であり、体力づくりをしていることをアピールしましょう。

・毎年行う健康診断の異常はなく、数値も若々しい
・普段からエスカレーターは使用せず、階段を活用してトレーニングをしている
・将来、義理の親の介護ができるほど健康的で、気兼ねなく両親に挨拶へいける
・将来、子供が成人するまで健康でいられる

など。


以上です。

「年の差婚」を実現させる3つのステップはいかがでしたか? 意外に簡単だと感じた方、より非現実的に感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

“年の差”を埋められる共通の趣味があり、コミュニケーションもスムーズならば、残るは経済力と健康面の課題。こちらは各専門家に相談してみてもいいかもしれません。

最後に、ご相談者さまが20代の女性との結婚をこだわる本当の理由は何なのでしょうか? “子どもが欲しい”という理由ならば、30才以上の女性にターゲットを広げてみてもいいかと思います。

また、結婚相手に求める条件は今昔変わらず、男性は「容姿」、女性は「経済力」をトップに挙げています。“若々しい女性を妻にしたい“のであれば、奥さまが美容に磨きをかけるための費用を捻出したり、ちょっとした変化を褒めたりするのも手です。女性は好きな人のためにキレイになりたいと願う気持ちで、ずいぶん若々しくなれますので。

出会ったお相手とステキな関係が築けますよう、応援しております!

●ライター/田中あづみ(未婚化対策専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (7)

恋愛jpをフォローする