ダレノガレ明美、体重67kg時代の姿が話題!ダイエットで人生が変わること4つ

こんにちは、恋愛心理パティシエのともです。

先日タレントのダレノガレ明美さんがツイッターを更新し、体重が67キロだった時の写真を公開し話題に。
現在の写真を並べて掲載し「67キロだった時の私。痩せて人生かわりました」とのこと。

写真のコメントには「ダレダコレ明美ですね」とその変わりっぷりに驚く声も。
ダレノガレさんは外見も含め職としているため、体重の増減が人生を変えるのは当然でもある……というワケでもなく、一般人だって他人事ではないのです。
ダイエットしたら人生が変わった、というのは大袈裟でもなく特に女性ならあること。

そこでダイエットして人生変わったと思うことをリサーチしてみました。

(1)美人になれる

『痩せたら顔が全然変わる。特に顔のパーツが小さい人が太ってしまうと余計にパーツが小さく見えてしまう。痩せて肉がとれて小顔になるとメイクを変えなくても自然に目が大きく見えるからかわいくなれる』(20代女性/美容部員)

ダイエットしたら美人に見えるのです。
目や鼻のパーツ自体の大きさは太ろうが痩せようが大差はないのですが、痩せると顔自体が小さくなるため、パーツが大きくなったように見えます。

つまり太るとアンパンマン状態になってしまい、どんなにパーツやその配置がよくても顔の肉に埋もれてしまい台無しに、ということ。

つけまつ毛にカラコン……不自然なメイクを一生懸命頑張るよりは、痩せた方が自然にデカ目につながります。
また全体的に守ってあげたいような小柄な印象も男性側に与えられるので、美人と思われる要素の一つを増やすことにも。

(2)着られる洋服が増える

『好みの洋服があっても、太っていたらサイズがない。特に男ウケしそうなちょいギャルの服は、なぜかサイズが異常に小さい!でも5kg痩せたら入らなかったブランドの服が入るようになったから、それだけで人生が楽しくなり、モテ服が着られるようになったことで男性に声をかけられる機会も増えた』(20代女性/会社員)

気に入った洋服があるけれど、サイズがなく買えない……そんな経験をすると買えない残念さよりも“ああ自分は普通という枠より太っているんだ”と絶望する瞬間でもあります。
“好きな服のサイズを気にせず買えるようになりたい”は太っている人の切実な悩み。

また一般的に言われているモテ服って普通サイズかそれより細いサイズしか売ってないケースが多く、太っていると必然的にモテファッションすらできない、という二重にモテない原因を作ってしまうのです。
たかが3〜5kgの増減では見た目はそう変わりませんが、お気に入りの服が入るようになるのは大きいメリット。

(3)きちんとしている感がだせる

『太っているだけで“だらしない感”がどうしてもでてしまう。ただ実際の自分は全くそうじゃない。食べる量が人より多いだけでむしろ生活のリズムもきちんとしていて、潔癖なぐらい部屋もキレイなのにイメージはいつも真逆』(30代女性/事務職)

太っているだけで“不衛生感”というのは何となく感じてしまうもの。
やはり男性が痩せている子が好き、というのは痩せている女性は色気の一種である“清潔感”を感じさせるというのも理由の一つ。

現実には清潔であっても“食べ過ぎて太っている女”からは勝手に生活リズムの乱れを連想されてしまい、女性としてはマイナスになってしまうのです。

(4)体調がよくなる

『10kg痩せたら体調がよくなった。朝もスンナリ起きられるようになったし、歩いても膝が痛くならないし、太っているだけで普通の人が普通にできることに2倍ぐらい労力をともなっていたんだなと実感した』(30代女性/主婦)

太っている人は毎日肉襦袢を着ているようなものですから、とにかく普通の人が普通の労力で出来ることに対してその何倍もの苦労をしてしなきゃいけないという弊害が。

夏は少し歩いただけで汗ダクダク……では一緒に歩いている男性から見ても暑苦しいイメージは避けられないものに。

また太っていることで健康を害している場合も多いので、毎日の生活が痩せたら楽になるというのも事実。


痩せると美人に見える上に、男性に与えるイメージが変わります。
それによって前より断然モテるようにもなれちゃうから、人生が変わるということはあり得ますよね。(太っている方がいい、という男性の方が少ないという現実から考えても)。

ただダレノガレ明美さんは164センチだとのこと。
芸能体重としては67kgは太っていると思いますが、著者としては一般的には67kgはそこまで太っている領域には入らないのではないのかな、と思います。

実際67kgの写真でもかわいい、って声も多かったよう。
健康を損なわない程度のぽっちゃり感って男性にとっての安心感にもつながるので、無理なダイエットは禁物です。

●ライター/とも(恋愛心理パティシエ)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする