出来れば払いたくない!? 男性がデート代で「ぶっちゃけ、もったいない」と思うもの4つ

男性と女性では、それぞれ価値観が異なります。
では、デートの出費において男性が「ぶっちゃけもったいない」と思うものとは何なのでしょうか?

(1)デートのときの食事代

『とくに記念日でもない日の食事にはあまりお金をかけたくない。良いお店にいきたいなら、下調べや支払いにもぶっちゃけ協力してほしいです』(28歳/企画)

女性とのデートに使う食費を、もったいないと思う男性は少なくないようです。
一回の出費はそれほどでもなくても、何回もデートに行けばそれなりの金額になってしまいます。

また、男性も女性に良い所を見せたい気持ちがあるので、高級なお店を選びがちになった結果出費がかさんでしまうことも……。
デートを重ねるうちに相手と打ち解けてきたら、「別に高いお店じゃなくてもいいよ?」と言ってあげた方が男性も気楽になれるかもしれません。

また、普段のデートでは支払いを割り勘にするなどの気遣いも必要です。

(2)ファッションにかけるお金

『手抜きファッションだと彼女のテンションが下がるので、なにかとお洒落っぽい恰好をしないといけないのですが、普段はあまり着ないのでちょっと勿体ないとおもってしまいます』(31歳/自営業)

デートのときに服装に気を遣うのは、何も女性だけではありません。
男性もある程度、女性と会うときのファッションにはお金をかけたいと思っています。

しかし、元からオシャレな男性でもない限り、付き合いが長くなるにつれて「あまり服装にお金をかけたくないかも……」と思い始めるのも自然なこと。
もし、男性がだんだんあまりオシャレとは言えない服装になってきたとしても、そのことで責めたりはしないであげてくださいね。

(3)彼女へのプレゼント代

『付き合って初めの頃に結構プレゼントをわたしていたこともあってか、「最近あんまプレゼントくれないね」と言われてしまいました。結構おかねかかるからツライんですよね……(笑)』(24歳/営業)

好きな男性からプレゼントをもらって喜ばない女性はいませんよね。
しかし、プレゼントにかかる費用は案外バカにならないもの。
男性も内心「プレゼント代にあまりお金をかけたくないなぁ」と思っているかもしれません。

クリスマスや誕生日などのイベントごとでもない限り、プレゼントで出費したくないのが男性側の本音。
女性側も、そんな男ゴコロを汲みとることが大切です。

(4)映画などのレジャー代

『映画や水族館などでかかる入場料はバカらしい。たまにならいいけど、毎回となると結構きびしいですね……』(28歳/メーカー営業)

映画などのレジャー代にかかる費用を、もったいないと思う男性も多いです。
映画はチケット代だけで2,000円弱かかりますし、遊園地などに行くとすればもっとお金が必要になります。

よっぽど収入のある男性ならともかく、学生や一般的な収入の男性にはなかなか負担が大きいようです。


“男性がデート代で「ぶっちゃけもったいない」と感じてしまうもの”をご紹介しました。
デート代は男性が奢るもの、という考えの女性もいるかもしれませんが、たまには男性側の負担も考えてあげた方がいいかもしれませんね。

また、例えデート代を節約されたとしても、「安く見られてる!」なんて思わないであげてくださいね。
男性としては、単にデートのときにかかる無駄な費用を削りたいと思っているだけなのです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (10)
  • うーん (5)

恋愛jpをフォローする