今の彼氏じゃ後悔するかも!? 結婚してはいけないダメ男の特徴6つ

世の中には結婚に向かないダメ男というものが存在します。
女性にとってやっかいなのは、結婚に向かないダメ男でも、彼氏としては付き合っていて楽しい素敵な男性であるケースが少なくないことです。

理想の彼氏=理想の夫というわけではないのが男女の難しいところ。
結婚相手を選ぶには、結婚後を踏まえてダメ男であるかどうかを見分けなくてはいけません。

人生最大の決断である「結婚」で失敗しないためにも、不幸な結婚生活間違いなしの“ダメ男”の見分け方を覚えて、将来の夫探しに役立ててください。

交際中の態度でダメ男を見抜く方法6つ

結婚に向かないダメ男だからといって、男性的魅力にかけているとは限りません。
男性としては非常に魅力的でも、結婚相手としては不適格なダメ男というのは少なからず存在します。

ダメ男の片鱗は日常的な言動に表れるものです。
ちょっとした行動や言葉遣いに注意して、本人も意識していないようなダメ男の兆候を見逃さないようにしてください。

(1)母親が一番!親離れできないマザコン男

『マザコン旦那で本当に苦労してます。それでなくとも、義母には気をつかわないといけないのに、何かで意見が割れても旦那は全然こちらの味方になってくれません。挙句の果てには「もっと仲良くなって」など言われちゃう始末……。家に味方がいなくてツライです』(29歳/製造)

女性にとって非常にやっかいなのが、親離れできないマザコン男です。
このタイプのダメ男は妻よりも母親を大切にするため、嫁と姑目の意見がわかれたときに味方になってくれません。

場合によっては、母親とタッグを組んで嫁いびりをする恐れもあります。
別居だからといって安心はできません。

普段の会話の中にやたらと母親の話題が出てくるのはマザコン男の特徴です。
重要な決断をする際に、やたらと母親の意見を聞きたがるようであれば間違いありません。

(2)気前よくおごる見栄っ張り男

『飲みにいったら何かと理由をつけていろんな人に奢る。そんなに裕福でもないのに見栄をはったり……。貯金がなかなかできずで困ります』(33歳/自営業)

交際中に彼女に決して支払いをさせず、すべて自分がお金を出すような気前のいい男性は、彼氏としては最高ですが、結婚相手としては理想的とはいえません。

このタイプの男性は、女性の前で格好つけたがる見栄っ張りタイプのダメ男である可能性が高く、付き合っている彼女以外にも、後輩や友人などに気前よくおごっている疑いがあります。

付き合っているときは彼氏のお金で贅沢な思いができるのは嬉しいものですが、結婚した後も気前よく周囲におごり続けてしまうと、家計を大きく圧迫しかねません。
それまでは奢られて美味しい思いができても、結婚後は大切な夫婦のお金から周囲におごり続ける夫のせいで、経済的に苦しいことになってしまいます。
懐具合も気にせずおごり続ける彼氏には要注意です。

(3)上から目線のダメ出し男

『何様なの?っていうくらいに上から目線でちょっと後悔するときも(笑)付き合ってるときは気にならなかったんですが、四六時中見下されるような発言をされると、さすがに腹が立ちます』(30歳/医療事務)

彼女の言動に上から目線でダメ出しをしてくるタイプのダメ男も、結婚生活を不幸にします。
付き合っているときは、自信満々で上から目線の態度に自信や頼りがいを感じるかもれませんが、実際には彼女のことを下に見ているだけに過ぎません。

結婚生活の中でいちいちダメ出しされると、毎日夫の顔色をうかがいながらの生活を強いられてしまいます。
このタイプのダメ男は、彼女が素晴らしい結果を出しても決して褒めようとせず、自分が上であることを見せつけるために重箱の隅をつつくようにアラ探しをしてダメ出しをしてきます。

ダメ出しばかりで、ちっとも褒めてくれない彼氏との結婚を早まってはいけません。

(4)すぐにごまかすうそつき男

『小さいことでもウソが多い。信用できない』(28歳/派遣)

自分の非を認めようとせず、すぐに嘘をついてごまかそうとするタイプの男性とは結婚してはいけません。
夫婦とは信頼で結ばれるものであり、つかなくてもいいような小さなうそを平気でつくようでは、幸せな結婚生活を遅れるはずがありません。

付き合っているときは小さなうそならばれないかもしれませんが、結婚して一緒に暮らすとなったらそうはいきません。
信頼出来ない相手との生活は大きなストレスが貯まります。
嘘を重ねるうちに、夫婦にとって重要な事までうそをつかれてしまえば、結婚生活は破綻へまっしぐらです。

彼氏の話でつじつまが合わない部分があったり、以前と話している内容が変わっていたら必ず真偽を確認しましょう。
きちんとした説明がないようであれば、うそをつかれている可能性が高いです。
一度や二度ならまだしも、何度も繰り返すようであれば真剣に別れを考えるべきです。

(5)常識知らずのおバカ男

『外食するときのマナー(TPOにあった服装なども)を知らない旦那。30超えると、常識がない人と一緒にはあまり外出したくないです……』(29歳/編集)

結婚して夫婦になることを考えれば、最低限一般常識くらいは身につけている人でないと、社会人として恥ずかしくない生活は送れません。
彼氏としてみれば多少のおバカは可愛く思えますが、結婚相手としては、常識知らずのおバカ男は幸せになれるパートナーではありません。

物を知らない事自体はしかたがないかもしれませんが、学ぼうとせず成長がみられない男性は、たとえ結婚したとしても常識人に変わることはありません。

おバカでも自分なりに努力しているようなら見込みがありますが、常識がないことを恥じらわないようなら、早めに見切りをつけるのが懸命です。

(6)自分第一マイペース男

『マイペースすぎるのか、私が入院したときもお見舞いに来てくれなかったときは悲しくて寂しくて、後悔もしました。「予定がもともと埋まってたから……」と後で言われましたが、私だったら予定キャンセルするのに……と思ってしまいました』(36歳/フリーライター)

マイペースな男性だからといって、結婚に向かないわけではありません。
問題なのは、マイペースな上に自分のことが第一で、周囲に気を使えないようなダメ男です。

マイペースでも、妻の言葉に耳を傾けて協力してくれるなら幸せな夫婦生活も送れますが、自分の都合ばかりを優先して妻の気持ちも家庭生活もないがしろにするようでは、あっという間に破綻してしまいます。

デートコースが彼氏の趣味や興味のあるところばかりで彼女の意見を聞かない、自分のスケジュールは調整せず彼女に調整を要求する、病気になっても心配してくれないといったような男性は、自分第一マイペースタイプのダメ男である疑いが濃厚です。


どんなに取り繕ったとしても、人の本性というものは普段の言動に表れるものです。
付き合っているときに相手に違和感を感じたら、そのままにせず、違和感の原因を探りましょう。

ダメ男でも結婚すれば変わってくれる、と考えるのは甘すぎます。
幸せな結婚が望めるイイ男は世の中に星の数ほど存在します。
うまくいく保証のない努力をするよりも、ダメ男にはさっさと見切りをつけて別の結婚相手を探しましょう。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (12)
  • うーん (15)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする