意外なメリットが!? 「2番目に好きな人と結婚したほうが幸せ」な理由5つ

「2番目に好きな人と結婚したほうが幸せ」という話を良く聞きます。
しかし、何故1番目ではなく、2番目に好きな人と結婚した方が幸せになれるのでしょうか?

今回は、“2番目に好きな人と結婚することのメリット”をご紹介させて頂きます。

(1)素のままの自分でいられる

『すごく好きな人がいたけど、2番目に好きだった人と結婚しました。決め手は「疲れないこと」。ずっとハイテンションではいられないし、この決断をしてよかったと思ってます』(29歳/主婦)

1番目に好きな人と結婚すると、相手に対して過度に気を使うことが多くなります。
しかし、2番目に好きな人と結婚すれば、1番目に好きな人よりは気を使わなくて済むでしょう。

長い結婚生活において、素のままの自分で過ごせることは大きなメリットと言えます。

(2)理想とのギャップに悩まされずに済む

『ちょっとしたことでゲンナリしたくなかったので。2番目に好きな人のほうが、人としての本質を見れる気がする』(31歳/エステティシャン)

1番目に好きな人には、どうしても自分の理想の男性像を押し付けがち。
相手がちょっと自分の理想と違うことをしただけで、幻滅してしまう可能性も。

2番目に好きな人ならば、少し相手の嫌な部分が見えたとしても妥協しやすくなります。
最初からそこまで相手に対して過度に期待していないので、理想と現実のギャップに悩まなくて済むのです。

(3)愛するより愛される方が幸せ

『なによりもずっと愛されていたいから!(笑)』(30歳/事務)

2番目に好きな人というのは、こちらから言い寄ったというより男性の方からアプローチされた場合の方が多いのではないでしょうか。
1番目に好きな人の場合だと女性の方が男性を好き過ぎて、惚れた弱みから相手に言いたいことを言えないことが多くなります。

なんだかんだ言って、こちらから愛するよりも男性の方から愛された方が女性にとって幸せだという意見も。
相手からアプローチされて結婚したなら、結婚後も女性側が主導権を握りやすくなります。

(4)浮気されてもショックが少ない

『自分もちょっと妥協したからこそ、浮気されたときのダメージが結構小さかった』(38歳/パート)

好きで好きでたまらない人から浮気されてしまったら、ショックで立ち直れないかもしれませんよね。
良くも悪くも2番目に好きな人にはそこまで執着心が無いので、浮気されてもそこまで落ち込まずに済みます。

(5)結婚を現実的に捉えることが出来る

『理想ばっかり追ってても結婚できないと思ったので。とにかく結婚したかった!!(笑)』(27歳/出版)

結婚と恋愛は別物です。
結婚前のカップルには大切なときめきも、結婚生活にはそこまで重要ではないのです。
結婚生活で大事なことは、落ち着いた平穏な生活を送ること。

とても好きな男性が相手では、旦那さんの態度で一喜一憂する精神的に不安定な生活を送ることになるかもしれません。
2番目に好きな人くらいの方が、相手にあまり気を使わないので冷静な判断が出来、現実的で落ち着いた結婚生活を送ることが出来るのです。


人生の分岐点でもある「結婚」。

1番好きな人と結婚するのも素敵だと思います。
しかし、2番目に好きな人を選んで、静かで落ち着いた結婚生活を送るのも悪くないのではないでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (31)
  • うーん (31)

恋愛jpをフォローする