“姿勢”をかえるだけで印象UP!「しんどくない」簡単キレイな姿勢のつくり方とは?

こんにちは、イメージコンサルタントの和田直子です。

今回は「第一印象を良くする」というテーマでお伝えしていきます。

印象を良くする時に効果的なこととして、外見を磨くというものがあります。
ファッションやメイクなどの雰囲気を変えたり、髪型を変えてみたりすることで叶うのですが、時間もお金もかかりますよね。

そんな時に手軽にできる「いますぐ印象を良くするコツ」、それは「姿勢を良くすること」です。

丸山ゆ利絵さんの著書『「一流の存在感」がある人の振る舞いのルール』の中で紹介されているポイントをお伝えしていきます。

良い姿勢は「しんどい」というのは誤解

姿勢を良くする、というと、「普段慣れない姿勢で肩が凝りそう」「姿勢をキープするのが辛いのではないか」というイメージを持つ方もいるかもしれません。

しかし、「良い姿勢」は必ずしもしんどいものではないのです。

そもそも「良い姿勢」は「しんどい」ものではありません。
たくさんの人が「良い姿勢」を誤解しているのです。
(中略)
「気をつけ」=「良い姿勢」だというのは思い込みです。
このように思っていては、「良い姿勢=しんどい」となって当たり前です。

つまり、実際の「正しい姿勢・良い姿勢」は全身を緊張させるものと言うよりは、続けやすい、リラックスしているように見える状態だということです。

正しい姿勢のポイントは丹田

「正しい姿勢」を取る際のポイントは腹部にあります。

ちょうどおへその下あたりにある「丹田」という部分に力を入れ、体の重心を安定させることで、「正しい姿勢」を無理なく続けられます。

「正しい姿勢」を作る際の方法は、壁に背を付けてまっすぐ立ちます。
その際に肩、お尻が壁に必ずついているようにしてみましょう。
そのまま、丹田に力を入れて、背筋をすっと上に伸ばし、あごを引いてみてください。

その姿勢にするだけで、ぐっと印象が変化し、素敵に見えます。


いかがでしたか?
普段からの印象アップにもつながる正しい姿勢は、コツを押さえてしまえば簡単に作ることができます。
お金も時間もかかりませんので、ぜひ今日から取り入れてみてくださいね。

【参考文献】
・『「一流の存在感」がある人の振る舞いのルール』丸山ゆ利絵・著

●ライター/和田直子(イメージコンサルタント)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする