映画デートで気を付けよう!効果バツグンのモテテク10連発!!

せっかくの映画デート!お洒落をして行ったものの、ただただ映画を見て終わってしまい、男性の心を掴まずに終わるともったいないです。
かと言って、どういったことをすると男性の心を掴むことができるのかわからないのでは、行動を起こしようにも起こせません!

そこで、ここではどんなことをすると男性の心を掴むことができるのか、モテ仕草を紹介していきます。

映画デートで実践したいモテ仕草

これから紹介するモテ仕草、男性のタイプは様々なので、もちろんこのモテ仕草がきかない男性も世の中にはいます。
しかし、やらないよりはやった方が良いとは言います。

一度試してみても男性は嫌な気にはなりません。これで「お!」、「ドキッ!」としてもらえれば効果覿面です。

(1)突然、手を握る

『女の子から握ってきてくれたら嬉しいし、離したくない』(23歳/営業)

映画の館内が暗い時に女性の方から男性の手を握ってみましょう。
頼られて嫌な男性はいません。
むしろ喜ぶ男性の方が多いです。
暗くて見えない時には男性の手を握ってドキッとさせてみましょう。

この方法は、暗くなる時間のタイミングを見て入らなければできません。

また、観賞中にもさりげなく手を繋いでみましょう。
近距離で手を繋ぐことで良い緊張感がでてドキドキ感を仰ぐことができます。

(2)肩にもたれる

『彼女がもたれかかってくると、顔と顔のキョリが近くてすごくドキドキしちゃいます』(22歳/技術)

なかなかスキンシップをとることが難しい相手にも、さりげなく距離を縮める良い方法になります。
一気にお互いの距離が縮まります。

(3)怖いシーンでは男性の腕を掴む

『きっと女性は本当に怖くて意識していないんだろうけど、こっちからすると映画の内容じゃなくて腕を掴まれたことに良い意味でドキドキしちゃう』(27歳/メーカー)

ホラー映画やサスペンス映画を見ていて、怖いシーンになった時に男性の腕を掴んでみましょう。
その時に、小さな声で「ひっ!」と叫んでみても良いです。

あまり大きな声だと男性もその声にビックリしてしまうので、気を付けましょう。
怖いシーンで腕を掴むことで、男性は「かわいい」、「頼ってくれている」、「守ってあげたい」というような気持ちになります。

(4)見られないようなシーンでは目を隠す

『アクション映画を一緒にみていたとき彼女が「ワッ」って言いながら顔を覆ってたのを見て、「やっぱり女の子なんだな~」って思った』(31歳/企画営業)

悲惨なシーンやグロテスクなシーン、卑猥なシーンで両手で顔を覆い、目を塞いで少しずつのぞき込むようにしてみましょう。
こういったシーンに対する免疫がないとなると、男性からは「ピュアだ」、「か弱い」といったプラスのイメージが与えられます。

(5)感動のシーンでは泣く

『ハンカチで目元をおさえて泣くのを我慢していたり、静かに涙をながしている姿見ると素直な子なんだなって思う』(30歳/不動産)

感動の映画を観ている時に、涙をこぼしている所をみると男性は、「感受性のある心が豊かな子だ」、「ピュアだ」、「清らかだ」といった良い印象をもちます。
涙を流した時には、服や手で目をこするのではなく、ハンカチなどを取り出して使うと、女子力が上がり、更に好感度が上がります。

(6)出演している女優にヤキモチをやいて怒る

『この女優さん好きなんだよねって言ったあとに、綺麗だよね~って口では言いながらも彼女がヤキモチやいてるのが伝わってきて可愛かった』(24歳/会社員)

男性によっては、どうしても出演する美人な女優や、かわいい女優を見て「かわいい」、「美人」、「きれい」と言ってしまう人がいます。
そういった時に「怒る」、と言っても激怒するのではなく、かわいくヤキモチを焼く程度にしましょう。

怒る度合いによっては、「重い」、「怖い女」というレッテルが貼られてしまうので、気を付けましょう。
例えば、「たたく」のではなく、腕や太ももをツンツンとする程度にしましょう。

また、怒鳴るのではなく「もぉ~私の事もかわいいって言って」など、重くない程度にしましょう。

(7)続きが気になることを伝える

『映画を見ながら、ちょっとした反応をしてくれること。一緒にたのしんでることがわかるので嬉しいです』(33歳/整体師)

「次どうなるんだろ!」など、小さな声でワクワクした様子で伝えると、男性にも映画デートを楽しんでもらえていると受け取ってもらえます。
静かながらに、映画での雰囲気が盛り上がります。

(8)笑うタイミングが同じ

『笑いのツボが一緒だといい。この先のこの子と上手くやっていけるんような気がする』(26歳/介護士)

『一緒に楽しんでる感じがある。見終わってからも笑ったタイミングが一緒だと話も盛り上がる』(29歳/会社員)

テレビも同様ですが、映画を観ていて笑うタイミングが同じということは、ツボが同じということです。
お互いの波長が合い、男性には、「この人と上手くやっていけそうな気がする」と思ってもらえることが多いです。

(9)さりげない間接キス

『わざとなのか?一緒のドリンクを飲んで、間接キスをされたときは、恥ずかしながら映画どころじゃなかったです(笑)』(35歳/ケアマネージャー)

ドリンクに間接キスをするため、前もって自分のドリンクは買わないようにしましょう。
そして、映画を観ている際に、さりげなく男性のカップを取ってドリンクを飲んでみましょう。

何も言わずに取っても良いですが、男性によっては「何だこの無神経な女性は!」と思われる場合もあるので注意が必要です。
「やっぱり喉が渇いてしまったから、少しわけて」といった一言を加えて飲みましょう。

さりげなくした間接キスに男性はドキドキします。
思わずドリンクを口にする女性の口元に目がいってしまう男性もいるでしょう。

(10)終わった後に感想を言う

『例えば自分が見たかった映画を彼女と一緒に見た場合、感想とかを言ってくれて盛り上がれたら「気が合う!」って思えます!』(25歳/事務)

感想と言っても、悪い感想ばかりを言うと、男性の気分が落ち、雰囲気も悪くなります。
「本当に観れて良かった」、「ありがとう」、「こういったところが良かった」と、笑顔で話すと男性も喜び、良い雰囲気作りができます。

続編がある映画であれば、「早く次が観たい」や、「続編が気になるね!次も一緒に観に行こう!」など、まだワクワクしている気持ちを伝えると、男性からも一緒に観れて良かった、いい子だと思ってもらえます。


映画を観るだけでも、その中に男性をドキッとさせるポイントが沢山ですね。
映画館は暗闇だからと、油断せずに男心掴んでいきましょう。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (2)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする