「ファンのひとり」じゃイヤ!! 憧れのバンドマンと付き合う方法4つ

【相談者:20代女性】

バンドマンの男性に片思いをしています。最初は友達に誘われてライブを見に行ったことがきっかけでした。
そこで彼を見て一目ぼれして以来、毎回ライブに行くようになり、今では出待ちのときに長時間話したりする仲にもなれました。

彼のバンドはそこまで有名でもなく、熱狂的な女性ファンも少ないので、チャンスもありそうなのですが、やはりなかなかバンドマンとファンという立場から抜け出せません。
ファンから恋愛対象の女性として見てもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

a 彼の恋愛観を見極めて、最適な方法でアプローチしてみましょう。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

今も昔も変わらず、バンドマンは多くの女性を魅了する存在。
そのため巷では、バンドマン・バーテンダー・美容師は“付き合ってはいけない3B”と呼ばれ、恋愛においては悪いイメージをもたれることも多々あります。
でも、決して一概にそうだとは言えません。

もちろん、女遊びが激しく、周りにいる女性なら誰にでも手を出す遊び人のバンドマンもいるでしょう。

しかし、その反面、音楽にしか興味がなく、浮わついた話が一切出てこないバンドマンだっています。
中には、彼女ができると人が変わったかのように一途になり、遊び歩かなくなるなんて場合も。
一言でバンドマンと言っても、彼らも中身はひとりの男性であり、その恋愛観も人それぞれなのです。

とはいえ、バンドマンとの恋は、普通の恋愛とは違う部分も多々あります。
相談者様のようにバンドマンの彼に片思いをしている女性は、一体どのような行動をとるべきなのでしょうか。

そこで今回は、実際にバンドマンと交際経験がある女性の方々からお話を伺ってきました。
その話に基づき、バンドマンの男性と付き合う方法についてご紹介いたします。

(1)さりげないアプローチで自分を認識してもらう

『たまに手紙を書かないときをつくったり、ライブに行ってもコソッと後ろで見ていたりするようにしました。すると、彼も「あれ、今日は手紙がない?」「今回は見に来てないのかな?」と気にするようになってくれて。とりあえず、認識されて、気にかけてもらわないと何も始まらないと思う』(29歳女性/事務職)

どのような恋愛であれ、自分の存在を相手に認識してもらうことは重要。
相手に自分を知られていなければ、どれだけ努力しようと何も状況は変わりません。
まずは、相手に自分の存在を知ってもらうことが大切なのです。

とはいえ強引なアプローチで自分をアピールしても、彼からは引かれ、かえって印象が悪くなってしまう可能性も。
バンドマンの彼の前では、押して引いてをうまく使い、さりげないアプローチで気にかけてもらえるようにしましょう。

(2)ライブ会場以外の場で出会い話しかける

『私の場合は、彼が行きそうな他バンドのライブに行き、偶然を装って会うようにしていました。小さいライブハウスだとフロア内ですぐ見つけられるし、「あ、来てたんだ~」みたいなノリで話しかけられるし(笑)。彼も自分のライブじゃない場では、完全にプライベートモードだから、意外と警戒心ももたれませんでした』(25歳女性/営業事務)

バンドマンにとって、自身のライブは何よりも大切な場。
おそらく、神経もとがり、警戒心も普段以上に強くなっているでしょう。
そこで無理にアプローチをかけたところで、うまくいくはずもありません。

それよりも、ライブ会場以外の場で声をかけるようにしてみてはどうでしょうか。
他バンドのライブや、彼がよく行くお店など、たまたま出会ったときに声をかけると、警戒心も抱かれず、スムーズに会話もできます。
とはいえ、家で待ち伏せたり、宿泊先までつけたりなど、人として非常識な行動だけはとらないように!

(3)共通の知り合いを通して出会うようにする

『やっぱりツテを探すのが手っ取り早いかな。で、そこから飲み会を開いてもらう。昔付き合っていたバンドマンの彼とは、その飲み会をきっかけに付き合い始めました』(30歳女性/エステシャン)

ファンとバンドマンの立場から、いきなり知り合いになるのは、かなりハードルの高いことかもしれません。
でも、そこに共通の知り合いを通すと、スムーズに関係を変えられるのです。

もし、バンドマンの彼との間に共通の知り合いがいるのであれば、そこを通し、出会うようにしてはどうでしょうか。
プライベートで複数人と食事に行くことができれば、ファンから知り合いへと変わることができます。
そこまでくれば、恋愛のチャンスだって今以上に増えるはずです。

(4)恋愛感情は隠して友達になることを目標にする

『ファンとは絶対に付き合わないって人もいるから、まずは恋愛感情を隠して近づいた方が良いかな。出待ちとかでも軽いノリで話して、あまり好き好きアピールもしない。私の場合は、それで運よく友達になれて、そこから彼女になったって感じ。ファンからいきなり彼女になるのは難しいけど、友達ならハードルも低いしね』(23歳女性/受付)

ライブハウスでしか彼と会えないのであれば、まずは、根気よく彼のライブに通い続けることが大切。
そして、あえて恋愛感情を隠し、軽い感じで話しかけるようにしていきましょう。

ファンから恋愛感情を見せられると、途端に警戒してしまうバンドマンも多くいます。
しかし、女としてではなく、ひとりの純粋なファンとして話しかけると、その警戒心も徐々に消えていきます。
その隙を狙い、友達になるきっかけつかむのです。


簡単にアプローチができず、ときにライバルの多さに心が折れそうにもなるバンドマンへの片思い。
もしかすると、これまでの恋愛と違い、一筋縄ではいかない状況に陥ることも多々あるかもしれません。

しかし、諦めなければ、必ずチャンスは訪れます。
実際、バンドマンのファンから見事彼女へと昇格できた女性もこの世には多く存在します。

まずは、彼にひとりの女性として意識してもらえるための行動をとってみてはどうでしょうか。
ファンの枠から脱出できれば、おのずと彼との関係にも進展が表れるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする