寒い日限定!! 究極の冬モテ技「萌え袖」に対する男性のホンネとは?

大きめのニットの袖から指が少しだけ出ているファッション、通称「萌え袖」。

萌え袖が好きだという男性は多いと言いますが、実際萌え袖のどんなところに惹かれるのでしょうか?
男性の本音を探っていきたいと思います!

(1)ダボッとした感じが可愛い

『ピタッとしていてボディラインが出る服も好きだけど、大きめのニットを着ているといつもより小さく見えて小動物みたいで可愛い』(27歳/旅行会社)

『彼女が家にきた時に、のんびりくつろぎやすいようにTシャツを貸してあげたら、ワンピースみたいになってて下にショーパン履いてると分かっていてもドキッとした』(24歳/会社員)

女性が、大きめのダボッとした服を着ているのが好きな男性は多いです。

大きいサイズの服を着ると、相対的に体が小さく見えて幼い印象を受けます。
袖から小さい指がちょっとだけ出ているのも、可愛いという印象を男性に与えます。

よく女性が男性用の大きい服を着ていると可愛いという意見がありますが、萌え袖も同じ理由なのです。

(2)癒し系な女性に見える

『冬に萌え袖しながら、温かいココアとかフーフーしながら飲まれたら、もうやばい』(36歳/銀行員)

人間の印象は、着ている服がかなりの影響を及ぼします。
ピシッとしたスーツを着ている女性は、しっかりしてあまり隙が無いような印象を受けますよね。

反対に、萌え袖のようなふわっとした服装の女性は、全体のイメージも柔らかくなりおっとりとした印象を男性に与えます。
つまり、萌え袖をしている女性は“優しい癒し系”に見えるので、男性ウケも上々なのです。

(3)守ってあげたい!と思わせる

『背が低めの子がダボットしたニット着てるのが個人的にすごい好き』(28歳/商社)

萌え袖は女性の幼い印象を強くさせ、男性の「守ってあげたい」という心理をくすぐります。
また萌え袖をするのは基本的に冬なので、袖を伸ばすことで寒がっているイメージが強くなり、それがさらに男性に可愛いと思わせます。

萌え袖は、女性の弱くて可愛い部分を男性にアピールすることの出来るファッションだと言えます。

自然な萌え袖のコツ

萌え袖が男性ウケする理由についてご紹介してきました。
しかし、あまりに露骨にやり過ぎると逆に男性に引かれてしまう可能性もあります。
そこで、初心者でも自然に萌え袖を出来るコツをお教えいたします。

寒いとき限定

男性に可愛さをアピールできる萌え袖ですが、中には萌え袖を“あざとい”と感じて嫌がる男性もいます。
基本的に萌え袖は寒いときにやるものなので、暖かい室内などにいるときはやり過ぎないほうがいいでしょう。

あくまで“寒くて袖を伸ばしている”体で萌え袖をやってみましょう!

汚れには気を付けて!

萌え袖をしていると、普通に着ているときより袖が汚れやすくなってしまいます。

不潔な印象は男性ウケを考えるとかなりのマイナスポイント!
萌え袖をするときは、袖が汚れていないかちゃんと気を配るようにしましょう。


萌え袖に関する男性の本音と、初心者が萌え袖をするときのコツをご紹介しました。
気になる男性がいる方は、今度萌え袖をしてみると彼の心をグッと掴めるかもしれませんよ!

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (3)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする