このままじゃ息が詰まりそう! 男性が付き合っていて「もうコイツ無理!」と思う瞬間3つ

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。
2016年も間もなく終わろうとしています。

年末は大掃除や不用品の処分など色んな事をスッキリさせたくなる時期でもありますね。

ですが、そのタイミングで彼氏に別れを告げられるなんてショックなことがないよう……。
今回は筆者が心理カウンセラーとしてこれまでのカウンセリングの中で男性が「もう別れたい!」と思った女性の言動をご紹介します。

(1)これじゃ息が詰まる!

『一人暮らしなのでアレコレ世話をしてくれるのはいいけど「ちゃんとお昼食べた?何食べたの?」「今日は何時に帰るの?」って毎日聞かれるのにうんざりした』(28歳/営業職)

『仕事中なのにLINEの返事が遅れると「何してたの?」ってデスクワークでも返事できない時が多いのを理解してくれない。「仕事に決まってるだろ!?」と叫びたくなった』(32歳/SE)

あれこれ世話を焼くのも、かまってちゃんも度を過ぎると“面倒な女”になってしまいます。

(2)だらしない女

『飾らない感じが好きで付き合い始めたけど、俺の友達と一緒の時くらい少しはオシャレしてくれないと恥ずかくて』(26歳/製造業)

『時間守れない、約束守れない、昼前の待ち合わせで食事に連れて行くと「起きたの遅かったから、さっき朝ご飯食べたばかりでお腹すいてない」ってどれだけグータラな生活しているんだ?』(35歳/自営業)

5分10分の遅刻なら「ごめんなさい!」と可愛く謝れば多めに見てくれる男性も多いでしょう。
しかし生活リズム自体が彼と全く違うと彼を疲れさせてしまいます。

飾らない女を自負していても、キメる時はキメてギャップのある女がより魅力的に感じられるでしょうね。

(3)「ありのまま」の勘違い

『すぐ拗ねる、ちょっとしたことに嫉妬する、ツンデレが激しすぎ。それで「私はありのままで生きていたいの」って言われた時はゲンナリした』(25歳/運送業)

『「本当は私の事なんか好きじゃないんでしょ?」等々ネガティブ発言連発。一緒にいて暗い気持ちになるから「もうちょっとポジティブになった方がいいよ」というと「これがありのままの私なの」ってもう無理!』(36歳/会社員)

“自分らしい生き方”“ありのままの自分”そのままの自分を受け入れて欲しいという気持ちが強いのでしょうが、ある意味成長を拒んでいるとも考えられます。
“自分はこういう人間だから”と決め込んでいるのは自分自身ではないでしょうか。

少し勇気を出して自分自身の変化を楽しむことも彼への刺激になっていいかもしれませんね。


今回は男性の一方的な意見をご紹介しましたが、次の機会には女性の意見もご紹介したいと思います。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (10)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする