話題の「好き避け男子」の本音サクレツ!? 本当に好かれてない場合の見分け方とは?

好きだからつい冷たくしてしまう……なんて小学生の恋愛のようですが、意外と大人の男性でもそういう態度を取ってしまう人が少なくないようです。
ドラマ『逃げ恥』の津崎平匡(星野源)も、みくり(新垣結衣)に対してよくやっていましたよね。

そこで今回は、「好き避け」をしてしまう男性の特徴と、その見分け方をご紹介いたします!

(1)やたらと冷たい

『好きってバレて、まわりに騒がれるのが面倒というのもあって、結構つめたくしちゃうことがある。周りから「あの子、苦手なの?」とか言われて後悔したことも結構あります……』(29歳/製造)

シャイな男性の場合、自分の好意を相手の女性に知られることに臆病になっています。
ですので、気持ちを悟られないためにわざと冷たい態度を取ったりします。
もしも、他の人よりもより不自然に冷たい態度を取っている場合は、“好き避け”の可能性が高いです。

好き避けではない場合は……

他の人に対しても自分に対しても同じように冷たい態度を取っている場合は、好き避けではなく単にドライな性格なのかも……。

(2)視線を合わせようとしない

『単純に恥ずかしくて視線を合わせられない(笑)昔は年齢重ねたら見れるようになるだろうとか思ってたけど、いつまでたってもやっぱり慣れませんね……』(27歳/販売)

好き避けをする男性は恥ずかしがり屋さんが多いです。
好きな女性を見ていることを気づかれたくないので、わざと視線を送らないようにしています。

しかし、好きな気持ちがあるので無意識にチラチラ見てしまうのも好き避け男子の特徴。
普段は視線が合わないのに、たまに視線が合うと顔を赤らめて下を向いてしまうのです。

好き避けではない場合は……

何度彼の方を見ても全然目が合わない場合は、単に興味を持たれていない可能性が高いかも……。

(3)他の男性と仲良くすると機嫌が悪い

『他の男と話してたらすごく気になる。無意味に疑心暗鬼になったりも』(30歳/メーカー・卸)

好きな女性と他の男性が話をしていて、全く気にならない男性はいません。
普段はクールを装っていても、気になる女性が他の男性と仲良くしているとどうしても気になってしまいます。
他の男性と話していると明らかに機嫌が悪くなっている場合は、好き避けの可能性大。

好き避けではない場合は……

他の男性と話していてもいつもと全く態度が変わらない場合は、あまり脈がないかもしれません。

(4)普段はそっけないのに話しかけると嬉しそう

『自分から話しかけるのは緊張してなかなかできないんですが、話しかけられると全力で話したいと思ってしまいます』(24歳/大学生)

いつもは冷たい態度を取っている男性がコチラから話しかけると意外に嬉しそうな場合は、その女性に興味がある証拠。
会話をしているときにニコニコしていたり、まんざらでもなさそうな場合は好意があると思っていいでしょう。

好き避けではない場合は……

話していてもちっとも楽しそうじゃなく不機嫌そうなら、好かれていない可能性が高いです。


好き避けは、恥ずかしがり屋でプライドが高い男性がしてしまいがちな行動です。
「好きな女性に嫌われるのが怖い」という心理だと思えば、ちょっと可愛らしいかも?
冷たい態度を取られてもめげずに、“好き避け”かそうでないか見極めるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (1)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする