「健康食」というワードに弱くなりがち!? #アラサーあるある体験談

今回ご紹介する「独身アラサーあるある」は「肉よりも健康食が気になるようになった……」といった体験談。

「20代の時よりも肉を食べなくなった」「健康食に興味が出てきた」なんて話に心当たりはありませんか?

アラサーになってからなんとなく体力の低下を感じたり、体のたるみが気になってきたり……。
きっかけは各々あるかと思いますが、体に関わることは、「食」から改善すべきと考えている方も多いのではないでしょうか?

第6話:薬膳火鍋がやたらと気になるアラサーちゃん


アラサーA:「Bちゃん~、薬膳火鍋食べに行かない!?」
アラサーB:「なにそれ、怖いんだけど」
アラサーA:「漢方がたくさん入ってる、美容にも健康にもいいおなべ!流行ってるんだよ、知らない?」
アラサーB:「すごーい!いきたいいきたい!ぷるぷるお肌カモ―ン」
アラサーA:「20代前半は『食べ放題』の文字にときめいちゃってたけど、最近は『健康食』にときめいてしまうのよね……」

「肉」がメインじゃない鍋なんて、考えてもいなかった20代のあの頃……。
今では、体や美容に良い「健康」がメインのお鍋が定番になりがち。

「肉よりも健康食」、薬膳火鍋に心を躍らせるアラサーちゃんたちなのでした。

「肉よりも健康食が気になりがち」あるある体験談

『薬膳鍋にもいろいろあって、この前いったお店では「美肌鍋」なるものを注文しました。そろそろ体や美容のこと考えて食事をするようにしなくちゃな~と思っています。肉よりサプリメントの方が摂取していると思う』(32歳/編集)

『あんなにお肉が大好きだった20代。余裕でおかわりしていたものも、最近では食べれなくなり、健康食志向に。健康を意識しないといけない年齢になったって感じ』(28歳/総合職)

『肉や揚げ物を食べると翌日胸やけがヤバい。最近の女子会では料理がいかに低カロリーで、ヘルシーかが求められてるかも』(30歳/販売員)

20代の頃の集まりに比べ、アラサー女子会では食の変化が。

暴飲暴食をしたってなんの影響も感じなかったあの頃を懐かしい……なんて思うかもしれません。

将来のことをしっかり見据えて、体や肌には食事の面からも気を遣いたいですね。


体が少しずつ、肉や油ものを受け付けなくなってきたのは、体質の変化かも。
健康食に切り替えるのは体にとっても大切なことですよ!

肉も必要ですが、自分の体の変化に合わせて適切な食事をとるように心がけていきたいですね!

イラスト/猫竹
文/恋愛jp編集部

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする