着たままトイレもOK!? “ダメ人間量産”ウェア「冬のダメ着」がパワーアップして新登場!

2013年の「人型寝袋フリース」に始まり、さまざまな改良を繰り返しながら冬のダメ着を販売してきたBIBI LABが、最新作を発売!

これまでに18,000人以上の「動けるダメ人間」を量産してきた「冬のダメ着」シリーズですが、今回はさらなる改良を加えて「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着」として新登場!
今回はそんな新商品の特徴と魅力についてご紹介していきます。

「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着」ってどんなもの?

冬はこたつや毛布からなかなか出られなくなりますよね。
そんなときに頼りになるのが、「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着」です。

「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着」は、頭から足先までをもふもふのフリースで包むため、一般的な着る毛布よりも保温性が高いのが特徴。
また、お腹まわりは締め付けがないため、全裸のような開放感が得られ、機動性にも優れています。
さらに、顔や手足も自由に出し入れできるため、「暖かさ」と「機動性」が融合した画期的な冬の部屋着として人気を博しています。

そのほかにも、洗濯機で丸洗い可能、静電気防止加工、スマホが入るポケット付きなど、細部までこだわっている点も大きな特徴です。

そのままトイレもOK!?「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着」4つの魅力

では、そんな新しい「冬のダメ着」の魅力を4つに分けて詳しく説明します!

(1)顔の露出度を調整できる「ヘッドギア」

今回の改良では、フードとマスクを使い分けることで、顔の露出度を自由に変えられるようになりました。

フルフェイスモード、忍者モード、マスクモードなど、冷えやすい鼻や耳を覆いながら、自分の好みに合わせて顔の露出度を調整できるようになっています。

(2)指先の出し入れが簡単にできる「可変ミトン」

可変ミトンも今回の改良で導入され、指先を冷えから守るだけでなく、必要に応じて指の出し入れができるようになりました。
スマホを操作する時はスマホモード、ゲームの時には5フィンガーモードなど、様々な動きに対応可能になっています。

(3)着たままでトイレができる「着たままトイレシステム」

お尻部分にジッパーが付いているため、それを開閉することで、脱がずにそのままトイレができます。
また、開口部のサイズは一般的な便座のサイズに合わせて45cmになっているため、ストレスなくトイレタイムが楽しめるようになっています。

(4)カラーが豊富

カラーはネイビー、ブラウン、ピンク、レッド、グリーンの全部で5色。
戦隊ヒーローモノのような色展開で、友達や家族で買っても色かぶりすることがほとんどありません。
色違いで着ればみんなで楽しめそうですね!


実用性だけでなく、エンタメ性も兼ね備えた「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着」。
こんな楽しい部屋着があれば、厳しい冬も乗り越えられそうです!

2017年最新モデルは色によってサイズが異なり、ピンクとブラウンはMサイズ、レッドやグリーン、ネイビーはLサイズで展開されています。価格はいずれも7400円(税抜)です。
残念ながらグリーンとレッドはすでに完売し、現在、ネイビー、ブラウンのみ予約承り中!!

アマゾンやヴィレッジヴァンガードのオンラインストアで購入できるので、ぜひチェックしてみてください!

【参考リンク】
着る毛布の新定番!ニュータイプ着る毛布冬のダメ着 | Bibilab

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする