「とりあえず事務職」はキケン!? フリーターからOLを目指す人が知っておくべきこと

【相談者:20代女性】
昔はなりたいことが声優でした。
でもそれはなるのがすごく難しいので諦めて今は居酒屋でバイトをしています。

今まで付き合った彼氏は同じ職場のフリーターでした。
でも最近、夜遅いしずっと居酒屋バイトだけではマズいのではと思い始めています。
そこで、とりあえずOLでもやろうかなと思ってるのですが、どう思いますか?

a やりたいことがないから「事務職」は甘え

こんにちは。婚活コンサルタントの菊乃です。
OLって具体的にいうと事務職のことですよね。

事務職といっても、人事とか経理とか実績が必要なところじゃなく、一般事務というイメージでしょうか?

今回は20代フリーター女性の就労支援事業をしている株式会社キャリアステーションティアラの執行役員鈴木結香さんにお話を伺いました。

「とりあえず事務職」という方はどんなタイプ?

高校を卒業してからも、アルバイトの延長で居酒屋やコンビニでバイトという仕事で働いていてオフィスワークの経験がない方が多いです。
専門学校卒の方もいますが、アニメーター専門学校、声優養成所など。

美容学校を卒業して美容室のアシスタントで入ったけれど辛くて短期間で辞めたという子もいます。
やりたいことがあって、それを挑戦する行動そのものは良い事だと思うのですが、その専門学校に入った後の就職まで考えが及んでいません

狭き門だと分かっていても、そこに向き合わず、ダメだったときの準備をしていない、もしくは、いつでも就職できると思っているのかもしれません。

何にしても、“キャリアアップについて真剣に考えること”から目を背ける環境に身を置いていたのかなと思います。
事務職を希望するのも、「楽そう」「親がやっていた」「コミュニケーション力がなくてもやれそう」という狭い視野の中でイメージで希望してしまいがちです。

アシスタント業務のみの事務職は昇給しない

「え!事務職ってずっとお給料が上がらないんですか!」と驚く方が多くいます。

フリーターの方々はキャリアプランという考え方がなく、社員ならばみんな社歴が上がれば給料が上がると思っている。
企画、人事、経理などの実績が必要になるような仕事ではないアシスタント業務だけの事務職は基本的に昇給がありません

フリーターから事務職になれたとしても、そこがゴールではなく事務経験を活かしてキャリアアップしていったほうが良いでしょう。
新卒一般事務で就職した方も、30歳前後で総合職に異動されたり転職する方は多くいます。

「未経験可事務職」は本当に未経験可なの?

未経験可とはいえパソコン入力ぐらいはできる方ではないと厳しいと思います。
普通の事務職の方は1分間に200文字程度を入力できますが、実際にパソコンを触らせてみると、中には60文字程度の子も。

今は大学生もスマホでレポートを書く子もいるとか。
しかし、企業はパソコンの使い方からは教えてくれません。

事務職は未経験だったとしても、学校で習うレベルのごくごく基本のパソコン知識ぐらいは身に付ける努力をしてほしいと思います。

脱フリーターの年齢は何歳までが理想?

20代、できれば27歳ぐらいまで
当然ですが、どうせ経験がないなら若い方が教育しやすい、というのが企業の考えです。

お金の知識が乏しい

お金に対してあまり執着がなく額面の条件で希望をいう方はあまりおりません。
実家暮らしの方も多いため困らないのでしょう。

人生で何にお金が必要かという知識も乏しいのです。
派遣で事務職の場合は年収が260万円前後。

手取り額は年収200万、月17万円程度でしょう。
結婚したとしても、旦那さんの収入が減ったり病気になることも。

今は共稼ぎのも一般的です。
都内でマンションを買う、子どもが大学まで卒業する教育費、仮に一人でずっと独身だった場合の老後資産がどれくらい必要かを知りません。

目安ですが、マンション2000万円、子どもの教育費2000万円、80歳まで生きると仮定した老後資産2000万円。
ずっと派遣事務職の方が老後資産を自分で貯めるとしたら30歳から毎月5万円ずつ貯めていけば2000万円近い金額になります。

昇給がある実績が認められる形で働いている方は40代で400万円、50代で500万円とお給料が上がりここでマンションローンを払い、老後資金を貯め、子どもの学費を払うのです。
しかし、事務職なら40代でもずっと手取り200万円……という事も考えられます。

プライドが高いフリーターの方がいる

知らないことがあることや経験がないことそのものは別に構わないと思うのです。

それはそれでしょうがないですし、これから成長していけばいいのです。

しかし、フリーターの方の中には「仕事をやってあげている」という妙に上から目線の方も。

教えてもらうという姿勢がある方のほうがうまくいくのですが。
若ければ素直さとバイタリティだけで採用してくれる企業はたくさんあります。


鈴木さん、ご相談いただきありがとうございます。

こんなことさえ知らない無知すぎる女性は、まともに働く男性がわざわざ選んではくれません。
(若くてカワイイ20代フリーターとおじさんという組み合わせはあるかもしれませんが)

「やりたいことがないからとりあえず事務職」じゃなく、あなたがやれることを探してみましょう。
私のところには、稀に30代で実家暮らし非正規雇用という方が「そろそろ結婚とか考えたほうがいいかと思って」と相談に来ます。

その年まで先延ばしをしたのは同世代と広がる差を見たくなかったから。
30代からだってできないことはないけれど、かなり厳しい。

外見も幼い服を着ているけれど、髪や肌はパサパサの幼いおばさん……なんて、嫌ですよね。
20代では差がなくても、30代からはキャリアがある方のほうがキレイな方が多いです。

会話の引き出しも多いから、キャリアがある方のほうが一緒にいて楽しいでしょう。

フリーターに未来はありません。
先々のことを考えず、目先の快楽に弱い女を本命に選ぶ誠実な男性もそう多くはいません。
見たくない現実は、1日でも若いうちに直視してください。

若さの無駄遣いは今すぐ止めましょう!

【取材協力】
・鈴木結香
株式会社キャリアステーションティアラ所属。
20代フリーター女性のキャリアアップ、就労支援事業を行う。
株式会社キャリアステーションティアラ

●ライター/菊乃(遅咲き姫専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (9)
  • うーん (18)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする