帰省にも便利!おしゃれで便利な“旅行アイテム”「フライトワン」のアンテナショップが登場

飛行機を利用する人なら、「FLIGHT 001(フライトワン)」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?
フライトワンは空の旅に役立つオシャレなアイテムを数多く取り揃えた、旅行者たちに人気のブランドなんです。

今回はそのフライトワンが成田国際空港の中に出店する、ポップアップストアについて詳しくご紹介します!

フライトワンってなに?

フライトワンは、1998年にアメリカのニューヨークで誕生したトラベルコンセプトストアです。
飛行機による空の旅が人々の憧れだった1950~60年代を意識した、レトロモダンなデザイン性と優れた機能性、その両方を兼ね備えた多数のトラベルアイテムを扱っています。

日本では「エース株式会社」が商標権を取得して、2013年10月に第一号店である原宿店をオープンして以降、その店舗数を拡大しています。

期間限定ストアが成田空港にオープンするワケ

日本が誇る空の玄関口である成田国際空港内にポップアップストアを出店することによって、快適な空の旅をサポートすると共に、フライトワンの優れたアイテムの数々をより広く知ってもらうことを目的としています。
そのためポップアップストアでは、空港内で購入後すぐに使用できる機内グッズなどを中心に販売しています。

そしてポップアップストアは、2016年12月16日(金)から2017年2月6日(月)までの期間に出店されています。
出店場所は、第2旅客ターミナル本館4階の南側催事スペース、営業時間は午前8時から午後8までの間です。

どんな商品が売られているの?

では、実際にどんな商品が販売されているのか。
その一部をご紹介します!

Jetmor ウォールナットプリント 38L

1950~60年代のインテリアを元に作られた、レトロモダンなデザインのスーツケースです。
木目調のプリントは、ウォールナットの木目をモチーフにしています。
機内への持ち込みが可能なサイズで、2~3泊の短い旅行に適しています。

Dash ホワイト 31L

ホワイトとブルー2色の鮮やかなカラーが印象的な、機内への持ち込みが可能なスーツケースです。
幾何学的なシボ加工やリブなどのレトロデザインが特徴的で、機能面にも優れており、機内持ち込みが可能なサイズです。

Travel Foot Rest(トラベルフットレスト)

飛行機での移動中などに前のテーブルに装着することで、ハンモック状にして脚を支えることが出来ます。
かまぼこ型のスポンジが中に入っており、床において使用する場合は足裏マッサージにも利用できます。
そして、簡単にコンパクトにまとめることが出来るため、持ち運びに困りません。


いかがでしたか?
機内や旅先などの不慣れな場所で快適な時間を過ごすには、便利なトラベルアイテムを利用することがとても大切。
フライトワンには機能的なだけでなく、持っていると楽しくなるオシャレなデザインのアイテムが多数揃っています。

また空港内にあることで、旅立つ直前でも手軽に入手することができるのも嬉しいポイント!
これから成田空港を利用する予定がある人は、ぜひ立ち寄ってみては?

【参考リンク】
トラベルコンセプトストア「フライトワン」期間限定ストアを成田空港内にオープン! | エース株式会社

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする