#1:大阪女子に学ぶ!! 「死ぬまでそばにいたい」と思わせる究極の一言とは?/落としの一句

地方出身女子にとって、大きなモテ武器となるのが“方言”。
実際に、男性の中には「不意打ちの方言に落ちた」という人も少なくありません。

そこで、このコーナーでは、そんな方言女子たちの“落としの一句”をご紹介!
今回は「大阪女子」の一句を学びましょう。

「もうちょっとおってえな」(大阪)

『なんでこんなにかわいいんだろうね。愛嬌ありすぎでしょ。一度は言われたい』(27歳/サービス)

『この前帰り際に彼女に言われて、もう死ぬまでそばにいてあげようって思いました。ちょっと素直じゃない感じがたまらないよね』(33歳/営業)

大阪の落としの一句は、「めっちゃ好きやねん」だけじゃない!!
普段はサバサバで少し強がりな彼女だけど、寂しさに負けてふいに出てしまった一言。
「まだ離れたくない……」そんな気持ちを、切ない表情とともに言われたら、そりゃ男はイチコロですよ。

【使用例】たまには甘えたい……普段素直になれない女子たちへ


~時刻は23:30、居酒屋での飲み会もそろそろ解散の頃~

男「今日はいっぱい喋っちゃったな!終電、大丈夫?」

女「うん、たのしかった!久々のストレス発散なった!」

男「せやな!じゃぁ明日も仕事だし、俺そろそろ帰るわ」

『んーー。あと10分……もうちょっとおってえな』

男(ズキュン!! あ……落ちた)

そろそろ“お開きムード”……という時に使えるとっておきの落としの一句!
男性の服をそっと引っ張りながらおねだりするのがポイントです。


いかがでしたか?
不意打ちのその一言に、男はイチコロ!
次回の「落としの一句」もお楽しみに!

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする