年収よりも○○が大事!? 自分より「年収が低い男」との結婚はアリかナシか?

こんにちは、コラムニストのLISAです。

男女関わらず、結婚願望のある方は、一度は結婚相手の条件について考えたことがあるはず。
きっと、「優しい人」「気遣いができる人」と大まかな条件をあげる人もいれば、中には「四大卒で有名企業勤めの次男」なんて具体的な理想を掲げている人もいるのではないでしょうか。

そして、女性側が結婚相手の条件をあげるとき、必ずと言って話題にあがるのが、相手の男性の年収問題
ひと昔前であれば、自分よりも高い年収を結婚相手に求める女性は多くいたかもしれません。

しかし、時代が変わり、昨今では男性以上にばりばり働くキャリア女性も増えてきました。
もしかすると、「あまり結婚相手の年収は気にしない」という女性もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、『自分より年収が低い男性との結婚は「アリ」or「ナシ」?あなたはどっち派?』というアンケートをとってみました。
その結果に基づき、現代の女性が求める年収問題について詳しく見ていきたいと思います。

結果は『ナシ派』がアリ派を上回る結果に!

■ 自分より年収が低い男性との結婚は「アリ」or「ナシ」?あなたはどっち派?

・自分より年収が低い男との結婚は『ナシ』 ……71%(80人)
・自分より年収が低い男との結婚は『アリ』 ……29%(46人)

アンケート結果は、ナシ派の女性の方が71%とアリ派を上回る結果となりました。
とはいえ、アリ派が29%もいることに意外な印象を受けた人も多いのでは?

具体的な人数にすると、約10人に3人は「結婚相手の年収を気にしない」女性であるということ。
金銭的な問題から結婚を悩んでいる男性にとって、これは朗報とも言える結果になったのではないでしょうか。

そして今回は、20~30代の独身女性の方々からの意見も聞いてきました。

『ナシ派』は将来を見据えている?

『別に高収入を求めるわけじゃないけど、それなりの年収は欲しいかな。だって私自身、今現在働きながらひとり暮らしをしていて生活が厳しいと感じることもあるのに、それよりも年収が低い人と結婚したら今以上に生活が厳しくなるわけでしょ?そうなると、苛立ちとかから相手との喧嘩も増えそうだし』(30歳/事務職)

『私の父親があまり働かず、母親が苦労する姿を見て育ってきたので、物心ついた頃からお金のない男とは絶対結婚したくないと思っていました。お金のことで両親が喧嘩している姿がトラウマになっているので……』(25歳/美容師)

『結婚して相手と二人だけなら別にかまわないけど、私は将来子どもが三人くらい欲しいと思っているから、そのことを考えるとそれなりの年収は必要。結婚はお金じゃないとは言うけど、最低限のお金がなければ子どもに何もしてあげられないし』(28歳/保育士)

「自分より年収が低い男性との結婚はナシ」とは言っても、何も高収入の男性を求める女性ばかりではありません。
中には、家庭環境からお金のない生活の辛さを経験した女性もいれば、結婚後の出産や子育てを見据えてお金のことを具体的に考えている女性もいます。

ナシ派の女性にもさまざまな考えがあるようです。

『アリ派』は年収以外に重要な条件がある?

『夢見がちって言われるけど、愛があれば何とかなる気がする。
実際、周りで結婚した子の中にもお金がなくても幸せそうな子はたくさんいるし』(23歳/フリーター)

『自分がそれなりに稼いでいるから問題ありません。それより、家事や子育てを積極的に手伝ってくれる旦那さんの方が私としては理想です』(33歳/営業)

『たとえ年収が低くても、夫婦で最低限の生活さえできればそれでいいかなって。というより、お金持ちの男性と結婚して、人が変わったかのように嫌な女になった女友達とかをたくさん見てきたから……。私はあの子たちのようにお金を持ったことで人間性まで変わりたくないって思ったんです』(28歳/医療事務)

一方、「自分より年収が低い男性との結婚はアリ」という女性は、年収以外に男性に求める条件があるため、さほど相手の年収を気にしないのだとか。それが愛情だと考える人もいれば、中には男性には家事を頑張ってもらいたいという女性も。

また、お金を持つことにより性格や価値観が大きく変わる人もいます。
その恐怖から年収がありすぎる男性との結婚は不安と考える女性も珍しくはないようです。


数十年前までは、重要視されていた結婚相手の年収問題。
しかし、時代の変化と共にその重要性も徐々に薄れてきた印象を受けました。

もちろん、ひとり暮らしであれ、結婚生活であれ、暮らしていくためには収入を得るということが大切です。
でも、それ以上に大切なものは他にもたくさんあります。

もし、結婚相手の年収だけにこだわっている女性がいれば、その他の条件にも目を向けてみてはどうでしょうか。
もしかすると、今までこだわっていた年収も、実はさほど重要なものではないのかもしれませんよ。

【参考リンク】
自分より年収が低い男性との結婚は「アリ」or「ナシ」?あなたはどっち派?

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする