かまってちゃんはNG!返信がこないときに見直すべき「LINEの送り方」3つ

【相談者:20代女性】
両想いの彼からのLINEの返事がちょっと遅くなってきています。
最近も、数回ほどデートをして、「そろそろ告白かな~」なんて勝手に思っていたんですが、こんな状態なので、彼にほかに好きな人が出来ていないか、ちょっと心配です。

彼いわく「最近、仕事が忙しい」らしいんですが……。
LINEで彼の気を引かせるポイントがあれば、ぜひ教えてください。

a 彼がつい返事を返したくなるメッセージを送れているか注意してみて。

ご質問ありがとうございました。ライターの雪見かおるです。

男性って元々連絡無精な人が少なくないといいます。
男友達が相手ならLINEでひと言ふた言、用事があったらやり取りする程度で、好きな人に習慣的にやり取りをするのは「相手が特別だから」という人も珍しくないとか。

相談者さんとLINEのやり取りが習慣付いていることから、きちんと好きの気持ちは変わらずありそう。
好きでもない人とわざわざデートをする男性は稀でしょうからね。

親睦が深まっているからこそ、LINEのやり取りがちょっと落ち着いてきている可能性が高いかもしれません。
今回は、付き合う前の男女関係で意識したいLINEメッセージの送り方を考えてみました。

(1)やり取りは明るく無邪気に

『好きな人のLINEなら、すぐに見たくなるし、基本返したくなるけど。明るく無邪気なメッセージだと、思わず笑みがこぼれて、構いたくなるかなあ』(20代男性/サービス)

受け身な恋愛よりも、彼を明るく楽しませる恋愛をした方が、男性は“相手にしてあげる感覚”が薄れて、あなたとのやり取りがもっと楽しくなるかもしれません。

例えば「おはよー!今日も仕事頑張ろうね!」、「お疲れ様!ちゃんと稼いできたかい?(笑)」など。
たったひと言でも無邪気に明るく送れた方が、男性はあなたのテンションに魅力を感じて、すぐに返事を返したくなるかもしれませんね。

(2)彼の気持ちに寄り添う

『「自分が自分が!」なんていう構ってちゃんだと、返事は遅くなるかなあ。受け止め上手っていうか、俺がつい話しちゃうやり取りは、逆に俺が構って欲しいから、返事が早いかも(笑)』(20代男性/販売)

真面目に今日あった出来事を彼に報告、もいいですが。
たまには彼を相手にできる、ちょっと大人な姿勢を見せられるといいですよね。

「なるほどね~!」「いいね!」と、彼の気持ちに寄り添った反応が取れれば、彼は遠慮なく本音をさらけ出すことができるはず。
返事が早いのはもちろん、やり取りする時間も自然と長くなりそうです。

(3)彼の味方である意識を持つ

『LINEの返事って、好きな人には変なこと送りたくないから、落ち着いて時間が持てる時に返す。悩みがある時なら、なおさらかな』(20代男性/製造)

生活をしていれば、仕事、プライベートで悩むこともあるものです。
彼がそんな様子の時は、親身になって相手をしてあげて。
ムリに話しを聞き出すよりも、温かく見守ってあげる姿勢を大事にしましょう。

話を聞く際は「話してくれてありがとう~」、「私で良かったら、いつでも話聞くからね!話して楽になることもあるだろうから」と、彼の味方になってあげる姿勢を取れると、男性もあなたの存在がより有難く感じられそうです。


彼からのLINEの返事が遅くなっている時は、あなたの構ってちゃんな態度にちょっと疲れてしまっている恐れも。
ちょっと大人になって、こうしたポイントを意識できると、彼は再びあなたに魅力を感じ出し、積極的にやり取りしたくなるかもしれません。
相談者さんを含め、心当たりのある女性はちょっと気を付けてみてくださいね。

●ライター/雪見かおる(恋愛、LGBT専門ライター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (6)

恋愛jpをフォローする