冬の乾燥対策に!! ちょっぴりオトナの特別な「植物画STEAMCREAM」はいかが?

2017年は、STEAMCREAM(スチームクリーム)にとってブランド誕生10周年のメモリアルイヤー。
その記念デザイン第一弾には、日本近代洋画の巨匠、小磯良平氏の植物画が採用されました。

今回は10周年を迎えるスチームクリームと小磯良平氏に迫ります。

cream

スチームクリームのこだわり

ふわふわっとした柔らかな質感とみずみずしい使い心地、植物のナチュラルな香りが特徴のスチームクリーム。
アーモンドオイル、ホホバオイルといった高品質の保湿効果の高い植物素材を贅沢に使用し、国内の工場で作られています。

また、香りはラベンダー、ネロリなどのエッセンシャルオイル由来です。
保存料はごくわずか、動物性素材は一切使用せず、動物実験をしている企業からは素材を仕入れないという徹底ぶりなので、安心して全身に使えます。

スチームクリームの缶デザインにご注目!

スチームクリームの缶デザインは、どれも数量限定。
これまでに、様々なアーティストやジブリ、ディズニーなどのキャラクターとコラボしたデザインを発表してきました。

そして、10周年記念限定デザインの第一弾としてスチームクリームとコラボレーションをしたのが、小磯良平氏です。

日本近代画の巨匠といわれる小磯良平氏

小磯良平氏は、ヨーロッパで学んだ絵画の技法を日本の洋画界に定着させ、日本の洋画界に多大な貢献をした昭和期の洋画家です。

今回の限定デザインでは、鉛筆と水彩で描かれた薬用植物画約170点のうち、厳選された6種をしています。
小磯氏が繊細なタッチで描いた薬用植物画と描かれた薬用植物をご紹介します!

(1)MOMO モモ

momo

中国北西部の高地原産のバラ科の高木、桃。
春を告げる淡い紅色の花です。

ピンクの花がとっても愛らしく、女性らしいデザインに仕上がりました。

(2)RENGYO レンギョウ

rengyo

中国原産のモクセイ科の樹木で、早春に黄色の可憐な花をつけます。

黄色い花と緑の葉っぱのコントラストが非常に素敵な一品です。

(3)FUJIMODOKI フジモドキ

huji

中国原産のジンチョウゲ科の樹木。
春の盛りに小さな薄紫色の花を咲かせます。

藤色の花がとっても上品で、高級感が感じられますね。

(4)OLIVE オリーブ

olive

ヨーロッパ原産、モクセイ科常緑高木です。
6月頃に淡緑色の小花をつけ、秋に熟す果実からは、化粧品やクリーム、塗布薬などに用いられるオリーブ油がとれます。

(5)UME ウメ

ume

中国原産のバラ科小高木で、日本では古代から親しまれてきました。

みずみずしいウメのイラスト、見ているだけでリフレッシュできそうですね!

(6)TERIHANOIBARA テリハノイバラ

noibara

主に東アジアに自生するバラ科の常緑低木です。
初夏に真っ白な花をつけ、秋には下剤として使われる生薬のもととなる実をつけます。

小さくて可愛らしい赤い実がとってもかわいいですね。

特別なSTEAMCREAMをゲットしよう!!

スチームクリーム、小磯良平・薬用植物画コレクションは1月4日発売。
スチームクリーム公式オンラインストアや直営店舗、全国百貨店の催事や一部のバラエティショップで取り扱われる予定です。

内容量は75g、価格1,620円(税込)
※価格は店舗によって異なることがあります。


スチームクリームと小磯良平氏のコラボ、とっても素敵ですね。
まだまだ厳しい冬の乾燥の中でも、スチームクリーム1つで全身をしっかり保湿することができます。
数量限定なので、お求めはお早めに!

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする