愛情は「お金」では買えません!! カレへの“貢ぎグセ”をなおす方法5つ

「彼に喜んでほしいから」、「彼に嫌われたくないから」といった理由で男性に貢いでいませんか?
貢ぐのが当たり前になってしまうと、恋人関係がゆがんだものになり、最終的には二人とも不幸になってしまうことがほとんどです。

貢ぎ体質から抜け出せないでいると、幸せが遠のいていくばかりです。
そこで今回は、貢ぎ体質からの抜け出し方についてまとめました。

gift

(1)自分を見つめ直す

『彼に言われるがままにしていたら、いつの間にか貢ぐのが当たり前になっていた。周りの友達には辞めたほうがいいといわれてたけど、自分はおかしいことに気づいてなかったです』(27歳/販売)

“頼まれると断れない”、“優柔不断”といった性格の人がこのパターンに陥りがちです。
こういった人は、一度冷静に自分を見つめ直して、貢ぐことが普通ではないことを改めて確認するといいかもしれません。

友人に相談するのもいいですし、相談ができなければ、友人が自分と同じようなことをしていたらどう感じるかを想像したりすると、冷静になれます。
一度冷静になって、自分をしっかり持つことができれば貢ぐのもやめられるはずです。

(2)自信をつける

『自分にずっと自信がなかったからこそ、貢いだら優しくしてくれる彼に依存してたとおもう。そんな自分に周りの人もドン引きしてたからこそ、余計に依存しちゃって悪循環だったかも……』(26歳/飲食店)

貢いでしまう女性の特徴の一つに“自分への自信がなさ”が挙げられます。
自分に自信が持てないため、お金に頼って彼の気持ちをつなぎとめようとしてしまうのです。

こういった人は小さな成功体験を積み重ねて自信をつけていくことが大切です。
毎日小さな目標を作ってそれを達成していくだけでも自分に自信が持てるようになります。
自信が出てくると自然とお金に頼ることもなくなるはずです。

(3)自分に貢いでみる

『貢ぎまくった彼氏と別れたとき、半分自暴自棄になってネイルやらエステやらマツエクやらで散財しまくりました(笑)そんなことをしてるうちに、なんか付き合ってる人のためにお金を使うのがバカバカしくなっちゃいました』(31歳/事務)

貢ぎ体質から抜け出すために、これまで彼に貢いでいたお金を自分のために使ってみるのもいいかもしれません。
お金が無くなるという点では彼に貢ぐのと変わりないですが、得られるものに違いが出てきます。

例えば、エステやネイルに行ったり、新しい洋服を買ったりしておしゃれに気を使うようになると周りの見る目が変わってきます。
すると自然と自信が持てるようになり、貢ぐのがバカバカしくなってくるはずです。

(4)ルールを決める

『彼氏のためにお金を使ってないと不安だったけど、今は出費の上限を決めるようにしてます。じゃないと長く付き合えないですよね』(29歳/営業アシスタント)

付き合う相手にいつも貢いでしまうという人は、最初からお金に関してのルールを二人で決めておきましょう
貢ぎ体質の人は一度貢いでしまうとなかなか抜け出せないものですが、付き合いが始まった時にルールを決めていれば、そう簡単に貢ぐようにはならないはず。

「デートする時は割り勘」「プレゼントの上限金額は3万円まで」など、いくつか細かいルールを決めてみてはいかがでしょうか?

(5)カウンセリングを受けてみる

『少し前、ホストに依存しまくってしまい、心理カウンセリングを受けました。先生は親身になってくれて本当に感謝してます。なかなか一歩が踏み出せなかったんですが、私は相談して良かったと痛感してます』(24歳/派遣社員)

どうしても貢ぎ体質から抜け出せないという人は思い切って一度カウンセリングを受けてみるのも一つの方法です。
付き合う彼にいつも貢いでしまうのは、一種の病のようなもの。

専門の先生に相談することで、考え方が改められ、貢ぐことから抜け出すきっかけが作れるはずです。


いかがでしたか?
男性に貢いでばかりいては本当の幸せを手に入れることはできません。
貢ぎ体質の人は、ぜひ今回ご紹介した方法を試して、本当の幸せを手に入れてください。

お金ではない、別の愛情表現方法を考えてみるといいかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)

スポンサーリンク

data-ad-region="1">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

スポンサーリンク

data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする