気遣いぶったお節介は迷惑?女性が女友達と縁を切りたくなる5つの瞬間

【相談者:20代男性】
僕の彼女は人付き合いが苦手な女性です。
というより、友達と揉め事を起こしては、「もう絶交する」とすぐに人との縁を切ってしまう子なので、友人と呼べる存在がほとんどいません。
学生時代の友人はもちろん、社会人になってからせっかくできた職場の友達とも、些細な揉め事が原因で縁を切ったそうです。
彼女いわく、「女同士はいろいろあるから仕方ない」のだそうですが、やはり心配です。

僕としては、やっぱり仲の良い同性の友達はいた方が良いと思うのです。
ただ、男同士だと簡単に友情が壊れることってありませんが、女性は違うのでしょうね。
女性が友達と縁を切ってしまうのは何が理由なのでしょうか。

また、彼女のような女性はどうすればよいのでしょうか。
彼女の手助けをするためにも、女同士の友情について教えてください。

a積もりに積もった不満が縁を切ることにつながるのです。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

女同士の友情は儚く脆いと言われます。
実際、男性に比べ、嫉妬深さやライバル心が強い女性同士は、ひょんなことから相手に敵対心を抱くことがあります。

日常の些細な出来事が原因で、女同士の友情に亀裂が入ることも珍しくはないのです。

ただ、世の女性たちは何も突発的な衝動や感情だけで、女友達と縁を切るわけではありません。
おそらく長い友達付き合いの中で、相手に対する小さな不満をため込んでいたのでしょう。

その積もりに積もった小さな不満が爆発し、女友達と縁を切るという決断につながるのです。

簡単に女同士の縁を切ってしまわないためには、まず、原因となるその小さな不満を生まないことが大切。

そこで今回は、20~30代女性の方々から聞いてきた実体験に基づき、女性が女友達と縁を切りたくなる瞬間をご紹介します。
その体験談から、女同士の友情を壊さないための方法についても考えてみましょう。

%e5%8f%8b%e9%81%942

(1)会うたびにマウンティングをされる

『やっぱり「女としての立場は自分の方が上!」みたいなマウンティング女子は、一緒にいてもストレスがたまる。実際、ここ数年の間に縁を切った友達は全員マウンティングをしてくる子でした』(23歳女性/大学院生)

女性は同性に対してライバル心を抱きやすい生き物。
そのため、女同士の間では、ときにお互いを格付けするバトルが始まる場合もあります。

とはいえ、「私の方がモテる」「あなたよりも仕事ができる」と相手を見下すマウンティング発言は、相手に不快な思いをさせるだけ。
そのマウンティングが積み重なることにより、女友達との縁も簡単に切れてしまうのです。

(2)価値観の大きなズレを感じる

『周りの友達が結婚したり、バリバリ働いたりする中、ひとり定職に就かず、ふらふらと男遊びを続けていた友人。別に嫌いじゃないんだけど、何となく価値観のズレを感じて縁を切りました。ぶっちゃけ、会うたびに大勢の男と遊んでいることを自慢されるのも苦痛だったし』(31歳女性/営業事務)

就職、結婚、出産など、自らを取り巻く環境が変わると、同時に自身の価値観にも変化が表れます。
その価値観の変化から、女友達と疎遠になってしまうケースも珍しくはありません。

とはいえ、あまりにも大きな価値観のズレが生じると、ただ疎遠になるだけではなく、一方的に相手から縁を切られてしまうのです。
特に一定の年齢になったにもかかわらず、男遊びや夜遊びが激しいと、周りの女性から反感を買ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

(3)恋愛対象の男性が絡んで揉める

『親友だと思っていた子が私の彼氏と裏で連絡をとっていたのを知ったときは、さすがにブチ切れました。同時に男が絡むと、女同士の縁ってこんな簡単に切れるんだなと実感』(26歳女性/販売員)

恋人に他の女の影が見えれば、誰だって怒りをあらわにします。
ましてや、それが自分の女友達となると、怒りの矛先も彼ではなく女友達の方へと向かってしまうのではないでしょうか。

他にも出会いの場で狙いの男性がかぶったり、自分の彼氏を侮辱されたりなど、恋愛に関するトラブルが原因で女同士の友情が崩れることもあります。
好きな男性が絡む状況でも、女同士の縁は切れやすくなるのです。

(4)時間とお金にルーズすぎる

『とにかくルーズな友達がいて、待ち合わせには余裕で1時間は遅刻するわ、「後で返す」と言って借りたお金を返さないわ……。さすがにこっちの苛立ちも限界にきて、LINEブロックと着信拒否をしました』(23歳女性/事務職)

マイペースな性格は決して悪いことではありません。
しかし、それも他人に迷惑をかけるルーズさとなると、途端にただの自己中人間となってしまうのです。

特に時間とお金に関するルーズさは、自身の人間関係にも大きく関わってきます。
時間を守らず、お金を返さないこと度々続けば、相手も不満を抱くはず。

それが原因で女友達から縁を切られてしまう可能性だってあるのです。

(5)余計なお節介をされて気を使う

『ちょっと前に縁を切った友達は、本当に良い子だったんですが、度がすぎて逆にお節介だなと感じる部分も多くて……。私が風邪を引いたとき「代わりに家事と子守りをしてあげるね」と言われ、さすがに引きました。いくら仲の良い友達といえども、そこまで踏み込まれるとこちらまで気を使って疲れるんです』(34歳女性/専業主婦)

女性の中には、気遣いとお節介の意味を履き違えている人も多くいます。
自分が良かれと思ってした気遣いも、相手にとってはただのお節介であるなんてことも珍しくはないのです。

なにより、ただのお節介は相手にとっても迷惑であり、かえって気を使うだけの行為。
要は完全なる自己満足でしかありません。

その結果、距離をとられ、友達としての縁を切られるなんて可能性もないとは言えないのです。


女性が女友達との縁を切る前には、必ず何かしらの兆候があります。
もし、「誘いを断るようになった」「プライベートな話をしてくれなくなった」などの兆候が見えたのであれば、自分が相手に不快な思いをさせていないか思い返してみましょう。

そして、自身の言動を改めるなどして、縁を切られる前にできる限りの対策を!

相手に不快な思いをさせず、親しき仲にも礼儀ありの精神を忘れずにいれば、儚いと言われがちな女同士の友情だってうまく育んでいくことができます。
なにより、一度、強い絆で結ばれた女の友情は、ちょっとやそっとのことでは壊れないはずですよ。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする