“香り”で元カレを思い出す!? 「恋愛」と「嗅覚」のきってもきれない関係とは?

みなさんは男性の匂いで恋愛が左右された経験はありますか?
例えば、「見た目や性格はいいけど体臭が受け入れられなくて付き合えなかった」、「彼の匂いを嗅ぐとなぜか落ち着く」など。

実は、人間は嗅覚で遺伝子レベルの相性を判断しているため、恋愛と匂いは切っても切れない関係にあるのです。
そこで、今回は恋愛と嗅覚の関係についてまとめました。

hana

人間は嗅覚で相性を図っている?

人間は種を繁栄させるため、本能的に自分とは遺伝子型の遠いパートナーを選ぼうとします。
この相性を判断するために、嗅覚を使っていると言われています。
そのため、自分の遺伝子型とは遠い人の匂いを「いい匂い」と感じ、近い遺伝子型の人の匂いを「嫌いな匂い」と感じるのだそうです。

つまり、男性にいい印象を持ってもらうためには、相手の嗅覚をうまく刺激することが効果的ということです。

香りで記憶が蘇る「プルースト効果」

『電車に乗って、元カレと同じ香りがしてドキッとした。「もしかして……」なんて思ってみたり』(23歳/販売員)

『彼女と同じ柔軟剤を使うようになってから、洗濯するたびに彼女のことを思い出してなんだか、ほっこりする』(27歳/商社)

ある香水を嗅いだら元カレとの記憶が蘇ってきた、なんて経験はありませんか?
これは、嗅覚から過去の記憶が呼び起こされる心理現象で、プルースト効果と呼ばれるものです。

嗅覚は喜怒哀楽などの感情を司る大脳辺縁系と強く結びついています。
そのため、匂いが感情に直接作用して記憶を呼び起こすのです。

これを恋愛に利用するためには、男性にいい香りを嗅がせて印象付けることが大切になってきます。
香りを印象付けることで、違う場所で同じ香りを嗅いだ時に自然と思い出してもらえます。

何度も思い出すうちに、男性の方もだんだんとあなたのことが気になりだす……なんてことも!?

男性が好む香りは?

自然で清潔感のある香りが好き

『THE香水って感じの甘い匂いが苦手。ブランドのとか言われても匂いだけじゃ分からないし……』(25歳/IT関係)

『香水をかえたら彼氏から好評!個人的には甘い感じも好きだったけど、柑橘系のサッパリした感じの方が良いって言われた』(26歳/歯科助手)

多くの男性はシャンプーや石鹼の香りを好み、刺激の強い香りを嫌う傾向があります。
また、すれ違いざまにふわりと香る程度くらいが一番ドキッとするのだとか。

つまり、男性の嗅覚を刺激するには、自然で清潔感のある香りがベストということです。
気になる男性と会う前は石鹸系や柑橘系、フローラル系の香水をつけるとうまくいくかもしれませんよ。

香水はつけすぎないことが大事

『香水つけすぎて電車の中で、自分で自分の匂いに「ウッ……」ってなった』(22歳/アパレル)

『エレベーターとかちょっとした空間で、香水の香りが強い人と一緒になるとキツイ。早く外に出たくなる』(28歳/営業)

男性が好む香りであっても、たくさんつければいいというわけではありません。
むしろ、香水をつけすぎて香りが強く出しまうと、不快な印象を与えてしまうことさえあります。

香水をつける時は、つけすぎないように注意する必要があります。
香水の香りがどうしても強く出てしまう場合は、ボディクリームを使ったり、自然な香りの柔軟剤で洗濯した洋服を着たりするのもおすすめです。


いかがでしたか?
男性の嗅覚をうまく刺激して印象付けることができれば、恋愛もうまくいくはずです。
好きな男性に振り向いてもらえないと悩んでいる方は、“香り”を意識してみてはいかがでしょうか?

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする