やっぱり高くつく!? 国際恋愛でお金がかかる項目5つ

【相談者:30代女性】
国際恋愛や国際結婚に憧れています。
でも、すごくお金がかかるようなイメージがあります。
国際婚活にも興味があるのですが、国際恋愛したらどんな事にお金がかかりますか。

やっぱり交際費は高くつきますか。
日本人同士の恋愛との違いはなんでしょうか。

a 会うにはお金が必要なのが国際恋愛の現実

はじめまして。国際結婚アドバイザーのCocoです。
大好きな相手との関係を育むのにお金は関係ない!と言いたいところですが、質問者様が持たれているイメージ通り、国際恋愛ではお金のかかるところがちょっと違います。

定番のところから、意外なところまで、国際恋愛のお金事情をご紹介しますね!
日本人同士の恋愛では考えられないような出費もあります。

gahag-0088860567-1

(1)渡航費がかかる

まず国際恋愛にかかるお金で一番に誰もが思いつくのが渡航費ですね。
最近ではLCCの普及で、海外へこれまででは考えられないような破格な値段で渡航できますが、それでもやっぱり国内とは違ってお金がかかります。

どれくらいの頻度で大好きな人に会えるのかは、航空券代にかかっていると言っても過言ではありません。

(2)プレゼントなどの郵送費が高い

誕生日や記念日にプレゼントを贈りたい、家族や友人と旅行へ行って買ってきたお土産を渡したい、そう思った時にも送料がかかるのが国際恋愛です。
相手の国がどこか、によって送料は変わってきますが、中にはとても高い地域もあります。

結婚も考えていて、パートナーのご家族とも付き合いがある場合、パートナーの誕生日に加えてご両親の誕生日にもプレゼントを送ったりする事もあるでしょう。
国内の宅急便の何倍もかかるので、年間で考えると結構な出費になることもあります。

(3)インターネット環境が整っていないと国際通話料金が高くつく

最近は無料通話アプリなどの普及で、海外にいる人とも無料で通話ができたりします。
一昔前と比べると電話やメールの出費はかなり安くなったとは言え、パートナーがまだあまりネット環境が普及していない地域の方の場合はそうもいきません。

高い国際通話料金がかかることもあります。

(4)渡航費だけでは済まない!ビザ代が高い

日本人が訪れる際、長期でなければビザの取得が必要ない国も多いですが、中には入国するのに日数に関係なくビザが必要な国もあります。
また、パートナーとできるだけ長い期間一緒にいたいからと、数か月に及ぶ渡航をする人も国際恋愛では珍しくありません。

愛を育むためには、とても大切なことですが、滞在が長くなると長期滞在の為のビザが必要な国があります。
その場合、航空券代に加えてビザ代も必要です。

(5)万が一に備えて、海外保険も必要

外国にいるパートナーの元へ遊びに行くのに、数日の滞在であっても怪我や病気など、何が起こるか分かりません。
万が一に備えて、海外で使える保険の加入も必要になってきます。

保険なしで、海外で病院にかかると莫大なお金になってしまう事もあるので、念のため加入しておいた方が安心ですね。


お互い好きで、「会いたい」という気持ちは日本人同士のカップルと何ら変わりはありません。

しかし、お金がかかるところが違う、日本人同士なら必要のなかった出費も出てくるのが国際恋愛です。
パートナーと話し合ってお金の計画もしっかり立て、年に何回くらい会えるのか決めておくことも大切ですね。

●ライター/Coco(国際結婚アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする