正直者は損をする!? モテる女性が実は“演技”してる5つのこと

モテる女性には、様々な特徴があります。
その特徴の中には、本人があえて演技していることもあります。

そこで今回は、“モテる女性が演技していること”を5つほど挙げていきます。
果たして、モテる女性は男性の前でどんな演技をしているのでしょうか?

20161125-02

(1)男性にモテないふり

『彼氏が途絶えることのないモテモテの友人。飲み会で必ず男性から「モテそうだよね~」と言われ「そんなことないですよ」と返す一連の流れ・・。同じことをやっても結局男性が食いつくのは、モテる友人。
同じことをやっても、結局はやる人によって結果は違うんだな。と実感しました。』(23歳/大学院生)

実は、“男性にモテないふり”は、モテる女性だけがしていい特権のようなモノです。
普通の女性がモテないふりをしてしまうと、男性は「他の男から見て、この子魅力ないんだ」と、その女性に対する評価を下げてしまうことがあります。

逆にモテる女性が「私ってモテないんだよね」と言えば、「俺にもチャンスがあるかも!」と男性は近寄ってきます。
普段からモテモテの女性は、モテない女性を演じることで、より自分を魅力的に見せているのです。

(2)会話の内容に興味があるふり

『どんなに落ちがなくても、話しの内容が分からなくても相手の目を見て、聞いているだけで連絡先の交換率が高くなる。とりあえず「うんうん!」「すごい!」と相づちを打つだけでも効果あります。』(27歳/受付)

相手の会話の内容に興味が無くても、モテる女性はそんなそぶりは絶対に見せません。
あくまで興味があるふりをして、男性の聞き役に徹します。

自分の話をつまらない顔をして聞かれるよりも、笑顔で聞いてくれる方が男性も絶対に嬉しいですよね。

(3)か弱い女性のふり

『普段職場では、結構仕事ができてテキパキ動くイメージが強い私ですが、一度ものすごく落ち込んだ時に思わず涙を流してしまいました。その場にいた、同僚の男性に涙を見せてしまい私的には恥ずかしかったのですが、普段見せない一面を見たからなのか、その後同僚の態度が変わり良い雰囲気になりました。』(25歳/営業)

なんだかんだ言っても、男性はか弱い健気な女性が好きです。
パッと見が強く見える女性は、男性からすると「俺がいなくても大丈夫」と、あまり“守ってあげたい”という衝動には駆られません。

強い女性のイメージが付くと、恋愛がらみでは損をすることが多いので、モテる女性は“か弱い女”を演じます。
か弱さは“隙”にもつながるので、ガードがやたら固い女性よりも、男性が食事などに誘いやすいというメリットもあります。

(4)下ネタは苦手なふり

『普段から下ネタ全開で、男性を交えた飲み会でも変わることなく普段通り下ネタ全開の友人。案の定、男性陣はドン引き。せっかくの飲み会も気まずい雰囲気のまま終わりました。次から飲み会に、その友人を呼ぶのはやめようと思いました。』(28歳/看護師)

もし下ネタが好きな場合でも、男性の前では苦手なふりをした方が無難でしょう。
女性が「このくらいは大丈夫かな?」と思っても、実は男性にドン引きされている可能性もあります。

本当は男性の下ネタトークに参加したいときも、少し恥ずかしそうな表情でうつむいているくらいの方がいいのかもしれません。

(5)優しい女性のふり

『就職してすぐ当時3年付き合っていた彼氏に、「最近ピリピリしすぎ。一緒にいて疲れる」と言われました。確かに就職して間もない頃は自分の事で精一杯・・優しい彼に当たってしまったり、甘えていた部分もありました。』(30歳/メーカー勤務)

器の大きい男性は女性からモテますが、それは男性側も同じこと。
細かいことで怒らない、穏やかで優しい女性は男性からとてもモテます。

優しい女性は、男性から見てもすごく安心感があり、「こんないい子を裏切れない!」と男性も女性を大切にしようとします。
反対に、何でも目くじらを立てる器の小さい女性は、男性側が嫌気を指して付き合いが長続きしない傾向があります。


いかがでしたか?
モテる女性は、日頃から男性に好かれるための工夫を怠っていないようです。
演技というと聞こえは悪いですが、モテるための努力だと考えれば、演技することもあながち悪くないのかもしれませんね。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする