もしかして私、カモられてる!? 「お金目あて」の男性がつかう常套手段とは?

【相談者:40代女性】
最近、付き合い始めた彼がいます。
彼も私もいい歳なんですが、彼はクラブのボーイです。

価値観が違うのはよく分かるのですが、私の収入が平均より低いので金銭的な面で注意されました。

彼の話は正論だと思うのですが、彼が以前はホストをしていて、今の職場で2か月でお客さんを付けないとクビだと言われているそうなので、私をカモにしようとしているとしか考えられません。

私だけでなく周りの人にもとても優しい人なので、信じたい気持ちもあるのですが、育てられている気がします。

a お客さんにならなければ別れるというなら、貴女はカモ!

こんにちは。トータルヘルスナビゲーターのSAYURIです。ご相談ありがとうございます。
信じたいけど不安……お気持ちしっかりと受け止めさせて頂きました。

今回は心理学の自己肯定感と依存からお悩みをひも解いていきたいと思います。

gahag-0024128351-1

(1)平均収入より低い私は価値が低い!?

彼から平均収入よりお給料が少ないと指摘を受けたとのことですが、そのことで彼に生活費の支援をお願いするなどで迷惑を掛けていますか?
もしそうでなければ「私のお給料が少ないことで、アナタに迷惑でもかけた?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

それが言えないのなら貴女自身が収入が少ない私なんて価値が低い、彼のパートナーとして適していないと思い込んでいるのでしょう。

例え金銭的に彼の応援をしてあげられなくても精神的な支えになることも、弱音を吐く彼を叱咤激励することも恋人として十分な愛情表現です。
自分の出来ないことに目を向けて自己肯定感を低く持つのではなく、自分の出来ることを意識して自己肯定感を高めていきましょう

(2)「君にしかこんなこと頼めない」は常套手段

女性を顧客対象とするホストやボーイさんが「君にしかこんなこと頼めない。」「もし上手くいかなかったらクビになる。」と弱音を吐いて見せるのは母性本能をくすぐり、「私が助けてあげなきゃ!」と思わせるための常套手段です。

また、優しさは貴女がその優しさに依存して離れられなくなるためのものかもしれません。
自己肯定感の低い女性は「こんな私でも優しくしてくれる。」そう思える人に対して依存しやすくなります。
もっと掘り下げていけば収入が低いことを指摘することで更に自己肯定感を低くさせて、依存心を強くするという思惑さえ考えられます。

これは貴女をカモだと考えていることを想定した回答です。
彼らは心理学用語など知らなくても、経験でこのような事を知っているのです。

ただし、本当に貴女のことを愛していて、きちんとした生活をして欲しいという気持ちから収入についての指摘をしてくれたのであれば、本心から貴女のことを思っての事でしょう。

その場合は決して「お店に来てくれ。」とは言わないので、彼が本気なのか?それともカモられているのかは来店依頼の有無で判断してみてはいかがでしょうか。

自分で“いい年”だからと思うのであれば、金銭面ではなく精神的に自立できるよう、今よりも精神的に素敵な人たちとの交流を計って楽しい毎日をお過ごしくださいね。

●ライター/SAYURI(トータルヘルスナビゲーター)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

  • たった100円で永久脱毛!「12月に脱毛すると、得をする」んです!

    [PR] できることならば「ムダ毛の処理は入念にしたい…」というのがレディの本音。 とはいえ、毎日のムダ毛の処理って本当…すべて読む

  • 「クサイ自覚を持て!」エッチ中のアソコのにおい問題に終止符を…!

    [PR] 大好きなパートナーとのエッチ。 楽しみたいからこそ、身体のケアは入念に行いたいですよね。 男性がエッチのときに…すべて読む

  • “1日たった66円”で白い歯に!歯がキレイな女性は美人に見える…!?

    [PR] 突然ですが、あなたは自分の笑顔に自信がありますか? 以前の私だったら、答えは絶対に「NO!!」 なぜなら、コー…すべて読む

  • 不倫、復縁、略奪愛…叶わぬ愛を成就させた方法とは?

    [PR] 大切な人ときちんと向き合うのは難しいもの。 「わかってほしい」と思うほどに「嫌われたくない…」「もう無理かもし…すべて読む

  • «的中率98%…!»どんな恋でも叶えます…。アナタを幸せへと導く禁断の方法♡

    [PR] 大好きだった元カレと、なんとかして“復縁”したい……。 誰にも相談できない“秘密の恋”を成就させたい……。 誰…すべて読む

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする